【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 ヒノカミソフキサキノアヤ   ひのかみそふきさきあや     日の神 十二后の文
  
 フソヒスス モモフソムヱタ  ふそひすす ももふそむゑた    二十一鈴      百二十六枝

 トシサナト ヤヨイツイタチ  としさなと やよいついたち    サナト       三月一日
                                   (58穂)

 ヒノヤマト ニイミヤツクリ  ひのやまと にいみやつくり    日の山下      新宮造り
                                 (太陽山の麓)    (ヤスクニ宮)

 アメミコハ ヒタカミヨリソ  あめみこは ひたかみよりそ    陽陰御子は     ヒタカミよりぞ
                                (アマテル:87歳)

 ウツリマス          うつります            移ります
  
       フタカミミメオ        ふたかみみめお              二尊 見侍を

 ミコトノリ カンミムスヒノ  みことのり かんみむすひの    御言宣       カンミムスビの
                                           (ミカサ:タカミムスビと)

 ヤソキネカ モロトハカリテ  やそきねか もろはかりて    ヤソキネが     諸と議りて
  

 クラキネカ マスヒメモチコ  くらきねか ますひめもちこ    クラキネが     マス姫モチコ
     [ノ]

 ネノスケト ソノトメハヤコ  すけと そのとめはやこ    北の典侍と     その妹姫ハヤコ

 コマスヒメ ネノウチキサキ  こますひめ ねのうちきさき    コマス姫      北の内后
                                             (内侍)
  

 ヤソキネノ オオミヤミチコ  やそきねの おおみやみちこ    ヤソキネの     オオミヤミチコ

 キノスケニ タナハタコタヱ  のすけに たなはたこたゑ    東の典侍に     タナハタコタヱ

 キノウチメ          きのうちめ            東の内侍
  
       サクラウチカメ        さくらうち              サクラウチが姫

 サクナタリ セオリツホノコ  さくなたり せおりつほのこ    サクナタリ     セオリツホノコ

 サノスケニ ワカヒメハナコ  のすけに わかひめはなこ    南の典侍に     ワカ姫ハナコ

 サノウチメ          さのうちめ            南の内侍
  
       カナサキカメノ        かなさきかめの              カナサキが姫の

 ハヤアキツ アキコハシホノ  はやあきつ あきこしほの    ハヤアキツ     アキコ潮の

 ヤモアヒコ ツノスケウチハ  やもあひこ のすけうちは    八百会子      西の典侍 内は

 ムナカタカ オリハタオサコ  むなかたか おりはたおさこ    ムナカタが     オリハタオサコ
 オシモメハ トヨヒメアヤコ  おしもめは とよひめあやこ    乙下侍は      トヨ姫アヤコ

 カスヤカメ イロノヱアサコ  かすやかめ いろのゑあさこ    カスヤが姫     イロノヱアサコ

 サノオシモ          さのおしも            南の乙下
       カタカアチコハ        かたあちこ              カダアチコは

 ネノオシモ          ねのおしも            北の乙下
       ツクハハヤマカ        つくははやま              ツクバハヤマが

 ソカヒメハ キノオシモソト  そかひめは きのおしもそと    ソガ姫は      東の乙下ぞと
 ツキニヨセ          つきよせ            月に寄せ
                                (十二の月)
       ミコハアマヒノ        みこあまひの              御子は太陽の  

 クラヰノル ヒノヤマノナモ  くらゐのる ひのやまも    位乗る        日の山の名も

 オオヤマソ カレオオヤマト  おおやまそ かれおおやまと    太山ぞ       故 太山下

 ヒタカミノ ヤスクニノミヤ  ひたかみの やすくにのみや    日高みの      和国の宮
                                (日の出=)
  
  

 キツサネノ ツホネハカワリ  きつさねの つほねかわり    東西南北の     は替り

 ミヤツカヱ          みやつかゑ            宮仕え
  
       ソノナカヒトリ        そのなかひとり              その中一人

 スナオナル セオリツヒメノ  すなおなる せおりつひめの    素直なる       セオリツ姫の

 ミヤヒニハ キミモキサハシ  みやひには きみきさはし    ミヤビには     君も階段
                                             (高御座の階段)

 フミオリテ アマサカルヒニ  ふみおりて あまさかるひに    踏み降りて     天下がる日に
                                           [陽陰下がる霊]
                                            [和栄る日]

