【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 ミヲヤカミフナタマノアヤ   みをやかみふなたまあや     御祖神 船霊の文

  

 コノトキニ ミツホノミヤハ  このときに みつほのみやは    この時に      ミツホの宮は

 トヨタマノ フタタヒノホル  とよたまの ふたたひのほる    トヨタマの     ふたたび上る

 ヨロコヒソ          よろこひそ            喜びぞ
  
       アマノコヤネト        あまのこやねと              アマノコヤネと

 モノヌシト マテニハヘリテ  ものぬしと まてはへりて    モノヌシと     左右に侍りて
                                  (コモリ)

 ミチモノヘ ヤモヨロクサモ  みちものへ やもよろくさも    三千モノベ     八百万草も

 ヲサメシム          をさめしむ            治めしむ
  
       サキニツミハト        さきつみはと              先にツミハと
                                             (コモリ次男)

 タケフツト イフキノミヤニ  たけふつと いふきのみやに    タケフツと     イフキの宮に
                                 (コモリ十男)

 フソヨカタ シテヲサメシム  ふそよかた てをさめしむ    二十四県      して治めしむ
  
  

 ホツマチハ カシマオシクモ  ほつまちは かしまおしくも    ホツマ方は     カシマオシクモ
                                            (コヤネの子)

 ヒタカヒコ ミシマミソクイ  ひたかひこ みしまみそくい    ヒタカヒコ     ミシマミゾクイ
                                 (オシクモの弟)      (コモリ11男)

 ハラミヤニ モモヱアカタノ  はらみやに ももあかたの    ハラ宮に      百枝県の
                                (ハラアサマ宮)
 モノノヘト ユタカニヲサム  もののへと ゆたかにをさむ    モノノベと     豊かに治む
                                   県主
  
  

 ツクシヨリ シカトコフユエ  つくしより しかとこふゆえ    ツクシより     使人乞ふ故

 カンタチオ モノヌシトシテ  かんたちお ものぬして    カンタチを     モノヌシとして
                                 (コモリ長男)

 ハテツミト トモニミソフオ  はてつみと ともみそふお    ハテツミと     共に三十二を
                                            (筑紫三十二県)

 サメシム カレニツミハオ  をさめしむ かれつみはお    治めしむ      故にツミハを

 コトシロト アスカノミヤニ  ことしろと あすかのみやに    コトシロと     アスカの宮に
                            <カンタチの>

 ハヘラシム          はへらしむ            侍らしむ
  
       フツキユミハリ        ふつきゆみはり              七月七日

 イセムスヒ カモタケスミニ  いせむすひ かもたけすみに    妹背結び      カモタケズミに
                                           (ハデヅミの子)

 ミコトノリ キサキオツマニ  みことのり きさきつまに    御言宣       「を妻に
                                 (ホオテミ)

 タマフヘシ コフニマカセン  たまふへし こふまかせ    賜ふべし      乞ふに任せん」

 タケツミハ コフハオソルル  たけつみは こふはおそるる    タケヅミは     「乞ふは畏るる

 アメノママ          あめのまま            天の随」
                                 御上の随意
  
       ミホツメモフス        みほつめもふす              ミホツ姫申す
                                           (コモリの母)

 ソフツホネ アレトワカマコ  そふつほね あれわかまこ    「十二      あれど我が孫

 スケモトメ ウチメイソヨリ  すけもとめ うちめいそより    典侍モトメ      内侍イソヨリ
                                  (コモリ長女)       (コモリ三女)

 シイオリノ ナカニイソヨリ  しいおりの なかにいそより    繁居りの      中にイソヨリ

 シルヒトソ チチニタツネハ  しるひとそ ちちたつねは    知る人ぞ」     父に尋ねば
                                 ミヅハメの社     (コモリ)
                                 で会っている

 ウナツキテ コレタケツミニ  うなつきて これたけつみに    頷きて       これタケヅミに

 タマワレハ カアヒノタチソ  たまわれは かあひのたちそ    賜われば      河合の建ち
  
  
 ウカワミヤ メトルスセリメ  うかわみや めとるすせりめ    ウカワ宮      娶るスセリ姫
                                 (ホノススミ)        (コモリ六女)

 ミコオウム イミナウツヒコ  みこうむ いみなうつひこ    御子を生む     斎名ウツヒコ
  
  

 コレノサキ アネタマネヒメ  これのさき あねたまねひめ    これの先      姉タマネ姫
                                            (コモリ次女)

 ハラヲキミ キサキニナシテ  はらをきみ きさきなして    ハラ央君      になして
                                 (ムメヒト)     (内宮)

 ミソクイカ イクタマハスケ  みそくいか いくたますけ    ミゾクイが     イクタマは典侍

 イクヨリハ ウチメトナレト  いくよりは うちめなれと    イクヨリは     内侍となれど

 タマネヒメ クニテルミヤト  たまねひめ くにてるみやと    タマネ姫      クニテル宮と

 タケテルト ウメハナツメカ  たけてると うめはなつめか    タケテルと     生めばナツメが

 ウフキナス          うふきなす            産着成す
  
       サイワヒヒシハ        さいわひひしは              幸菱は

 ムカシコノ ウツムロカコム  むかしこの うつむろかこむ    昔この        埋室囲む

 タケコケテ スツレハオエル  たけこけて すつれおえる    竹焦げて       棄つれば生える
                                               (「生ふ」の連体形)

 マタラタケ アヤニウツシテ  またらたけ あやうつして    斑竹         紋に写して

 ミハノナモ サイアイヘシト  みはも さいあいへしと    御衣の名も     "最愛圧し"と

 イセノミハ ウフキニモチユ  いせのみは うふきもちゆ    妹背の御衣     産着に用ゆ
                                  (婚礼衣装)

 モトオリソ ホソノヲキレル  もとおりそ ほそのをきれる    基ぞ        臍の緒切れる
                                              (「切る」の連体形)

