わきへ  ワキヘ  wakihe

  

【(別辺)・我家】
[候補1] 自分の家。
[候補2] 出発地点。出てきた場所。故郷。

『はしきよし わきへのかたゆ くもいたち くもはやまとの くにのまほ』ホ38
『はしきやし わきへのかたゆ くもいたちくも』ホ40

 
[候補1]
辞書によれば「わか(我が)」+「いゑ(家)」の音便短縮。
しかしホツマに「家」を「いへ」と言う例は無く、「いゑ/ゐゑ/いえ」のいずれかである。
[候補2]
わき(別・湧)」+「へ(辺・縁・方・部)
「わき」はここでは「開始・出発」などの意。
「へ」はここでは「区分・区画」を表す。

類例:「わきも(吾妹)」「わきもこ(吾妹子)」

  

10/01/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】