 ムカツヒメ ツヒニイレマス  むかつひめ つひいれます    向つ姫       つひに入れます

 ウチミヤニ          うちみやに            内宮
  
       カナヤマヒコカ        かなやまひこか              カナヤマヒコが

 ウリフヒメ ナカコオスケニ  うりふひめ なかこおすけに    ウリフ姫      ナカコを典侍に
                                               <南の>

 ソナヱシム コレオコヨミノ  そなゑしむ これこよみの    備えしむ      これをの

 ウリフツキ          うりふつき            ウリフ月
  
       ミナハタオリテ        みなはたおり              皆 機織りて

 ミサホタツ          みさほたつ            操立つ
  
 
       オトツキヨミハ        おとつきよみは              ツキヨミは

 ヒニツキテ タミノマツリオ  つきて たみまつりお    日に次ぎて     民の政を
                                (アマテル)

 タスケシム イヨノフタナノ  たすけしむ いよのふたなの    助けしむ      イヨの二名の
                                             (四国)

 ヲサマラテ ツキヨミヤレハ  をさまら つきよみやれは    治まらで      ツキヨミ遣れば

 イフキアケ ノミヤニタス  いふきあけ とのみやたす    気吹上げ      突の宮に治す
  

 チタルクニ マスヒトコクミ  ちたるくに ますひとこくみ    チタル国      マス人コクミ 
                                   (西本州)

 オコタレハ タマキネツケテ  おこたれは たまきねつけて    怠れば       タマキネ付けて

 ヒタカミハ ヤソキネニタス  ひたかみは やそきねたす    ヒタカミは     ヤソキネに治す
                                  (東北)
  

 タカキネオ キミノタスケト  たかきねお きみたすけと    タカキネを     君のと
                                           (中央)   <して>

 タマキネハ ユキテサホコノ  たまきねは ゆきさほこの    タマキネは     行きてサホコの

 クニオタス ミヤツノミヤソ  くにおたす みやつのみやそ    国を治す      ミヤツの宮
  
 ツキスミハ シマツヒコヨリ  つきすみは しまつひこより    ツキスミは     シマツヒコより
                                  (九州)

 ナナヨスム イマカナサキノ  ななよすむ いまかなさきの    七代統む      今カナサキの
                                           当代のカナサキの

 ヱタカハネ ムナカタアツミ  ゑたかはね むなかたあつみ    枝姓        ムナカタアツミ
                                                    <に>

 タスケシム          たすけしむ            助けしむ
  
       ミヨモユタカニ        みよゆたかに              世も豊かに  

 ヲサマリテ ヤヨロトシヘテ  をさまりて やよろとして    治まりて      八万年経て

 フソフスス ヰモヰヱハツニ  ふそふすす ゐもゐはつに    二十二鈴      五百五枝初に

 ミヤツヨリ ハヤキシトヘハ  みやつより はやきしとへは    ミヤツより     早雉飛べば

 アマヒカミ イソキマナヰニ  あまひかみ いそきまなゐに    太陽神       急ぎマナヰに

 ミユキナル          みゆきなる            御幸なる
  
       トキニタマキネ        ときたまきね              時にタマキネ

 アヒカタリ ムカシミチノク  あひかたり むかしみちのく    会ひ語り      「昔 道奥

 ツクサネハ ココニマツトテ  つくさは ここまつとて    尽くさねば     ここに全つ」 とて
                               教え尽くさなかったので  今ここに全うする

 サツケマシ モロカンタチモ  さつけまし もろかんたちも    授けまし      「諸守たちも

 シカトキケ キミハイクヨノ  しかきけ きみいくよの    確と聞け      君は幾代の  

 ミヲヤナリ コレトコタチノ  みをやなり これとこたちの    上祖なり      これトコタチの
                                              (トヨケの過去世の一)

 コトノリト ホラオトサシテ  ことのりと ほらとさして    言宣」 と      洞を閉ざして

 カクレマス          かくれます            かくれます
  
       ソノウヱニタツ        そのうゑたつ              その上に建つ

 アサヒミヤ キミネンコロニ  あさひみや きみねんころに    朝日宮       君 懇ろに

 マツリシテ ノチカエマサン  まつりて のちかえまさ    祭して       後 帰えまさん

 ミテクルマ トトムルタミオ  みてくるま ととむるたみお    御出車       留むる民を

 アワレミテ ミツカラマツリ  あわれみて みつからまつり    憐みて       自ら政

 キコシメス          きこしめす            聞し召す
  
       オモムキツケル        おもむきつける              趣告げる

 キキスニテ ムカツヒメヨリ  ききすにて むかつひめより    雉子にて      ムカツ姫より

 コトノリシ タカミニマツル  ことのり たかみまつる    言宣し       タカミに祭る

 トヨケカミ          とよけかみ            トヨケ  
       モチコノスケト        もちこすけ              「モチコの典侍と

