わか  ワカ  waka

  

【分・別・湧】【開・明】【若】
離れ。分け。派生。分割・区分。 湧き。起こり。年少。

『きははるわかは なつあおは あきにゑもみち ふゆおちは』ホ1
『とよけかかゑて わかひとと いみなおささく』ホ3
『ひるこひめ いまいつくしに たりいたり あめのいろとと わかひるめホ3
『いつるわかひの かかやきて しらやまひめは うふゆなす』ホ4
『あかたまの わかひるのるは あおきたま くれひのみたま ぬはたまなりき』ホ4
『ひのわかみやの わかひとと とよけゐみなお たてまつる』ホ4
『せおりつほのこ さのすけに わかひめはなこ さのうちめ』ホ6
『なちのわかみこ ぬかたたよ いさなみまつる』ホ6
『またはたれ なんちわかはゑ はちみする やつことせんと なりめくる』ホ8
『あまのとも あけてむれてる わかひめか まりにわかみつ くまんとす』ホ25
わかやまくいか もふさくは をしかとならて こぬゆえは』ホ27
『おくるとみ とはすかたりや わかきみも おくりおさめて みなかえします』ホ31
『おけらたき わかめみつくみ しときもち まかりかやくり』ミ7
『さくらたに たきつせのめわ せおりつめ おとわかさくらミ逸

 ●区分した地。あかた(県)くに(国)。 またその主 あかたぬし(県主)くにつこ(国造)。 

『つかはすひとは あまくにの あめわかひこと きわまりて』ホ10
『くしみかたまと わかつまの さしくにわか もろともに』
ホ27
『しきゐてかめの ゐつみすけ ふとまわかかめ いいひめお ここたへ』ホ31
わかこをやこか ともなひて うすめかみくし あくるとて』ホ36
『かしはともへと なおたまふ おほひこのまこ いわかなり』ホ40

 
わく(分く・湧く)」の名詞化。
「わく」はここでは「B: 離れる・分かれる・湧く・発す・起る」などの意。

変態:「わけ(分・別)」「あか(赤)」「あけ(明・開け)」「わこ(吾子・和子)
派生語:「わかは(若葉)」「わかひ(若日)」「わかみや(若宮)」「わかひと(若日人・分日人)」「わかみこ(若御子)」「わかはゑ(若生え)

 
 

【(沸)・若】
D: 正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『それわかは わかひめのかみ すてられて』ホ1
『おのおのともに うたはしむ いなむしはらふ わかのましないホ1
『かれたるいねの わかかえる わかのうたより わかのくにホ1
『うたのかつもて わにこたふ これしきしまの わかのみちかな』ホ1
わかのまくらことはのあや』ホ5
わかうたの くもくしふみは おくらひめ さつけてなおも したてると』ホ9
『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9
わかくしまとと とよまとと つねにまもりて とりおかふ』ホ21
『はおなおはめは ちよおうる わかなもおなし にかけれと』ホ24

 ● ワカ国の略。

『さつくるわかの たまつみや をしてのこして かくれます』ミ逸

 
わく(沸く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟成する・優れる・至る」などの意。 
「若」は「生まれて間も無いさま」であると同時に「勢いのあるさま」の意を持つ。

変態:「わき(沸き)」「はけ(化け)」「まか(摩訶不思議)」「はか(ばかでかい)」
派生語:「わかやく(若やぐ)

 
 

【和歌】
わかうた(沸歌・若歌)の短縮。 5-7-5-7-7(31音)の歌。

『それわかは わかひめのかみ すてられて』ホ1
わかのまくらことはのあや』ホ5
『きみしはし おもひてわかの うたみそめ おきひこおして』
ホ24
『ともにゆく みをやのかみに にきてなし たてまつるわかホ37
『かもにゆき わけいかつちの かみもまた にきてとわかと』ホ37
『このわかは いもせのみちは つらなりて たちわかるれと つりのをは』ホ40

 
わかうた(沸歌・若歌)」の短縮。
「わか」自体に「歌」の意味はない。

 
 

【(沸・衣食)】
生かすもの。活かすもの。衣食。

『かくつちと はにやすかうむ わかむすひ くひはこくわに ほそはそろ これうけみたま』ホ5

 
わく(沸く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・敬う・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

