あかる  アカル  akaru

  

【(和かる・判る)】
A: 合う。和す。判る。調う。調和する。直る。

『ゑとにそむ あめあかるひは よろつよし やつくりはこれ』ホ21『うさにいたれは うさつひこ ひとあかりやに みあえなす』ホ29
『かたちあかるき かもとかみ』ミ9

 
あく(和く)」と同義語「かる(和る・交る)」の合成。
ここでは「A: 合う・和す・調う・調和する・直る」などの意。

変態:「わかる(判る)」「はかる(計る・図る・諮る・謀る)」「あからさま
派生語:「あかるし(明るし)
関連語:「おあがり(お上がり)」

 
 

【散る・分る・別る・(起る・開かる・空かる)】
B: 離れる/離す。別れる。祓う。発す。起る。空く。そる/そらす。

『てにはつるきお もつゆえに くつはのつなは あかるたえホ192

 
あく(空く・開く)」と同義語「かる(離る)」の合成。

変態:「わかる(分かる)」「まかる(罷る・曲る)」「おこる(起る)」「あからさま
派生語:「あかり(散り・分り)

 
 

【明かる・上がる】
C: 回る。還る。戻る。回帰・帰還する。

『よあひたもちて あにあかる ときはたのしみ まかるなり』ホ15
『みやさきやまの ほらにいり あかんたひらと あかります』ホ27
『あにまつあかり おとかたち はけはおとろき ゐいりねも』ホ34
あかりてあにか きたちはく あにたちぬきて きりかくる』ホ34

 
あく(明く)」と同義語「かる(回る・転る)」の合成。
ここでは「C: 回る・還る・戻る・回帰・帰還する」などの意。

変態:「あくる(明くる)」「おくる(送る)」「もかる(殯る)
派生語:「あかり(明かり・殯)

 
 

【上がる・(明る・赤る・開かる)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『うひこにゑ にあかるやまそ のてむすひ のかせにかわく くこはにに』ホ18
『いえはうつろゐ とひあかり なるかみしてそ さりにける』ホ27
『きしにあかりて なにむらと とえはやつしろ とよむらの』ホ38

 
あく(上ぐ)」と同義語「かる(上る)」の合成。

変態:「いかる(怒る)」「おこる(怒る・驕る)」「ほこる(誇る)」「ひかる(光る)」「あかむ(赤む・崇む)
派生語:「あかり(明り)

 
 

【散る・(倦枯る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

あかるみや あふゆおうくる おほなむち あかるあそへの うもとみや』ホ10

 
あく(倦く)」と同義語「かる(枯る)」の合成。

変態:「よこる(汚る)」「もくる(潜る)」「おくる(遅る)
派生語:「あかるみや(
倦枯宮)

  

09/09/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】