いふ  イフ  ifu
いゆ  イユ  iyu
いう  イウ  iu
ゐふ  ヰフ  wifu
ゐゆ  ヰユ  wiyu

  

【(和ふ・結ふ)・言ふ・謂ふ・居ゆ・癒ゆ】
A: 合う/合わす。告ぐ。在る/現す。収(治)まる/収(治)める。保つ。直る/直す。匹敵する/させる。

『みなみむき あさきおうけて なかいきの みやのうしろお きたといふホ1
あいゑることは のちのまめ いさおしなせは はれやらん』ホ9
『またたたは はるのそらねお はにあみて いたくにたれは たたといふホ16
『むかしふたかみ くにしらす ものいふみちの あわうたの』ホ23
『すせりくさにて かにはきて くさかれいゆる なもすせり』ホ24

全部見る 

 
変態:「ゆふ(結う)」「あふ(合う)」「いる(入る・居る)」「うゆ(植ゆ)」「おふ(負う)」「よふ(呼ぶ)」「よむ(読む)
派生語:「いゑ(家)」「や(屋)」「いわと(結戸)」「ゐゐ(唯々)」「いやす(癒す)」「いわふ(結はふ)」「ゐやしろ(居社)」「いえゐ(家居)」「いゐ(言い・謂)」「いという(糸遊)」「いう(結・木綿)」「いやむ(礼む)」「ゐお(庵)

  
 

【(往ふ・去ふ)・射ゆ・言ふ・否ゆ・嫌ゆ】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『をきなのいわく ひのいつる かしらはひかし たけのほる』ホ1
『こくみいふ さしめはまこと わかつまよ きみさりますの おしてあり』ホ7
『またとふなんち なにひとそ たみといふにそ おたけひて』ホ7
『ははおすて つまさるいかん こたえいふホ7
『なんちやつこと なすへきや なるやといえと ものいわす』ホ8

全部見る 

 
変態:「ゆふ(言う)」「ある(散る)」「いる(射る)」「える(彫る)」「おふ(追う)」「よふ(呼ぶ)」「よむ(詠む)
派生語:「いや(否・嫌・厭)」「いゑ(射ゑ)

 
 

【(揺ふ・往ふ)・云ふ・言ふ】
C: 回る/回す。行き来する/させる。伝わる/伝える。

変態:「ゆる(揺る)」「よる(揺る)」「うる(売る)
派生語:「とりゐ(鳥居)」「いお(魚)
独り言:「よう(揺)」

 
 

【斎ふ・(活ふ・勇ふ・熟ふ・敬ふ・祝ふ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高める・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」

変態:「いむ(斎む)」「いる(鋳る)」「うる(熟る)」「うむ(熟む)」「える(選る)」「えむ(笑む)」「をゆ(老ゆ)
派生語:「いわふ(祝う)」「いふき(気吹)」「いよ(弥・伊予)」「いふす(燻す)」「いや(弥・礼)」「いゐ(飯)」「いわくす(斎奇)」「いわす(斎す・祝す)」「きりひ(鑽り火)」「いやまふ(敬ふ)」「いやむ(礼む)」「ゐゑ(敬・礼)

 
 

【(忌ふ・厭ふ・卑ゆ・賤ゆ・凍ゆ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低める・勢いを失わす・劣らす・縮小する・静める・果てさす」

変態:「あゆ(零ゆ)」「ある(粗る)」「いぬ(寝ぬ)」「うゆ(飢ゆ)」「えふ(酔う)」「おる(下る)」「やる(破る)
派生語:「いや(卑・賤)」「ゐゆき(氷雪)」「ゐゑ(穢)」「い(夷)」「いはふ(い這ふ)

 
 

【(和ゆ・癒ゆ)】
会い/合わせ。治まり/治め。調和。直り/直し。

「いゆ(和ゆ・癒ゆ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・治まる/治める・調和する」などの意。

派生語:「いゆん(癒結)

  

10/06/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】