 タケモコレ          たけもこれ            竹もこれ
  
       トキニアスカノ        ときあすかの              時にアスカの

 ミヤマカル ハハチチヒメハ  みやまかる ははちちひめは     罷る       母チチ姫は

 ノチノヨオ イセニハヘレハ  のちお いせはへれは    後の代を      イセに侍れば

 ヲヲンカミ ヰオオナシクス  ををんかみ おなしく    大御神       居を同じくす
                                          <と>            →ホ25

 ツケキキテ ハハノナケキハ  つけききて ははのなけきは    告げ聞きて      母の嘆きは

 ツキモナヤ          つきや            「嗣も無や」
 
       カミノヲシヱハ        かみをしゑは              神の教えは
                                          (大御神)

 ハラミヤノ クニテルオツキ  はらみやの くにてるおつき    「ハラ宮の     クニテルを嗣

 アマテラス ニキハヤヒキミ  あまてらす にきはやひきみ    和照らす      ニギハヤヒ君」
 
 

 モニイリテ シラニワムラノ  もにいりて しらにわむらの    喪に入りて     領庭群の

 ミハカナス ノチニトクサノ  みはかなす のちとくさの    陵 成す       後に十種の

 ユツリウケ トシメクルヒモ  ゆつりうけ としめくるひも    譲り受け       年回る日も

 モニイリテ アスカノカミト  もにいりて あすかのかみと    喪に入りて     アスカの神と

 マツルナリ          まつるなり            祭るなり
  
       サキニミコナク        さきみこなく              先に御子なく
                                      <テルヒコは>

 カクヤマカ アメミチヒメオ  かくやまか あめみちひめお    カグヤマが     アメミチ姫を
                                (テルヒコの右臣)

 ヱヱナシテ アニタクリカコ  ゑゑなして あにたくり    ゑゑなして     兄タクリが子

 タクラマロ ナオコトナセト  たくらまろ なおこなせと    タクラマロ     猶子となせど

 ハセヒメハ トミトニクミテ  はせひめは とみにくみて    ハセ姫は      臣と憎みて
                                (アスカ君の后)    臣下の娘と子だと憎んで

 ステサシム キミマタイカリ  すてさしむ きみまたいかり    棄てさしむ     君また怒り
                                          (テルヒコ)

 ハセオスツ          はせおすつ            ハセを棄つ
  
       カクヤマヲキミ        かくやまをきみ              カグヤマ央君
                                            (クニテル)

 ハハトメシ コハメセトコス  ははめし はめせと    母と召し      子は召せど来ず
                                アメミチ姫を母として召し、タクラマロは召せど来ず

 フトタマノ マコミカシヤオ  ふとたまの まこみかしやお    フトタマの     孫ミカシヤを
                                (テルヒコの左臣)

 ツマトシテ ウマシマチウム  つまて うましまちうむ    妻として      ウマシマチ生む

 ナカスネハ オモノトミナリ  なかすねは おものとみなり    ナガスネは     重の臣なり
  
  
 ミヤコニハ キミムツマシク  みやこには きみむつましく    都には       キ・ミ睦まじく
                                (ミヅホ宮)

 ヤヲカフリ ツクシノソヤト  やをかふり つくしそやと    八百日経り      ツクシの十八と
                                            筑紫での18万年と

 ヨソヰヨロ トシヘテヲサム  よそゐよろ としをさむ    四十五万      年経て治む
                                ミヅホでの45万年

 アメヒツキ ユツランタメニ  あめひつき ゆつらために    和日月       譲らんために

 ミコオメス スヘラヲミコハ  みこめす すへらをみこは    御子を召す     皇太子は
                                 (ウガヤ)

 ヲニフヨリ ミツホニミユキ  をにふより みつほみゆき    ヲニフより     ミツホに御幸
                                  (遠敷)

 マミヱスム          まみゑすむ            まみえ済む
  
       トキニワカミヤ        ときわかみや              時に若宮
                                             (ウガヤ)

 ナカニマス コヤネハヒタリ  なかます こやねひたり    中に座す      コヤネは左

 ミホヒコハ ミキニハヘレハ  みほひこは みきはへれは    ミホヒコは     右に侍れば
                                  (コモリ)

 アマキミハ ミハタノフミオ  あまきみは みはたのふみお    天君は       御機の文を

 ミテツカラ ヲミコニユツリ  みてつから をみこゆつり    己手づから     太子に譲り

 マキサキハ ヤタノカカミオ  まきさきは やたのかかみお    真后は       ヤタの鏡を
                                (トヨタマ姫)

 ササケモチ カスカニサツク  ささけもち かすかさつく    捧げ持ち      カスガに授く

 オオスケハ ヤヱカキノタチ  おおすけは やゑかきのたち    大典侍は      八重垣の太刀
                                モト姫か)

 ササケモチ コモリニアタフ  ささけもち こもりあたふ    捧げ持ち      コモリに与ふ

 キミトトミ ツツシミウクル  きみととみ つつしみうくる    君と臣       謹しみ受くる
                                              (「受く」の連体形)
  
  

 アマキミト キサキモロトモ  あまきみと きさきもろとも    天君と       后 諸共
                                (ホホデミ)

 シノミヤニ オリヰテココニ  しのみやに おりゐここに    シノ宮に      下り居てここに

 カミトナル トキヨソフスス  かみとなる ときよそふすす    神となる      時 四十二鈴

 ヤモヰソヱ キワトシネウト  やもゐそ きわとしねうと    八百五十枝     際年ネウト
                                               60穂

 ハツキヨカ キミノモマツリ  はつき きみもまつり    八月四日      君の喪祭

 ヨソヤスミ          よそやすみ            四十八済み
  
       ミコトニマカセ        みことまかせ              御言に任せ

 オモムロオ イササワケミヤ  おもむろお いささわけみや    骸を        イササワケ宮

 ケヰノカミ ユエハヲキナニ  けゐのかみ ゆえをきなに    "契の神"      故は翁に
                                             (シホツチ)

