【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 キツノナトホムシサルアヤ   きつほむしさるあや     東西の名と蝕虫去る文
                                  [起尽]
  
 ソレワカハ ワカヒメノカミ  それわかは わかひめかみ    それワカは    ワカ姫
                                      (和歌)     (ヒルコ)

 ステラレテ ヒロタトソタツ  すてられて ひろたそたつ    捨てられて    「拾た」と育つ
                                             (廣田宮)

 カナサキノ ツマノチオヱテ  かなさきの つまて    カナサキの    妻の乳を得て

 アワウワヤ テフチシホノメ  あわうわや てふちしほのめ    アワウワや    長ぢ 初の目
  
  
 ウマレヒハ カシミケソナエ  うまれひは かしみけそなえ    生れ日は     炊食供え

 タチマヒヤ ミフユカミオキ  たちまひや ふゆかみおき    立舞や      三冬 髪置き

 ハツヒモチ アワノウヤマヒ  はつひもち あわのうやまひ    初日 十五日    陽陰の敬ひ
                                (一月一日・十五日)    (日月)

 モモニヒナ アヤメニチマキ  ももひな あやめちまき          菖蒲茅巻
                                   (三月三日)      (五月五日)

 タナハタヤ キククリイワヒ  たなはたや きくくりいわひ    棚機や      栗祝ひ
                                 (七月七日)    (九月九日・十三日)

 ヰトシフユ ヲハハカマキル  としふゆ はかまきる    五歳冬       男は袴着る
                                  (十一月)

 メハカツキ          かつき            女は被衣
  
       コトハオナオス        ことはなおす             言葉を直す  

 アワウタオ ツネニヲシヱテ  あわうたお つねをしゑて    アワ歌を     常に教えて
  
  
 カハナマ イキヒニミウク  あかはなま いきひにみうく   『アカハナマ    イキヒニミウク

 フヌムエケ ヘネメオコホノ  ふぬむえけ へねめおこほの    フヌムエケ    ヘネメオコホノ

 モトロソヨ ヲテレセヱツル  もとろそよ をてれせゑつる    モトロソヨ    ヲテレセヱツル

 スユンチリ シヰタラサヤ  すゆんちり しゐたらさやわ    スユンチリ    シヰタラサヤワ』
  
  
 アワノウタ カタカキウチテ  あわのうた かたかきうちて    和の歌      カダカキ打ちて

 ヒキウタフ オノツトコヱモ  ひきうたふ おのつとこゑも    率き歌ふ     自ずと声も
                               <民を>

 アキラカニ ヰクラムワタヲ  あきらかに ゐくらむわたを    明らかに     五臟六腑 辺
                                            (内蔵)  (外殻) 

 ネコヱワケ フソヨニカヨヒ  ねこゑわけ ふそよかよひ    根隅分け      二十四に通ひ
                                 (内と外)       24声に折り返して

 ヨソヤコヱ コレミノウチノ  よそやこゑ これうちの    四十八声     これ身の内の

 メクリヨク ヤマヒアラネハ  めくりよく やまひあらは    巡り良く     病あらねば

 ナカラエリ スミヱノヲキナ  なからえ すみゑをきな    永らえり     スミヱの翁
                                           (カナサキ)

 コレオシル          これおしる            これを知る
   
       ワカヒメサトク        わかひめさとく             ワカ姫聡く

 カナサキニ キツサネノナノ  かなさきに きつさねの    カナサキに    東西南北の名の

 ユヱオコフ          ゆゑこふ            故を請ふ
  
       ヲキナノイワク        をきなのいわく             翁の曰く

 ノイツル カシラハヒカシ  いつる かしらひかし    「日の出づる    頭は                                          最初

 タケノホル ミナミミナミ  たけのほる みなみるみなみ    猛昇る      皆見る  

 ヒノオツル ニシニシツム  ひのおつる にしにしつむ    日の落つる    西は熟沈む
  
  
 ヨネトミツ カマニカシクハ  よねみつ かまかしくは    米と水      釜に炊ぐは

 ヒカシラヤ ニヱハナミナミ  ひかしらや にゑはなみな    火頭や      煮え花 皆見

 ツム ヱカヒトタヒノ  にゑしつむ ゑかひとたひの    煮え静む     回日一度の
                                         (巡り来る日)

 ミケハコレ          みけこれ            食はこれ」
  
       フルトシフヨリ        ふるとしより             「経る年 古より
                                            (寿命)  (昔から)

