あらふ  アラフ  arafu

  

【(顕ふ・露ふ・現ふ・表ふ)】
A: 合う/合わす。在る/在らす。現る/現す。表に出る/出す。

ある(在る)」と同義語「あふ(合う)」の合成。
ここでは「A: 合う/合わす・在る/在らす・現る/現す」などの意。

派生語:「あらは(顕・露)」「あらわる(現る・顕る)」「あらわす(現す・表す)

 
 

【洗う・(散ふ/新ふ)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。反る/そらす。曲る/曲げる。
C: 回る/回す。
還る/還す。改まる/改める。新たにする。渫う。

『いけみつに たのめおあらひ ひるにのり かのめおあらひ つきにのり』ホ4
『ふりはよろしき はまひさし なみうちかきり いわあらふホ11
『あしのねさ もとよりあらひ いわねこも みなふしなひけ をさむるは』ホ27
『さをしかの やつのきこえに あらはれて いのれもかもと』ホ28

 
ある(散る/新る)」+「あふ(放ふ/往ふ)」の合成。
ここでは「B: 離れる/離す・放つ・払う・反る/そらす」、また「C: 回す・還す・戻す・改める」などの意。

変態:「はらふ(払う)」「やらふ(遣らう)
類語:「さらふ(浚う)」「あらたむ(改む)

 
 

【荒ぶ】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

ある(荒る)」と同義語あふ(上ふ・栄ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

 
 

【粗ぶ】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『あもにふる あかみのかさゆ しむのみき みちひはさまて あらふるおそれ』ホ9

ある(粗る)」と同義語「あふ(穢ふ・劣ふ)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「うらふ(うらぶれる)」「ほろふ(滅ぶ)まろふ(転ぶ)

  

10/02/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】