 ケヰオヱテ メクリヒラケル  けゐて めくりひらける    を得て      めぐり開ける
                                (きっかけ)         (運) (「開く」の連体形)

 チオヱタリ カトテノケヰソ  たり かとてのけゐそ    鉤を得たり     角出の契ぞ
                                           開運のきっかけぞ

 カシハテハ          かしはては            膳出は
  
       ヒメハオモムロ        ひめはおもむろ              姫は骸

 ミツハミヤ ムカシナキサニ  みつはみや むかしなきさに    ミヅハ宮      昔 渚に
               
 チカイシテ ミソロノタツノ  ちかいて みそろのたつの    誓いして      ミソロの竜の

 ミタマヱテ ナモアヰソロノ  みたまゑて あゐそろの    神霊得て       名もアヰソロの

 カミトナル          かみなる            となる
  
  
       タミツオマモリ        たみつまもり              田水を守り

 フネオウム キフネノカミハ  ふねうむ きふねのかみは    船を生む      キフネの神は

 フナタマカ フネハイニシヱ  ふなたまか ふねいにしゑ    船霊か       船はいにしえ

 シマツヒコ クチキニノレル  しまつひこ くちきのれる    シマツヒコ     朽木に乗れる
                                              (「乗る」の連体形)

 ウノトリノ アツミカワユク  うのとりの あつみかわゆく    鵜の鳥の      アヅミ川行く
                                            (安曇川)

 イカタノリ サオサシオホエ  いかたのり さおさしおほえ    筏乗り        棹差し覚え

 フネトナス          ふねとなす            船と成す
  
       コノオキツヒコ        おきつひこ              子のオキツヒコ

 カモオミテ カイオツクレハ  かもて かいつくれは    鴨を見て      櫂を造れば

 マコノシカ ホワニナスナヨ  まこしか ほわになすなよ    孫のシガ      帆ワニ成す 七代

 カナサキハ オカメオツクル  かなさきは おかめおつくる    カナサキは     オカメを造る

 ソノマコノ ハテカミノコノ  そのまこの はてかみの    その孫の      ハテカミの子の

 トヨタマト ミツハメトフネ  とよたまと みつはめふね    トヨタマと     水侍と船
                                           (水守り)

 ツクルカミ ムツフナタマソ  つくるかみ むつふなたまそ    造る神       六船霊
  
  
  
 ミコトノリ タカハフタカミ  みことのり たかふたかみ    御言宣       「タガ二尊
                                 (ウガヤ)

 ハツノミヤ イマヤフルレハ  はつのみや いまやふるれは    果つの宮      今 破るれば

 ツクリカエ ミツホノミヤオ  つくりかえ みつほのみやお    造り替え      ミツホの宮を

 ウツシヰテ ツネオカマント  うつして つねおかまと    移し居て      常 拝まん」と
                                              <二尊を>

 イシヘシテ ヒカセオオヤニ  いしへて ひかおおやに    礎部して      引かせ 覆屋に
                                           地を引かせ 大工に

 ツクラセテ イトナミナリテ  つくらて いとなみなりて    造らせて      営み成りて

 ミヤウツシ ミクライニツク  みやうつし みくらいつく    宮遷し        御位に就く
  
  

 ソノヨソイ アヤニシキキテ  そのよそい あやにしきて    その装い       着て

 タマカサリ カムリハヒクツ  たまかさり かむりはひくつ    珠飾り       冠・

 ハラノノリ ハナオツクシテ  はらののり はなつくして    ハラの法      華を尽して

 ソノアスハ オオンタカラニ  そのあすは おおんたからに    その翌日は     大御宝に

 オカマシムカナ        おかましむかな          拝ましむかな
  
  
 キアトナツ ミクライナリテ  きあとなつ みくらいなりて    キアト夏       御位成りて
                                42鈴851枝2穂夏

 イセニツク アマテルカミノ  いせつく あまてるかみの    イセに告ぐ     アマテル神の

 ミコトノリ トカクシオシテ  みことのり とかくして    御言宣       トカクシをして
  
  

 ワカミマコ タカノフルミヤ  わかみまこ たかふるみや   『我が孫       タガの古宮

 ツクリカエ ミヤコウツセハ  つくりかえ みやこうつせは    造り替え      都遷せば

 アニツキテ ワノフタカミソ  つきて わのふたかみそ    天に継ぎて     地の二尊ぞ』
  

 ワレムカシ アメノミチヱル  われむかし あめのみちる   『我 昔        陽陰の道 得る

 カクノフミ ミヲヤモアミオ  かくのふみ みをやもあみお    橘の文       御祖百編を

 サツクナモ ミヲヤアマキミ  さつくも みをやあまきみ    授く 名も      御祖天君
  
  
 コノココロ ヨロノマツリオ  このこころ よろのまつりお   『この心       万の政を    
                                      <地上の君が>

 キクトキハ カミモクタリテ  きくときは かみくたりて    聞く時は      も下りて

 ウヤマエハ カミノミヲヤソ  うやまえは かみのみをやそ    敬えば       神の御祖ぞ
  
 コノミチニ クニヲサムレハ  このみちに くにをさむれは    この道に      国治むれば   
                               上位者が謙る精神に

 モモツカサ ソノミチシトフ  ももつかさ そのみちしとふ    百司        その道慕ふ

 コノコトク コレモミヲヤソ  ことく これみをやそ    子の如く      これも御祖ぞ
  
 コノコスエ タミオメクミテ  このこすえ たみめくみて    この後末      民を恵みて
                                                      <である>

 ワカコソト ナツレハカエル  わかこそと なつれかえる    我が子ぞと     撫づれば還る

 ヒトクサノ ミヲヤノココロ  ひとくさの みをやのこころ    人草の       御祖の心』
                                 下民に萌す
  
  
 スヘイレテ モモノヲシテノ  すへいれて もものをしての   『統べ入れて     百のヲシテの
                            <陽陰の道は> 渾然として