 ツキミケノ ヒトハモヨロニ  つきの ひともよろに    月三食の      人は百万に

 ツキムケノ ヒトハフソヨロ  つきの ひとはふそよろ    月六食の      人は二十万

 イマノヨハ タタフヨロトシ  いまは たたふよろとし    今の代は     ただ二万年

 イキナルル ミケカサナレハ  いきなるる みけかさなれは    生き均るる    食 重なれば

 ヨワヒナシ ユエニヲンカミ  よわひなし ゆえをんかみ    齢なし       故に御神
                                               (アマテル)

 ツキニミケ ニカキハホナヤ  つきに にかきはほなや    月に三食     苦きハホ菜や」
  
  
 ミナミムキ アサキオウケテ  みなみむき あさきうけて    「南向き      朝気を受けて  
                                 正面が南を向き    朝日の霊を受けるので

 ナカイキノ ミヤノウシロオ  なかいきの みやうしろお    長生きの     宮の後ろを
                                  住む人を長生きさせる     その後宮を

 キタトイフ ヨルハユヱ  きたいふ よるねるゆゑ    と言ふ     夜は寝る故
                                          夜は後宮で寝るゆえ

 キタハソ          きたはそ            北は "ネ" ぞ」
  
       モシヒトキタ        もしひときたり             「もし人来たり
                                                         <て>

 コトワケン アワキタヨ  ことわけ あわはきたよ    応わけん     会わねば北よ
                                 それに対応するとしよう        (裏)

 アフヒテ ミナミニコトオ  あふひて みなみにことお    会ふば日手」   「南に事を
                                    (南=表)    [皆見]

 ワキマエテ オチツクハニシ  わきまえて おちつくにし    わきまえて    落ち着くは西

 カエルキタ ヨリキタテ  かえるきた よりきたりて    帰る北      より来たりて
                                          [寝]      

 ニカエル          ねにかえる            北に帰る」
                                   [寝]
  
       キハハルワカハ        はるわかは             「木は春 若葉

 ナツアオハ アキニヱモミチ  なつあおは あきにゑもみち    夏 青葉      秋 熟もみぢ

 フユオチハ コレモオナシク  ふゆおちは これおなしく    冬 落葉      これも同じく

 キタニ サスヒカシヤ  きたに きさすひかしや    根は北に     萌す東や

 カヱ ツハニシツクル  さかゑ にしつくる    南に栄え     果は西付くる」
                                          実は西に付ける
  
  
 キミノ クニサムレハ  きみの くにをさむれは    「"ヲ" は君の   国治むれば

 キツサネ ヨモトナカナリ  きつをさね よもとなかなり    東西央南北    四方と中なり」

 キハヒカシ ハナハモミナミ  はひかし はなはもみなみ    「起は東     華栄 南

 コノミニシ ミオワケオフル  このみにし わけおふる    熟み 西      身を分け生ふる
                                          木が身を分けて結ぶ

 キユヱ キミハヲメカミ  きのみゆゑ きみをめかみ    木の実ゆえ    木実は男女」
                                          君は夫婦不可分の尊
  
  
 シカルノチ イサワノミヤニ  しかるのち いさわのみやに    然る後      イサワの宮に
                                       <ワカ姫が>

 ハヘルトキ キシヰノイナタ  はへるとき きしゐいなた    侍る時      キシヰの稲田
                                           (紀州)

 ホヲムシニ イタムオナケキ  ほをむしに いたむなけき    蝕虫に      傷むを嘆き

 アルカタチ ツクルイサワノ  あるかたち つくるいさわの    ある形      告ぐる結和の

 ヲヲンカミ アマノマナヰニ  ををんかみ あまのまなゐに    大御神      アマのマナヰに

 ミユキアト          みゆきあと            御幸後
                                     →6文
  
       タミノナケキニ        たみなけき             民の嘆きに

 ムカツヒメ イソキキシイニ  むかつひめ いそききしいに    ムカツ姫     急ぎキシイに

 ユキヒラキ タノキニタチテ  ゆきひらき たのきたちて    行き翻らき    田の東に立ちて
                                          ("田の起"を願うマジナイ)

 オシクサニ アホクワカヒメ  おしくさに あほくわかひめ    押草に      扇ぐワカ姫
 

 ウタヨミテ ハラヒタマエハ  うたよみて はらひたまえは    歌詠みて      祓ひ給えば

 ムシサルオ ムカツヒメヨリ  むしさるお むかつひめより    虫去るを     ムカツ姫より

 コノウタオ ミソメオマテニ  このうたお みそめまてに    この歌を     三十侍を左右に
                                            (30人の青侍)

