ひすみ  ヒスミ  hisumi

  

【日隅・(卑州・鄙州)】<国名>
下・隅に離れるさま。果て。辺境。辺鄙。

『またはたれ ひすみひたかみ かくやまと ふたいわうらに つくつけの』ホ8
『おおなむち ひとたひおちて ひすみきみ そのこものぬし まめおなす』ホ21
『ものぬしひとり ひたかみの いせきなしなし ひすみまて』ホ24

 
ひす(卑す・鄙す)」+「すみ(州)」の合成。

別名:「つかる(津軽)」「あそへ(彼辺)あかる(散る)しまつ(島津)」「うもと(倦没)」「むつ(陸奥)
類語:
つきすみ(尽州)」「ひかわ(鄙郷)

   

10/10/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】