 ナカニアリ アヤシケケレハ  なかあり あやしけけれは    中にあり      紋 繁ければ
                                         しかし内容が広く濃いため
 アチミエス          あちみえ            味 見えず
                                 趣旨が見えにくい
    
       ニシキノアヤオ        にしきのあやお              の紋を

 ヲルコトク ヨコヘツウチニ  をることく よこへつうちに    織る如く      ヨコベツウヂに

 タテオワケ ヤミチノトコハ  たてわけ やみちのとこは    経を分け      闇惨の所は
                                 教えを整理し    暗くて見えない場合は

 アカリナス          あかりなす            明りなす
    
       カスカコモリト        かすかこもりと              カスガコモリと
                                             左右の臣が

 アチシラハ アマツヒツキノ  あちしらは あまつひつきの    味 知らば      和つ日月の
                                           和して恵む君の

 サカヱンハ アメツチクレト  さかゑは あめつちくれと    栄えんは      天地暮れど
                                        <たとえ>

 キワメナキカナ        きわめなきかな          極め無きかな』
  
  
 キミウケテ シカサルトキニ  きみうけて しかさるときに    君 受けて      使 去る時に
                                          (トガクシ)

 ミコトノリ フユイタルヒニ  みことのり ふゆいたるひに    御言宣       冬至る日に

 ヲヲマツリ          ををまつり            大祭
                                 (大嘗会)
  
       アマカミトヨヨ        あまかみよよ              天尊と代々

 スヘラカミ ユキスキノミヤ  すへらかみ ゆきすきのみや    皇尊        ユキスキの宮
                                  (地尊)

 ヤマウミト トミコトタマハ  やまうみと とみことたまは    山海と       ト尊霊は   
                                 山海の幸を     ソロを守るト尊の神霊は
                                 治む神々と          

 ハニスキノ ナメヱニツケテ  はにすきの なめゑつけて    埴スキの      嘗会に付けて
                                               纏って

 ヒトクサノ ホキイノルナリ  ひとくさの ほきいのるなり    人草の       寿 祈るなり
                                            幸を
  
  
 フタカミハ ツネニタタスノ  ふたかみは つねたたすの    二尊は       常にタダスの
                                 (ウガヤ)

 トノニヰテ アマネクヲサム  とのて あまねくをさむ    殿に居て      あまねく治む
                                        <八方を>

 タミユタカ サクススナレハ  たみゆたか さくすすなれは    民 豊か       幸鈴 成れば
                                           幸鈴となる度に

 ウエツキテ ナススオヨヘト  うえつきて すすおよへと    植え継ぎて     七鈴およべど
                                           (42万年)

 ナオユタカ          なおゆたか            なお豊か      
  
       ヨソコノススノ        よそこすすの              四十九の鈴の

 コモソヒヱ ハツホキアヱノ  こもそひ はつほきあゑの    九百十一枝     初穂キアヱの

 ハツミカニ コヤネモフサク  はつに こやねもふさく    一月三日に     コヤネ申さく

 キミハイマ ミヲヤノミチニ  きみいま みをやのみちに    「君は今      御祖の道に

 ヲサムユエ ヒトクサノヲヤ  をさむゆえ ひとくさをや    治む故       人草の親

 アメツチノ カミモクタレハ  あめつちの かみくたれは    天地の       神も下れば
                                 (陽陰)

 ミヲヤカミ ヨヨノミヲヤノ  みをやかみ よよのみをやの    御祖尊       万の御祖の

 ツキコナシ ソフノキサキモ  つきこなし そふのきさきも    嗣子無し       十二のも

 イカナルヤ          いかなるや            如何なるや」
  
       トキニアマキミ        ときあまきみ              時に天君

 ワレオモフ ソミススヲイテ  われおもふ そみすすをいて    「我 思ふ      十三老いて
                                            (78万歳)

 タネアラシ コモリモウサク  たねあら こもりもうさく    種あらじ」      コモリ申さく

 ヨツキフミ アリトテアマノ  よつきふみ ありとてあまの    「代嗣文      あり」とて アマノ

 オシクモニ ノリシテヨツキ  おしくもに のりよつき    オシクモに     宣して代嗣

 ヤシロナス          やしろなす            成す
  
       トキニオシクモ        ときおしくも              時にオシクモ

 ナアテナシ コヤネフトマニ  なあてなし こやねふとまに    「名宛無し」     コヤネ フトマニ

 ウラナエハ メヨケン  うらなえは やせひめよけん    占えば       「ヤセ姫 好けん

 ヤヒノヰハ ナカノヤトナル  やひは なかなる    八一の謂は     中の "ヤ" となる  
                                 (ヲヤマ)       「ヲヤマ」は中の音が「ヤ」
                                           ナカノヤ=中の屋=内宮

 シハラハ ハハトハラメル  しのはらは はははらめる    "シのハラ" は    母と孕める     
                                  (繁の腹)        (「孕む」の連体形)

 ヤノツホネ ウチメハナカノ  つほね うちめなかの    "ヤ" の局      内侍は中の
                                  (屋・宿・宮)      <また>

 クライナリ          くらいなり            位なり」
                               (典侍・内侍・乙下)
  
       トシモワカハノ        としわかはの              年も若生の

 ヤセヒメオ ソヒノキサキモ  やせひめお そひきさきも    ヤセ姫を      十一の后も

 ミナイハフ オシクモキヨメ  みないはふ おしくもきよめ    みな祝ふ      オシクモ清め

 ヨツキヤニ イノレハシルシ  よつきやに いのれしるし    代嗣社に      祈れば著し
                                          祈れば効果著しく

 ハラミヱテ ソヰツキニウム  はらみて そゐつきうむ    孕み得て       十五月に生む

 ヰツセキミ ヤセヒメミヤニ  ゐつせきみ やせひめみやに    ヰツセ君      ヤセ姫 宮に
                                               内宮