 タタツマセ オノオノトモニ  たたつま おのおのともに    たたづませ    各々共に

 ウタハシム イナムシハラフ  うたはしむ いなむしはらふ    歌わしむ     厭虫祓ふ

 ワカノマシナイ        わかのましない          ワカのまじない
                                 (沸・若)
  
  
 タネハタネ ウムスキサカメ  たねはたね うむすきさかめ   『種 畑種       大麦 小麦 盛豆

 マメスメラノソロハモハメソ  まめすめそろははめ    大豆 小豆らの    繁葉も蝕めぞ
                                           茂る葉も傷むが
 ムシモミナシム        むしみなしむ          虫もみな垂む』
                                 虫も一緒に衰える
  
  
 クリカエシ ミモムソウタヒ  くりかえし みもむそうたひ    繰り返し     三百六十歌ひ

 トヨマセハ ムシトヒサリテ  とよませは むしとひさりて    響動ませば    虫 飛び去りて

 ニシノウミ サラリムシサリ  にしうみ さらりむしさり    西の海      さらり蝕更り
                                         一転して蝕みは直り

 ヱオハラヒ ヤハリワカヤキ  はらひ やはりわかやき    穢を祓ひ     やはり若やぎ

 ヨミカエル ソロニミノリテ  よみかえる そろみのりて    甦る       に実りて

 ヌハタマノ ヨノカテオウル  ぬはたまの かてうる    ヌバタマの    世の糧を得る

 オンタカラ          おんたから            御宝
  
       ヨロコヒカエス        よろこひかえす             喜び返す
                                            喜びまくる

 キシヰクニ アヒノマヱミヤ  きしゐくに あひのまゑみや    キシヰ国     太陽の前宮

 タマツミヤ ツクレハヤスム  たまつみや つくれやすむ    タマツ宮     造れば安む

 アヒミヤオ クニカケトナス  あひみやお くにかけなす    太陽宮を     国懸となす
  

 ワカヒメノ ココロオトトム  わかひめの こころととむ    ワカ姫の     心を留む

 タマツミヤ カレタルイネノ  たまつみや かれたるいねの    タマツ宮     枯れたる稲の

 ワカカエル ワカノウタヨリ  わかかえる わかのうたより    若返る      沸の歌より
                                ("沸返る"の意)

 ワカノクニ          わかのくに            沸の国      
   
  
       タマツノヲシカ        たまつをしか             タマツの御使
                                                タマツ宮への御使

 アチヒコオ ミレハコカルル  あちひこお みれこかるる    アチヒコを    見れば焦るる
                                              心沸く
 
 ワカヒメノ ワカノウタヨミ  わかひめの わかのうたよみ    沸姫の      沸の歌詠み

 ウタミソメ オモヒカネテソ  うたみそめ おもひかねてそ    歌見染め      思ひかねてぞ
                                          心に留めきれずに

 ススムルオ ツイトリミレハ  すすむるお ついとりみれは    進むるを     つい取り見れば
   
  
 キシイコソ ツマオミキワニ  きしいこそ つまみきわに   『キシイこそ    伴を身際に

 コトノネノ トコニワキミオ  ことのねの とこわきみお    琴の音の     に我君を
                                 [事の根の]     [融]

 マツソコイシキ        まつこいしき          待つぞ恋しき』
   
  
 オモエラク ハシカケナクテ  おもえらく はしかけなくて    思えらく     橋 架けなくて
                                          (仲人)

 ムスフヤハ コレカエサント  むすふやは これかえさと    結ぶ和      これ返さんと
                                   [陽陰]        返歌せんと

 カエラネハ コトノハナクテ  かえらは ことのはなくて    返らねば     言の葉なくて

 マチタマエ ノチカエサント  まちたまえ のちかえさんと    「待ち給え    後 返さん」と

 モチカエリ タカマニイタリ  もちかえり たかまいたり    持ち帰り     タカマに到り

 モロニトフ          もろとふ            諸に問ふ
  
       カナサキイワク        かなさきいわく             カナサキ曰く

 コノウタハ カエコトナラヌ  このうたは かえことなら    「この歌は    返言ならぬ

 マワリウタ ワレモミユキノ  まわりうた われみゆきの    回り歌      我も御幸の

 フネニアリ カセハケシクテ  ふねあり かせはけしくて    船にあり     風激しくて

 ナミタツオ ウチカエサシト  なみたつお うちかえさと    波立つを      うち反さじと
                                          船を転覆させまいと

 マワリウタヨム        まわりうたよむ          回り歌 詠む
   
  
 ナカキヨノ トオノネフリノ  なかきの とおのねふりの   『長き夜の     絶の眠りの
                                          途絶えがちな眠りの

