いる  イル  iru
ゐる  ヰる  wiru

  

【(合る・結る・現る・埋る)・入る・要る・居る】【率る・将る】【名詞の動詞化】
A: 合う/合わす。結ぶ。在る/現す。生む。収(治)まる/収(治)める。埋まる/埋める。連れる/連る。

『ふかきこころお そゑゐれて あけたてまつる すえにをしてそ』ホ序
『うひちにの すひちおいるる さいあひの そのもとおりは』ホ2
『このときに みなつまいれて やそつつき もろたみもみな つまさたむ』ホ2
『つのくゐは おおとのにて いくくいお とまえにあひみ つまとなす』ホ2
『あわくにの やにてやしま しらすれは やはやつならす』ホ23

全部見る 

 ●<名詞の動詞化>「合わす・添える・為す」の意から。

『ひめははち おちいりいわす みほつひめ みゆきおくりて ここにあり』ホ26
『わにひこか みをやくしひこ いさめいる なおきにたまふ やまとかみ』
ホ30
『みやすひめ もたえたえいり ややいけり ちちははらみの ゑおうつし』ホ40
『いぬうなる とみはほこりて こはおこる はやるほとかや ほころひるらん』フいぬう

 
変態:「あむ(編む)」「うる(得る)」「える(得る)」「おる(織る・居る)」「よる(寄る)」「にる(和る)
派生語:「いり(入り)」「しいる(強いる)」「おひいる(追い入る)」「まねきいる(招き入る)」「いれ(入れ)」「いらふ(弄う)

 
 

【(往る・放る・逝る)・射る】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。
そる/そらす。曲る/曲げる。
C: 行き来する/させる。回る/回す。

いるやもうけす かみのやは かならすあたる はたれみの わさやあらはす』ホ8
『なもなくて あめおなくやと わかひこか ははやおいれは むねとほり』ホ10
『わたましお たみもいはふに なさけなと ははやおいれは』ホ21
『くかにたしなめ またうみと いるさひもちの うみのかみ』ホ29
『われいらは なんちゐよとて むろのとお つきあけいれは』ホ31

全部見る 

 
変態B:「ひる(放る)」「ある(散る)」「いぬ(往ぬ・去ぬ)」「いむ(忌む)」「える(彫る)」「ほる(放る・彫る)」「やる(遣る)
変態C:「うる(売る)」「おる(折る)」「ふる(振る)」「ゆる(揺る)」「よる(撚る)

 
 

【(秀る・熟る・逸る・苛る)・鋳る・炒る・煎る】
D: 正の方向に離れる/離す。「高める・勢い付ける・栄す・熟成させる・優れさす・至らす」

『いしこりとめか ますかかみ いつくりすすむ』ホ4
『としわけのよは まめおいり みなおにやらふ』ミ7
『ここにひるこは ゐものしに かなあやさせ あまねくに』ミ10

 
変態:「ある(荒る)」「いむ(斎む)」「うる(熟る)」「える(選る)」「をゆ(老ゆ)」「にる(煮る)
派生語:「いらか(甍)」「まいる(参る)」「をいる(老いる)

 
 

【(忌る・卑る・減る・低る・干る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」

変態:ある(粗る)」「うむ(倦む)」「えふ(酔う)」「おる(下る)」「おむ(怖む)」「おゆ(瘁ゆ)
派生語:「いろ(妹・陰)」「いろね(妹陰)

  

10/02/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】