 イルルマニ ツイカミトナル  いるるに ついかみとなる    入るる間に     費い神となる
  
  
 オチナクテ フレタツヌレハ  おちなくて ふれたつぬれは    御乳無くて      告れ尋ぬれば

 コレノサキ カモタケスミト  これのさき かもたけすみと    これの先      カモタケズミと

 イソヨリト ソミススマテモ  いそよりと そみすすまても    イソヨリと     十三迄も
                                           (78万年)

 コナキユエ ワケツチカミニ  こなきゆえ わけつちかみに    子なき故      ワケツチ神に
                                            (ニニキネ)

 イノルヨノ ユメニタマワル  いのるの ゆめたまわる    祈る夜の      夢に賜わる

 タマノナノ タマヨリヒメオ  たまの たまよりひめお    "タマ" の名の    タマヨリ姫を

 ウミテノチ ヒタシテヨハヒ  うみのち ひたしよはひ    生みて後      養して齢

 ソヨススニ タラチネトモニ  そよすすに たらちねともに    十四鈴に      タラチネ共に
                                 (84万年)

 カミトナル カアヒノカミソ  かみとなる かあひのかみそ    神となる      カアヒの神
  
  
 タマヨリハ モマツリナシテ  たまよりは もまつりなして    タマヨリは     喪祭なして

 タタヒトリ ワケツチカミニ  たたひとり わけつちかみに    ただ一人      ワケツチ神に

 マタモフテ ユフササクレハ  またもふて ゆふささくれは    また詣で      斎 捧ぐれば
                                 (ワケツチ宮)

 ウツロイカ ウタカヒトワク  うつろいか うたかひとわく    ウツロイが     疑ひ問わく

 ヒメヒトリ ワケツチカミニ  ひめひとり わけつちかみに    「姫一人       ワケツチ神に

 ツカフカヤ コタエシカラス  つかふかや こたえしからす    仕ふかや」     答え「然らず」
  
  

 マタトワク ヨニチナムカヤ  またとわく よにちなむかや    また問わく     「世に因むかや」

 ヒメコタエ ナニモノナレハ  ひめこたえ なにものなれは    姫答え        「何者なれば

 オトサンヤ ワレハカミノコ  おとさや われかみのこ    威さんや      我は尊の子

 ナンチハト イエハウツロヰ  なんちはと いえうつろゐ    汝は」と      言えばウツロヰ

 トヒアカリ ナルカミシテソ  とひあかり なるかみてそ    飛び上がり     鳴神してぞ

 サリニケル          さりにける            去りにける
  
       アルヒマタイテ        あるひまたいて              或る日また出で

 ミソキナス シラハノヤキテ  みそきなす しらはのやて    なす        白羽の矢来て

 ノキニサス アルシノオケノ  のきさす あるしおけの    軒に刺す      主の穢気の

 トトマリテ オモハスヲノコ  ととまりて おもはをのこ    止まりて      思わず男の子

 ウミソタツ          うみそたつ            生み育つ
  
       ミツナルトキニ        みつなるときに              三つなる時に

 ヤオサシテ チチトイウトキ  さして ちちいうとき    矢を指して     "父" と言う時

 ヤハノホル ワケイカツチノ  やはのほる わけいかつちの    矢は昇る      ワケイカツチの

 カミナリト ヨニナリワタル  かみなりと なりわたる    神なりと      世に鳴り渡る
  
  
 ヒメミコオ モロカミコエト  ひめみこお もろかみこえと    姫・御子を      諸守乞えど

 ウナツカス タカノノモリニ  うなつか たかののもりに    頷かず       タカノの森に

 カクレスム ワケイカツチノ  かくれすむ わけいかつちの    隠れ住む      ワケイカツチの

 ホコラナシ ツネニミカケオ  ほこらなし つねみかけお     成し       常に御影を

 マツルナリ          まつるなり            祭るなり
 
       ミフレニヨリテ        みふれよりて              御告れによりて
                                       <乳募集の>

 モフサクハ ヒヱノフモトニ  もふさくは ひゑふもとに    申さくは      「ヒヱの麓に

 ヒメアリテ チチヨキユエニ  ひめありて ちちよきゆえに    姫ありて       乳良き故に

 タミノコノ ヤスルニチチオ  たみの やするにちちお    民の子の      痩するに乳を
                                        (「痩す」の連体形)

 タマワレハ タチマチコユル  たまわれは たちまちこゆる    賜われば      たちまち肥ゆる
                                               (「肥ゆ」の連体形)

 コレムカシ カミノコナレト  これむかし かみのこなれと    これ昔       尊の子なれど

 カクレスム          かくれすむ            隠れ住む
  
       モリニヰイロノ        もりゐいろの              森に五色の

 クモオコル イツモチモリト  くもおこる いつもちもりと    雲起る        出雲方森と

 ナツクナリ モロカミコエト  なつくなり もろかみこえと    名付くなり     諸守乞えど

 マイラネハ サシカナサレ  まいらは さおしかなさ    参らねば      差使なされ

 シカルヘシ          しかるへし            然るべし」     
  
       トキニイワクラ        ときいわくら              時にイワクラ
                                            (コモリ13男)

 ウカカイテ ツカイオヤレト  うかかいて つかいやれと    窺いて       使いを遣れど

 キタラネハ ミツカラユキテ  きたらは みつからゆきて    来たらねば     自ら行きて

 マネケトモ ウナツカヌヨシ  まねけとも うなつかよし    招けども      頷かぬ由

 カエコトス ワカヤマクイカ  かえこと わかやまくいか    返言す       ワカヤマクイが

 モフサクハ ヲシカトナラテ  もふさくは をしかとなら    申さくは      「御使人ならで
                                                でなきゃ