 ミナメサメ ナミノリフネノ  みなめさめ なみのりふねの    みな目覚め     波乗り船の
                                           高浪に漂う船の

 オトノヨキカナ        おとよきかな          復の良きかな』
                                 (揺れ)
  
  
 トウタエハ カセヤミフネハ  うたえは かせやみふねは    と歌えば      風止み 船は

 ココロヨク アワニツクナリ  こころよく あわつくなり    快く       アワに着くなり

 ワカヒメノ ウタモミヤヒオ  わかひめの うたもみやひお    沸姫の      歌もミヤビを

 カエサシト モフセハキミノ  かえさと もふせきみの    反さじ」と    申せば君の
                                   覆すまいと

 ミコトノリ カナサキカフネ  みことのり かなさきふね    御言宣      「カナサキが船
                                               (渡し)

 ノリウケテ メヲトナルナリ  のりうけて めをとなるなり    乗り受けて    夫婦なるなり」
  
  
 ヤスカワノ シタテルヒメト  やすかわの したてるひめと    ヤスカワの    シタテル姫と
                                          若宮を仕立てる姫として

 アメハレテ ソノオシクサハ  あめはれて そのおしくさは    陽陰晴れ    その押草は
                                陽陰調和(結婚)し

 ヌハタマノ ハナハホノホノ  ぬはたまの はなほのほの    ぬばたまの    花はほのぼの
                                            グラデーションして
                              
 カラスハノ アカキハヒノテ  からすはの あかきひのて    明らす花の    赤きは日の出
                                  赤くなる花で   その赤さは日の出のようだから

 ヒアフキノ イタモテツクル  ひあふきの いたもてつくる    ヒアフギの    板もて作る
                                1. 日扇とも言う
                                 2. ヒノキの

 アフキシテ クニモリヲサム  あふきて くにもりをさむ    扇して      国守り治む

 ヲシヱクサ          をしゑくさ            教え種
 
       カラスアフキハ        からすあふき             明らす扇は
                                        (=明らす花・日扇)

 ソフハナリ ヒアフキノハハ  そふなり ひあふきは    十二葉なり    檜扇の羽は
                                        (ヒノキ製の扇)

 ミナハラフ アワノヨソヤソ  みなはらふ あわのよそやそ    穢 祓ふ      陽陰の四十八ぞ
                                            (アワ歌)

 マタミソフ ミチナワスレソ  またみそふ みちわすれ    また禊ふ      道な忘れそ
                                   [三十二]
   
  
 ハナキネハ ヰナニツツルオ  はなきねは ゐなつつるお    ハナキネは    五・七に綴るを

 アネニトフ アネノコタエハ  あねとふ あねのこたえは    姉に問ふ     姉の答えは
                                 (沸姫)

 アワノフシ          あわのふし            陽陰の節
  
       マタトフハラヒ        またとふはらひ             また問ふ「祓ひ

 ミソフナリ          みそふなり            三十二なり」
  
       イマミソヒトハ        いまみそひとは             「今 三十一とは

 コノヲシヱ アメノメクリノ  このをしゑ あめのめくりの    この教え     天の回りの

 ミムソヰヱ ヨツミツワケテ  みむそゐ よつみつわけて    三六十五回    四つ・三つ分けて

 ミソヒナリ ツキハオクレテ  みそひなり つきおくれて    三十一なり    月は遅れて

 ミソタラス マコトミソヒソ  みそたら まことみそひそ    三十足らず     まこと三十一ぞ
                                  (29.5日)
  

 シカレトモ アトサキカカリ  しかれとも あとさきかかり    然れども     後先かかり
                                         陰と陽の掛り合いから 
                                         (月と日)

 ミソフカモ アルマウカカフ  みそふも あるうかかふ    三十二日も    粗る間うかがふ
                               32日となる場合もある その陰陽が乱れる間を窺う

 オヱモノオ ハラフハウタノ  おゑものお はらふうたの    汚穢モノを    祓ふは歌の

 コヱアマル          こゑあまる            声余
  
       シキシマノヱニ        しきしま             直州の上に

 ヒトウマレ ミソヒス  ひとうまれ みそひかにかす    人生まれ      三十一日に活す
                                             (陽)

 メハミソフ ウタノツモテ  みそふ うたかつもて    穢は禊ふ     歌の数以て
                                 (陰)[三十二]

 ワニコタフ コレシキシマノ  わにこたふ これしきしまの    曲に応ふ     これ直州の
                                  (穢)

 ワカノミチカナ        わかのみちかな          沸の道かな」
                                 (繁栄)

   

  

 最終更新:2016/06/16

   

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】