変態:「みけ(食)」「うかうけ(食)」「け(食)」「あか(上・揚・熟・活)

  
 

【我が】
自分の。

『ひさかたの あめかしたしる わかきみの よよにつたはる かんむりは』ホ序
わかかみのをす みかさふみ』ホ序
『いさなみは よのくまなすも わかをゑと』ホ3
『ふたかみおそれ わかみやに むへそたてしと あめにあけ』ホ4
『すてところなき よのくまお わかみにうけて もろたみの かけおつくなふ』ホ5
わかうらみ しこめやたりに おわしむる』ホ5
『こくみいふ さしめはまこと わかつまよ きみさりますの おしてあり』ホ7
『さすらひの ひかわにやるお ますひとの わかとみとなす』ホ7
『まえうしろ みたれてなかる わかはちお のちのおきての うらかたそ』ホ7
『はたれよろこひ かみいかん わかすきしるや またいわく なんちもしるや』ホ8
わかちから よろにすくれて いかつちも なんちもひしく なわうけよ』ホ8
『つくしのたみすへて ゆひをさむへし わかかわり』ホ8
わかちちさらは もろともの かえことなせは』ホ10
わかくにお しのひしのひに おとさんや いてわかちから くらへんと』ホ10
わかこさりにき われもさる いまわれさらは たれかまた』ホ10
わかくさなきの このほこに ならしたまえと いひてさる』ホ10
『くしひこよ くにつめとらは うとからん わかみほつひめ つまとして』ホ10
『なんちおしひと わかかわり つねのよさしも みたたしそ』ホ11
わかかんはせも あえみえす はちはつかしく あめにこふ』ホ13
『いまきくすすか わかゐみな きみたまわれと わけしらす またときたまえ』ホ13
『ときにかるきみ すすみいふ なんそとかむや わかたから ひとたたゆるそ』ホ13
『このこたゑ ひとのさいわひ わかまよひ まかりくるしむ』ホ13
『ひとおまとわす わかほしも ひとはうたねと たまのをに』ホ13
わかかみは ひつきのうるお くたすゆゑ よつきうまんと おもふとき』ホ14
『をのこほしくは あくりなせ わかみおそゑて ゑさしめん』ホ14
『あまてるくには わかみたま ありとしるへし』ホ14
『にまぬけて あまかみひるお わけくたし わかこころうる みちなるは』ホ14
わかこころ まねけとほかみ ゑひための くにはみちのふ うつはもの』ホ14
『つきこいのらは わかうたと こやねとこもり かつてみな』ホ14
わかうまれねに あかもなく あをうけうまれ ねはきよく』ホ15
わかつねのみけ ちよみくさ よのにかなより ももにかし』ホ15
わかみみも けかるるあかお みそきせし なからふみちお よろこへは』ホ15
『ふつぬしこたえ わかおゐの わかひこさきに をしかにて』ホ16
わかよろこひの かとひらき しかはもふけの むねのはな』ホ16
『きみのこころと わかはなと あふやあわぬや あえしらす』ホ16
わかうまれつき みのたけも ひたけむたあり』ホ16
『おとろきわれは みちのおと こやねのをやも わかをやと かえものうけす』ホ16
『ひとのわかはも わかままに みちにもとりて わたかまる』ホ17
『むまくるはせぬ わかこころ ひとつらぬきの たつなひく』ホ191
わかにいはりの あらやたつ なかつはしらの ねおかかえ』ホ21
『ををこぬし みまこにもふす わかをやの ひすみのきみは よろこはし』ホ21
わかたみお ゆえなくとかむ たみはたお こやしそろうゆ』ホ21
わかままに たみおきるなよ たみはみな なおわかまこそ』ホ23
『いまこのつるき むへによし わかみこころに よくかない』ホ23
『なんちわかなお あらわさは われもいたさん かえことす』ホ24
『めせはもうさく いもとさえ わかいつくしの あねありと』ホ24
『しろこやに かえりちかつて ねたまれの わかはちすすけ このさくら』ホ24
『さくらいあらは わかはらみ あたたねならは はなしほめ』ホ24
『ゑとしかときけ くにたみお わかものにせな きみはその たみのきみなり』ホ24
『みやうかかひて わかちそと いいつつたつお そてひかえ まちちといえは』ホ25