 ハヤコウチ アチコトミタリ  はやこうち あちこたり    ハヤコ内(侍)    アチコと三人
                                            (北の局の三后)

 ハヤユキテ マナヰノハラノ  はやゆきて まなゐのはらの    早や行きて     マナヰの原の

 ミヤツカヱ コトノリアレハ  みやつかゑ ことのりあれは    宮仕え」       言宣あれば

 カトテシテ ミヤツノミヤニ  かとてて みやつのみやに    門出して      ミヤツの宮に

 アルトキニ          あるときに            ある時に
  
       キミノミカリニ        きみみかり              君の恵りに

 チタルクニ ミチオサタメテ  ちたるくに みちさためて    チタル国      道を定めて

 ヲサムノチ ヤソキネノオト  をさむのち やそきねおと    治む後       ヤソキネの弟

 カンサヒオ マスヒトトナシ  かんさひお ますひとなし    カンサヒを     マスヒトとなし
                                                  →ミ5文

 マタオトコ ツハモノヌシト  またおとこ つはものぬしと    また乙子      ツハモノヌシと

 コクミソヱ ツホネトトメテ  こくみそゑ つほねととめて    コクミ副え      局 留めて
                                         北局の三后は宮津に留めて

 カエラント          かえらと            帰らんと
                           <イサワの宮に>
  
       コソヨリムカフ        こそよりむかふ              去年より向かふ

 ソサノヲト アマノミチネト  そさのをと あまのみちねと    ソサノヲと     アマノミチネと

 カトテナス ネナトヤヨヒノ  かとてなす ねなとやよひの    門出なす      ネナト三月の

 モチヨリソ ウツキノモチニ  もちよりそ うつきもちに    十五日よりぞ    四月の十五日に

 カエリマス          かえります            帰ります
  
       ヒノハヤヒコニ        ひのはやひこに              ヒノハヤヒコに  

 ミコトノリ ナンチクニヱオ  みことのり なんちくにゑお    御言宣       「汝 国絵を

 ウツスヘシ ヤマトメクリテ  うつすへし やまとめくりて    写すべし」      ヤマト巡りて

 ミナヱカク          みなゑかく            皆 描く
  
       キミハミヤコオ        きみみやこ              君は都を

 ウツサント オモヒカネシテ  うつさと おもひかねて    移さんと      オモヒカネして

 ツクラシム ナリテイサワニ  つくらしむ なりいさわに    造らしむ      成りてイサワに

 ミヤウツシ          みやうつし            宮移し
  
       ココニヰマセハ        ここゐませ              ここに居ませば

 ムカツヒメ フチオカアナノ  むかつひめ ふちおかあなの    ムカツ姫      フチオカ端 オシホヰニ ウフヤノミミニ  おしほゐに うふやみみに    オシホヰに     産野の耳に
                                       <即ち>   (イサワの縁)

 アレマセル オシホミノミコ  あれませる おしほみのみこ    生れませる     オシホミの御子
                                (「生れます」の連体形)       (どん尻の御子)

 オシヒトト イミナオフレテ  おしひとと いみなふれて    オシヒトと     斎名を告れて

 カミアリノ モチヰタマエハ  かみありの もちゐたまえは    神生りの      餅飯 賜えば

 タミウタフ          たみうたふ            民 歌ふ
  
       サキニモチコカ        さきもちこか             『先にモチコが

 ウムミコハ ホヒノミコトノ  うむみこは ほひのみことの    生む御子は     ホヒの尊の

 タナヒトソ ハヤコカミツコ  たなひとそ はやこみつこ    タナヒトぞ     ハヤコが三つ子

 ヒハタケコ オキツシマヒメ  たけこ おきつしまひめ    一はタケコ     オキツシマ姫

 フハタキコ ヱツノシマヒメ  たきこ ゑつのしまひめ    二はタキコ     ヱツノシマ姫

 ミハタナコ イチキシマヒメ  たなこ いちきしまひめ    三はタナコ     イチキシマ姫
 シカルノチ アキコカウメル  しかるのち あきこうめる    然る後       アキコが生める
                                               (「生む」の連体形)

