うむ  ウム  umu

  

【(和む・結む・治む)・績む・埋む・生む・産む】
A: 合う/ 合わす。結ぶ。在る/現す。収(治)まる/収(治)める。留まる/留める。備わる/備える。
  終結する/させる。

『やもやくたりの みこうみて みなそのくにお をさめしむ』ホ2
『さかつきうめる かみのなも ひながたけとそ たたゆなりける』ホ2
『うきはしにゑる おのころの やひろのとのに たつはしら めくりうまんと』ホ3
『こおととのふる とこみきは くにうむみちの をしゑそと』ホ4
『をのうつほ かせうむかせも ほおうみて をはみつとなり めはふたつ』ホ14

全部見る 

 
変態:「あふ(合う)」「あむ(編む)」「ある(在る・生る)」「うゆ(植ゆ)」「ぬふ(縫う)」「ふむ(踏む)」「ゆふ(結う)
派生語:「うつむ(埋む)」「うま(美・馬)」「うん(埋)」「をうみ(近江)」「ゆるむ(緩む)」「うめ(宜・諾)」「うまる(埋まる)」「うます(和す)」「うむき(海蛤・白蛤)

 
 

【(放む・失む・棄む)・生む】
B: 離れる/離す。放つ。払う。分れる/分ける。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「ある(散る)」「いむ(忌む)」「うる(売る)」「える(彫る)」「おる(折る)」「ふる(狂る)

 
 

【熟む・績む・(上む・斎む・潤む)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上げる・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」

『たまとしゐ むすふゐのちの たまなかこ うむちはきもそ』ホ17
『やつくりの もとはとこたち むてむすひ むろやつくりて たみおうむホ21
『たみつうむ あそへのおかの ゐゆきやま なよさとうみて』ホ24
『とよつみひこと をさめしむ のわさをしえて たみおうむホ27
『しにぬうは もまわりそなう をんまつり さゆりのゑなの かみそうみける』フしぬう

 
変態:「ある(荒る)」「いむ(斎む)」「えむ(笑む)」「える(選る)」「をゆ(老ゆ)」「ふる(振る)」「むる(蒸る)
派生語:「うま(美・馬)」「みうん(満熟ん)」「うめ(宜・諾)」「うます(熟す)

 
 

【倦む・膿む・(失む・終む)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」

『まつりさつけて ことなすお ははにしたえは ひめかうむホ7
『とみらひめもす うまなくて をしゑおつねの わさとなせ』ホ17
『あつきめくみの ゆるのりお かならすうむな はやるなよ』ホ17
『あつさたす たらちのめくみ うまさるや おりかそえうた』ホ40
『すのなわの うむたまのをの ほしなれは あめのまつりも ほしやうむらん』フすなわ

 
変態:「ある(粗る)」「うゆ(飢ゆ)」「えふ(酔う)」「おむ(怖む)」「ぬる(寝る)」「ふる(降る)
派生語:「うもと(倦没)」「うんつ(倦んづ)」「ゆるむ(緩む)」「うまなし(倦無し)

  
 

【(熟)・大麦】
正の方向に離すもの。 生かし。活かし。活力・成長の素。

『たねはたね うむすきさかめ まめすめらの そろはもはめそ むしもみなしむ』ホ1

 
「うむ(熟む)」の名詞化。

変態:「いね(稲)」「よね(米)」「いゐ(飯)」「まめ(豆)
類語:「うむき(大麦)

  

10/02/27

  

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】