 コヌユエハ ワケツチカミオ  ゆえは わけつちかみお    来ぬ故は      ワケツチ神を

 ツネマツル メセハマツリノ  つねまつる めせまつりの    常 祭る       召せば祭の

 カクルユエナリ        かくるゆえなり          欠くる故なり」
  
 ミコトノリ ヤマクイオシテ  みことのり やまくいて    御言宣       ヤマクイをして

 メストキニ ハハコノホレハ  めすときに ははこのほれは    召す時に      母子上れば

 ミタマヒテ ウチナオトエハ  たまひて うちなとえは    見給ひて      氏名を問えば

 ヒメコタエ ヲヤノタケスミ  ひめこたえ をやたけすみ    姫 答え       「親のタケスミ

 イソヨリカ ナツクタマヨリ  いそよりか なつくたまより    イソヨリが     名付くタマヨリ

 ハテカマコ コハチチモナク  はてまこ ちちなく    ハテが孫      子は父も無く

 カミナリソ チチカナケレハ  かみなりそ ちちかなけれは    神生りぞ      父が無ければ

 イミナセス イツモノミコト  いみな いつものみこと    斎名せず      出雲の御子と

 ヒトカヨフ          ひとよふ            人が呼ぶ」     
  
       コトハモクワシ        ことはくわし              言葉も精し

 スキトホル タマノスカタノ  すきとほる たますかたの    透き通る      珠の姿の

 カカヤケハ ミコトノリシテ  かかやけは みことのりて    輝けば       御言宣して

 ウチツホネ ヰツセヒタセハ  うちつほね ゐつせひたせは    内局        ヰツセ養せば
                                       <その乳が>

 ミコノナモ ミケイリミコソ  みこも みけいりみこそ    御子の名も     ミケイリ御子ぞ

 ウムミコハ イナイイキミソ  うむみこは いないいきみそ    生む御子は     イナイイ君ぞ

 ミキサキト ナリテウムミコ  みきさきと なりてうむみこ    御后と       成りて生む御子

 カンヤマト イハワレヒコノ  かんやまと いはわれひこの    カンヤマト     イハワレヒコの

 ミコトナリ          みことなり            尊なり
  
       トキニタネコカ        ときたねこか              時にタネコが
                                            (アメタネコ)

 タケヒトト イミナチリハメ  たけひとと いみなちりはめ    "タケヒト"と    斎名ちりばめ

 タテマツル アマキミミコニ  たてまつる あまきみみこに    奉る        天君 御子に

 ミコトノリ ツツノミウタニ  みことのり つつのみうたに    御言宣       連の御歌に   

  
 コレヲシテ トヨヘルハタノ  これをして とよへるはたの   『これヲシテ      豊綜る機の
                                "タケヒト"は皇の璽      (万機)

 ツツネニソナセ        つつねにそなせ          連根にぞなせ』
  
                               この時点で既にウガヤは自分の力ではどうにもできない
                              世の変化を悟っていて、不可避の混乱の後にタケヒトが
                              再び世の秩序を回復し、ほつまに発展させて行くことの
                              願いを込めた連歌(続き歌)の発句であるように思われる。
                              どうにもならない変化とは、おそらくウヒチニの時代に
                              起こったような「陽陰和る道」の変化であったと思う。
                              28文では、これを「陽陰の蝕み」と呼んでいる。そして
                              これはアマテルが世を去るのと時を同じくするのである。
  
 コレノサキ ハラノオシクモ  これのさき はらおしくも    これの先      ハラオシクモ
                                           (ハラ宮)

 メシノホス オトトヒタチハ  めしのほす おととひたちは    召し上す      弟ヒタチは
                                 コヤネ退任のため
                                 鏡臣としてタガ

 ワカキユエ アハノコトシロ  わかきゆえ あはことしろ    若き故       阿波コトシロ
                                           (イフキの宮ツミハ)

 ハヘルミヤ          はへるみや            侍る宮
  
       ハラカラナレハ        はらからなれは              "ハラカラ" なれば
                                <ハラ宮のミシマミゾクイとは>

 ニシヒカシ カヨヒツトメテ  にしひかし かよひつとめて    西東        通ひ勤めて

 カナメシム ナモツミハヤヱ  かなめしむ つみはやゑ    要 締む       名もツミハ八重

 コトシロカ ミシマニイタリ  ことしろか みしまいたり    コトシロが     ミシマに到り
                                         (大阪府三島郡)

 ハラニユキ マタミシマヨリ  はらゆき またみしまより    ハラに行き     またミシマより
                               (静岡県三島市)
               
 イヨニユク          いよにゆく            伊予に行く
                                 (伊予三島)
  
        ツイニチナミテ         ついちなみて              ついに因みて

 ミソクイノ タマクシヒメモ  みそくいの たまくしひめも    ミゾクイの     タマクシ姫も

 ハラムユエ ワニノリアハエ  はらむゆえ わにのりあはえ    孕む故       ワニ乗り 阿波へ
                                           (ワニ船)

 カエルウチ ウムコノイミナ  かえるうち うむこいみな    帰る内       生む子の斎名

 ワニヒコハ クシミカタマソ  わにひこは くしみかたまそ    ワニヒコは     クシミカタマぞ

 ツキノコハ イミナナカヒコ  つきは いみななかひこ    次の子は      斎名ナカヒコ

 クシナシソ アオカキトノニ  くしなしそ あおかきとのに    クシナシぞ     青垣殿に

 スマシムル          すましむる            住ましむる
  
       サキニツクシノ        さきつくしの              先にツクシの

 カンタチハ ソヲノフナツノ  かんたちは そをふなつの    カンタチは     ソヲフナツの
                                 (コモリ長男)

 フトミミオ ヤスニメトリテ  ふとみみお やすめとりて    フトミミを     ヤスに娶りて
                                          (筑前國夜須)

 フキネウム ノチモロトモニ  ふきねうむ のちもろともに    フキネ生む      後もろともに
                                          (カンタチとフトミミ)

 カミトナル オオモノヌシハ  かみとなる おおものぬしは    神となる      オオモノヌシは

 フキネナリ トヨツミヒコト  ふきねなり とよつみひこと    フキネなり     トヨツミヒコと
                                           (ハテツミの子)

 ヲサメシム ノワサヲシエテ  をさめしむ のわさをしえて    治めしむ      和業教えて
                             <三十二県を>

