わか  ワカ  waka

  

【分・別・湧】【開・明】【若】
離れ。分け。派生。分割・区分。 湧き。起こり。年少。

『とよけかかゑて わかひとと いみなおささく』ホ3
『ひるこひめ いまいつくしに たりいたり あめのいろとと わかひるめホ3
『いつるわかひの かかやきて しらやまひめは うふゆなす』ホ4
『あかたまの わかひるのるは あおきたま くれひのみたま ぬはたまなりき』ホ4
『ひのわかみやの わかひとと とよけゐみなお たてまつる』ホ4

全部見る 

 ●区分した地。あかた(県)くに(国)。 またその主 あかたぬし(県主)くにつこ(国造)。 

『つかはすひとは あまくにの あめわかひこと きわまりて』ホ10
『くしみかたまと わかつまの さしくにわか もろともに』
ホ27
『しきゐてかめの ゐつみすけ ふとまわかかめ いいひめお ここたへ』ホ31
わかこをやこか ともなひて うすめかみくし あくるとて』ホ36
『かしはともへと なおたまふ おほひこのまこ いわかなり』ホ40

 
わく(分く・湧く)」の名詞化。
「わく」はここでは「B: 離れる・分かれる・湧く・発す・起る」などの意。

変態:「わけ(分・別)」「あか(赤)」「あけ(明・開け)」「わこ(吾子・和子)
派生語:「わかは(若葉)」「わかひ(若日)」「わかみや(若宮)」「わかひと(若日人・分日人)」「わかみこ(若御子)」「わかはゑ(若生え)

 
 

【(沸)・若】
D: 正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『それわかは わかひめのかみ すてられて』ホ1
『おのおのともに うたはしむ いなむしはらふ わかのましないホ1
『かれたるいねの わかかえる わかのうたより わかのくにホ1
『うたのかつもて わにこたふ これしきしまの わかのみちかな』ホ1
わかのまくらことはのあや』ホ5

全部見る 

 ● ワカ国の略。

『さつくるわかの たまつみや をしてのこして かくれます』ミ逸

 
わく(沸く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟成する・優れる・至る」などの意。 
「若」は「生まれて間も無いさま」であると同時に「勢いのあるさま」の意を持つ。

変態:「わき(沸き)」「はけ(化け)」「まか(摩訶不思議)」「はか(ばかでかい)」
派生語:「わかやく(若やぐ)

 
 

【和歌】
わかうた(沸歌・若歌)の略。 5-7-5-7-7(31音)の歌。

『それわかは わかひめのかみ すてられて』ホ1
わかのまくらことはのあや』ホ5
『きみしはし おもひてわかの うたみそめ おきひこおして』
ホ24
『ともにゆく みをやのかみに にきてなし たてまつるわかホ37
『かもにゆき わけいかつちの かみもまた にきてとわかと』ホ37
『このわかは いもせのみちは つらなりて たちわかるれと つりのをは』ホ40

 
わかうた(沸歌・若歌)」の短縮。
「わか」自体に「歌」の意味はない。

 
 

【(沸・衣食)】
生かすもの。活かすもの。衣食。

『かくつちと はにやすかうむ わかむすひ くひはこくわに ほそはそろ これうけみたま』ホ5

 
わく(沸く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・敬う・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

変態:「みけ(食)」「うかうけ(食)」「け(食)」「あか(上・揚・熟・活)

  
 

【我が】
自分の。

『ひさかたの あめかしたしる わかきみの よよにつたはる かんむりは』ホ序
わかかみのをす みかさふみ』ホ序
わかこさりにき われもさる いまわれさらは たれかまた』ホ10
『をのこほしくは あくりなせ わかみおそゑて ゑさしめん』ホ14
『ひとのわかはも わかままに みちにもとりて わたかまる』ホ17

全部見る 

 
わ(我・吾)」+「か(格助詞)

変態:「あか(吾が)」
類語:「おのか(己が)」

 
 

【(和)】
合わせ。結い。結び。

わかひこに ゆみつくらせて まなうらに まかこのやしり きたわせて』ホ31

 
わく(和く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ」などの意。

変態:「なか(中・仲)」「ゆけ(結)はき(接ぎ・佩き)

  

10/05/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】