 タタキネハ アマツヒコネソ  たたきねは あまつひこねそ    タタキネは     アマツヒコネ
 シカルノチ ミチコカウメル  しかるのち みちこかうめる    然る後       ミチコが生める

 ハラキネハ イキツヒコネソ  はらきねは いきつひこねそ    ハラキネは     イキツヒコネ
 トヨヒメハ ネノウチメニテ  とよひめは うちめにて    トヨ姫は      北の内侍にて
                                             (最初は西の乙下)

 ヌカタタノ クマノクスヒソ  ぬかたたの くまのくすひそ    ヌカタダの     クマノクスヒ
 ミコスヘテ ヰヲトミメナリ  みこすへて をとなり    御子すべて     五男三女なり』
  
  
 サノトノニ タチハナウヱテ  とのに たちはなうゑて    南の殿に       植えて

 カクノミヤ キニサクラウヱ  かくのみや さくらうゑ    橘の宮        東に植え
                                                 →24文

 ウオチミヤ ミツカラマツリ  うおちみや みつからまつり    大内宮       自ら政

 キコシメス アマネクタミモ  きこしめす あまねくたみも    聞こし召す     あまねく民も

 ユタカナリ          ゆたかなり            豊かなり
  
       ツキヨミノツマ        つきよみつま              ツキヨミの妻

 イヨツヒメ ウムモチタカハ  いよつひめ うむもちたかは    イヨツ姫      生むモチタカは

 イフキヌシ          いふきぬし            イフキヌシ
  
       サキニタラチヲ        さきたらちを              先にタラチヲ
                                             (イサナキ)

 ハナキネハ ネノクニサホコ  はなきねは ねのくにさほこ    「ハナキネは     根の国サホコ    

 シラスヘシ イマタヒルコト  しらすへし いまたひること    領すべし」      いまだヒルコと

 ミクマノノ トミカタスケテ  みくまのの とみたすけて    御隈野の      臣が助けて

 ノチノキミ          のちきみ            後の君
  
       ナチノワカミコ        なちのわかみこ              ナチの若御子

 ヌカタタヨ イサナミマツル  ぬかたたよ いさなみまつる    ヌカタタよ     イサナミ祭る
 

 クマノカミ シコメカシヰオ  くまのかみ しこめしゐお    隈の神       鬼霊を

 カラスカミ マツレハクロキ  からすかみ まつれはくろき    枯らす神      祭れば黒き

 トリムレテ カラストナツク  とりむれて からすなつく    鳥 群れて      "カラス" と名付く
  
 イサナキハ アツシレタマフ  いさなきは あつしれたまふ    イサナギは     篤しれ給ふ

 ココオモテ アワチノミヤニ  ここもて あわちのみやに    ここを以て     アワヂの宮に

 カクレマス コトハオワレト  かくれます ことおわれと    かくれます     言は終われど

 イキオヒハ アメニノホリテ  いきおひは あめのほりて    勢ひは       'に上りて
                                           和つ君となりて
 
 ヲオカヱス アヒワカミヤニ  かゑす あひわかみやに    陽を還す      太陽若宮' に
                                 陽霊を巡らす

 トトマリテ ヤミオタシマス  ととまりて やみたします    留まりて      病みを治します

 タカノカミ          たかのかみ            治曲の神
  
       ヤマトヤスミヤ        やまとやすみや              ヤマトヤス宮

 ヒキウツシ アメヤスカワノ  ひきうつし あめやすかわの    引き移し      アメヤスカワの
                                (=引っ越して)

 ヒルコヒメ ミコオシヒトオ  ひるこひめ みこおしひとお    ヒルコ姫      皇子オシヒトを

 ヒタシマス ネトサホコクニ  ひたします さほこくに    養します      サホコ国
                                        <同時に>

 カネヲサム          かねをさむ            兼ね治む
 
       シタテルヒメト        したてるひめ              シタテル姫と

 アチヒコト イセオムスヒテ  あちひこと いせおむすひて    アチヒコと     妹背を結びて

 モロトモニ ココニヲサメテ  もろともに ここをさめて    両共に       ここに治めて

 ウムミコハ イムナシツヒコ  うむみこは いむなしつひこ    生む御子は     斎名シツヒコ

 タチカラヲカナ        たちからをかな          タチカラヲかな
  
  

 最終更新:2016/06/18

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】