 タミオウム          たみうむ            民を潤む
  
       ヒトリサムル        ひとりおさむる              一人治むる

 オオナムチ ミツカラホメテ  おおなむち みつからほめて    オオナムチ     自ら褒めて

 アシノネサ モトヨリアラヒ  あしのね もとよりあらひ    「葦の根さ     基より洗ひ
                                  葦の根さえ     基から払い除き

 イワネコモ ミナフシナヒケ  いわねこも みなふしなひけ    岩根こも      みな伏し靡け
                                  岩の根も       悉く伏し平して       (他動詞)

 ヲサムルハ ヤヨホニタレカ  をさむるは やよほたれか    治むるは      弥万年に誰か

 マタアラン          またあら            またあらん」
  
       ウナハラヒカリ        うなはらひかり              海原 光

 アラハレテ ワレアレハコソ  あらはれて われあれこそ    現れて       「我あればこそ

 ナンチソノ オオヨソニナス  なんちその おおよそなす    汝その        おおよそに成す

 イタハリソ オオナムチトフ  いたはりそ おおなむちとふ    功ぞ」       オオナムチ問ふ

 ナンチタソ ワレハナンチノ  なんちそ われはなんちの    「汝 誰ぞ」     「我は汝の

 サキミタマ クシヰワサタマ  さきみたま くしゐわさたま    先神霊        貴霊業霊
  
  

 サテシリヌ マツルサキタマ  さてしり まつるさきたま    「さて知りぬ    纏る先霊

 トコニスム イヤカミスマス  とこすむ いやかみすま    どこに住む」    「否 神住まず」

 ナンチオハ アオカキヤマニ  なんちおは あおかきやまに    「汝をば      青垣山に

 スマセント ミヤツクリシテ  すまと みやつくりて    住ません」と    宮造りして
                                          (神坐日向神社)

 ソコニオレ          そこおれ            「そこに居れ」   
  
       コナキカユエニ        こなきゆえに              「子無きが故に
                                       <フキネは>

 ミタルルソ コトシロヌシカ  みたるるそ ことしろぬしか    乱るるぞ      コトシロヌシが
                                             (ツミハ)

 ヱトノコノ クシミカタマオ  ゑとの くしみかたまお    兄弟の子の     クシミカタマを

 コイウケテ ツキトナスヘシ  こいうけて つきなすへし    乞い受けて     嗣となすべし」
                                       <大物主の>
  

 ミヲシヱニ ミモロノソハニ  みをしゑに みもろそはに    御教えに      ミモロの傍に
                               この先霊の教えを受け    (御諸山)

 トノナシテ コエハタマハル  とのなして こえたまはる    殿 成して      乞えば賜はる
                                (青垣殿)

 モフケノコ クシミカタマト  もふけのこ くしみかたまと    儲けの子      クシミカタマと

 ワカツマノ サシクニワカメ  わかつまの さしくにわかめ    我が妻の      サシ国別姫
                                  自分の妻の

 モロトモニ スマセテヌシハ  もろともに すまぬしは    諸共に       住ませて主は
                                              (フキネ)

 ツクシタス          つくしたす            ツクシ治す
  
       ヒタルノトキニ        ひたるのときに              ひたるの時に
                                    <クシミカタマは> フキネの臨終に

 コレオツク ハハコイタレハ  これつく ははこいたれは    これを継ぐ     母子到れば
                                 (大物主)

 ノコシコト コノムラクモハ  のこしこと このむらくもは    遺し言       「このムラクモは

 アレマセル ミコノイワヒニ  あれませる みこいわひに    生れませる     御子の祝ひに
                               (「生れます」の連体形)  (タケヒト)

 ササケヨト イイテイモヲセ  ささけよと いいいもをせ    捧げよ」と     言いて夫婦
 
 カミトナル          かみとなる            神となる
  
       ヤスニオサメテ        やすおさめて              ヤスに納めて
                                           (夜須)

 マツルノチ ツクシヲシカノ  まつるのち つくしをしかの    祭る後       ツクシ御使の
                                 (喪祭)  <クシミカタマに>

 ミコトノリ ノチニクシナシ  みことのり のちくしなし    御言宣       後にクシナシ

 カミトナル ハハニコワレテ  かみとなる ははこわて    神となる      母に乞われて
                                         (タマクシ姫)

 ヲシカスツ カレニツクシノ  をしかすつ かれつくしの    御使棄つ       故にツクシの

 ミユキコフ          みゆきこふ            御幸乞ふ
  
       トキニヰツセニ        ときゐつせに              時にヰツセに

 ミコトノリ タカノヲキミト  みことのり たかのをきみと    御言宣       "タガの央君"と

 オシクモト クシミカタマト  おしくもと くしみかたまと    オシクモと     クシミカタマと

 マテニアリ タネコハミコノ  まてあり たねこみこの    左右にあり     タネコは御子の

 オオンモリ ミコタケヒトハ  おおんもり みこたけひとは    大御守       御子タケヒトは

 トシヰツツ マタイワクラハ  としゐつ またいわくらは    歳五つ        またイワクラは
                                             (コモリ13男)

 ミヤウチノ ツホネアツカリ  みやうちの つほねあつかり    宮内の       預り
  
  

 アマキミハ ツクシニミユキ  あまきみは つくしみゆき    天君は       ツクシに御幸
                                 (ウガヤ)

 ムロツヨリ オカメニメシテ  むろつより おかめめして    ムロツより     オカメに召して

 ウトノハマ カコシマミヤニ  うとはま かこしまみやに    ウドの浜      カゴシマ宮に

 ミソフカミ ミカリオコエハ  みそふかみ みかりこえは    三十二守      巡幸りを乞えば

 メクリミテ スタルオナオシ  めくりみて すたるなおし    恵り回て      廃るを直し

 タエオタシ ミナヲサマルモ  たえたし みなをさまるも    絶えを治し     みな治まるも

 イカツチノ カミノイサオシ  いかつちの かみいさおし    イカツチの     尊の功

 ノコリアリ トトセニタミモ  のこりあり とせたみも    遺りあり      十年に民も

 ニキハヒテ ヨロトシウタフ  にきはひて よろとしうたふ    賑わいて      万歳歌ふ
  
  