『かもおして きたつにゆかん わかために うふやおなして まちたまえ』ホ26
『みほつめもふす そふつほね あれとわかまこ すけもとめ』ホ27
『とかくしおして わかみまこ たかのふるみや つくりかえ』ホ27
『くしみかたまと わかつまの さしくにわかめ もろともに』ホ27
わかやそよろも ももとせも よのたのしみは あいおなし』ホ27
『たけひとは としそゐなれは わかかわり たねこかたすけ をさむへし』ホ27
わかこころ さきにかかみは おしくもに またやゑかきは わにひこに』ホ27
『うゑすして はゑるもあめよ わかいのち あめかしらすと』ホ28
『つねにきく さをしかやたの わかかむり はとみも』ホ28
『とてないためそ わかみたま ひとはあのもの』ホ28
『なんちいま ひみのほのほお たつへしそ わかみけはみて したにおれ』ホ28
『ふたゑにいわく わかよはひ きわまるゆえに かんおちお なんちにさつく』ホ28
わかくにお うはわんやわと くさえさか たたかひあわす』ホ29
『ゑゑなんちとて はもりあえ ままにいたりて わかあには あたすともふす』ホ29
わかなかすねか うまれつき あめつちわかぬ かたくなお』ホ29
『そのこたえ わかくにさむく つねのめは おのつとすけり』ホ31
『あしはらの しけこきおやに すかたたみ いやさやしきて わかふたりねん』ホ31
『きみいかん わかみをやかみ はなれんや けかれはますと いいおはり』ホ32
『なほきさら みかみことのり わかみをや ひらくもとひは さかんなり』ホ33
わかよにあたり をえあるは まつりととかぬ とかめあり』ホ33
『きみなうれひそ たせさるは わかこころあり わかはつこ おおたたねこに』ホ33
『いくひかさけに みあえなす きみのみうたに このみきは わかみきならす』ホ33
『こといちしるし われあした くしけにいらん わかすかた なおとろきそ』ホ34
『なんちしのひす わかはちと おほそらふんて みもろやま』ホ34
わかくにきねに みはえあり かみなかしもの くにひろく』ホ34
『きみおしいせよ わかためと ひほかたなもて さつくとき』ホ35
『いまわかゆめに いろおろち くひにまとえて さほのあめ』ホ35
『これおふみはる わかちから よにくらへんと もとむれと なくてまかるや』ホ35
わかみをや みまきはさとく ほつましる あやまりたたし へりくたり』ホ36
『かれそろあつく たみゆたか いまわかよにも おこたらす かみまつらんと』ホ36
『なんちかはかり わかこころ よしとはにわの たてものお のちのためしと』ホ37
『しらはたお ともへにかけて わかたくひ たかはすあめの めくみえん』ホ38
『はしきよし わきへののかたゆ くもいたち くもはやまとの くにのまほ』ホ38
わかやそものへ そふつかさ ゐものにうつし つかえしむ』ホ38
『こたえいふ これなんのこと なんのいゐ それわかくには おおみをや』ホ39
『ここにととまる はなひこは わかさきみたま しろしめし』ホ39
『はらのみや なおなからえり わかねかひ うつしてひめと たのしまん』ホ40
『たかひかる あまのひのみこ やすみせし わかおほきみの』ホ40
わかひかる はらみつにしき あつたかみ もとつしまはに おれるかひかわ』ホ40
『あまてらす かみのみたけと わかせこと いとかけまくも おなしたけ』ミ逸
『こもりもてなす ものかたり わかみのたけは そむたあり』ミ逸

 
わ(我・吾)」+「か(格助詞)

変態:「あか(吾が)」
類語:「おのか(己が)」

 
 

【(和)】
合わせ。結い。結び。

わかひこに ゆみつくらせて まなうらに まかこのやしり きたわせて』ホ31

 
わく(和く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ」などの意。

変態:「なか(中・仲)」「ゆけ(結)」「はき(接ぎ・佩き)

  

10/05/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】