うもと  ウモト  umoto

  

【(倦没・倦処)】<地名>
下・隅に離れるさま。果て。辺境。

『あふゆおうくる おほなむち あかるあそへの うもとみやホ10
『うつしくにたま おほなむち つかるうもとの かみとなる』
ホ10

 
「うもつ」の名詞化。
「うもつ」は「うむ(倦む)」と同義語「もつ(没つ)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。
また「うむ(倦む)」+「と(処・方)

変態:「よもつ(黄泉)」「ふもと(麓)」「いもと(妹・陰下)」「みもち(惨没)
類語:「むつ(陸奥)」「あそへ(彼辺)
つかる(津軽)」「ひすみ(日隅)」「あかる(散る)」「しまつ(島津)

  

10/06/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】