 ミヤサキノ キミノミココロ  みやさきの きみみこころ    ミヤサキの     君の実心

 ヤスマレハ ヨハヒモオヒテ  やすまれは よはひおひて    安まれば      齢も老ひて

 ハヤキシノ タカニツクレハ  はやきしの たかつくれは    早雉の       タガに告ぐれば

 オトロキテ ミコタケヒトト  おとろきて みこたけひとと    驚きて       御子タケヒトと

 モリタネコ タカヨリイテテ  もりたねこ たかよりいてて    守タネコ       タガより出でて

 ニシノミヤ オオワニノリテ  にしのみや おおわにのりて    西の宮       オオワニ乗りて

 ウトノハマ ミヤサキミヤニ  うとはま みやさきみやに    ウドの浜      ミヤサキ宮に
                                            (宮崎神宮)

 イタリマス          いたります            到ります
  
       ミヲヤアマキミ        みをやあまきみ              御祖天君
                                            (ウガヤ)

 ミコトノリ タケヒトタネコ  みことのり たけひとたねこ    御言宣       「タケヒト・タネコ

 シカトキケ ワレツラツラト  しかきけ われつらつらと    確と聞け      我つらつらと

 オモミレハ ヒトクサノミケ  おもみれは ひとくさみけ    思みれば      人草の食

 シケルユエ ウマレサカシク  しけるゆえ うまれさかしく    頻る故       生れ賢しく

 ナカラエモ チヨハモモヨト  なからえも ちよももと    永らえも      千齢は百齢と

 ナリカレテ ワカヤソヨロモ  なりかれて わかやそよろも    萎り枯れて     我が八十万も

 モモトセモ ヨノタノシミハ  ももとせも たのしみは    百年も       世の楽しみは

 アイオナシ アマテルカミモ  あいおなし あまてるかみも    合い同じ      アマテル神も

 カエラセハ アノミチマモル  かえらは あのみちまもる    還らせば      天の道守る
                   (尊敬)

 ヒトモナシ モロトモホムル  ひとなし もろともほむる    人も無し      もろとも褒むる
                                                (讃える)

 カミモナシ          かみもなし            神も無し」
  
       ナンチフタリモ        なんちたりも              「汝二人も

 ナカラエス イツセハコナシ  なからえ いつせこなし    永らえず      イツセは子無し

 タケヒトハ ヨノミヲヤナリ  たけひとは よのみをやなり    タケヒトは     万の御祖なり

 タネコラモ ヱトムソウチニ  たねこも ゑとむそうちに    タネコ等も     ヱト六十内に

 ツマイレテ ヨツキオナセヨ  つまいれて よつきなせよ    妻入れて       代嗣を成せよ」
  
  

 タケヒトハ トシソヰナレハ  たけひとは としそゐなれは    「タケヒトは    歳十五なれば

 ワカカワリ タネコカタスケ  わかかわり たねこかたすけ    我が代り      タネコが助け

 ヲサムヘシ シラヤノヲシテ  をさむへし しらやのをして    治むべし      白矢のヲシテ

 タケヒトニ クニオシラスル  たけひとに くにおしらする    タケヒトに     地を領らする

 モモノフミ タネコニユツル  もものふみ たねこにゆつる    百の文       タネコに譲る」
  
  
 ワカココロ サキニカカミハ  わかこころ さきかかみは    「我が心      先には

 オシクモニ マタヤヱカキハ  おしくもに またやゑかきは    オシクモに     また八重垣は

 ワニヒコニ サツクオヒメカ  わにひこに さつくひめか    ワニヒコに     授くを姫が
                                            (タマヨリ姫)

 アツカリテ ワケツチミヤニ  あつかりて わけつちみやに    預かりて      ワケツチ宮に

 オサメオク          おさめおく            納め置く」
  
       ホツマナルトキ        ほつまなるとき              「ほつま成る時
                                                   →序 →23文

 オノツカラ ミクサノタカラ  おのつから みくさのたから    自づから      三種の宝

 アツマリテ ミヲヤトナスカ  あつまりて みをやなすか    集りて       御祖と成すが
                                      <タケヒトを>

 ホツマソト ミヤサキヤマノ  ほつまそと みやさきやまの    ほつまぞ」と    ミヤサキ山の

 ホラニイリ アカンタヒラト  ほらいり あかんたひらと    洞に入り      「我神回翻」と

 アカリマス          あかります            上ります
  
       ミコモオツトメ        みこもおつとめ              御子 喪を務め
                                            (タケヒト)

 ヨソヤスム ミソフアツマリ  よそやすむ みそふあつまり    四十八済む      三十二集まり

 アクルナハ ツクシスヘラキ  あくるなは つくしすへらき    上ぐる名は     "ツクシ皇"

 コノヨシオ タカニツクレハ  このよしお たかつくれは    この由を      タガに告ぐれば

 モニイリテ ヒウカノカミト  もにいりて ひうかのかみと    喪に入りて     "ヒウガの神"と

 マツリナス ヲニフニマツル  まつりなす をにふまつる    祭なす        ヲニフに祭る

 カモノカミ アヒラツヤマハ  かものかみ あひらつやまは    "カモの神"     アヒラツ山は
                                           (ミヤサキ山)

 ミヲヤカミ          みをやかみ            "御祖神"
  
       ノチニタマヨリ        のちたまより              後にタマヨリ

 カミトナル カアヒニアワセ  かみとなる かあひあわせ    神となる      河合に合わせ

 ミヲヤカミ メヲノカミトテ  みをやかみ めをのかみとて    "御祖神"      陰陽の神とて
                                           (夫婦)

 イチシルキカナ        いちしるきかな          著きかな

  

  

 最終更新:2017/01/15

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】