【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】

 ノリノフミテルタエノアヤ   のりふみてるたえあや     乗りの文 連栲の文
  
 フソヰスス モモミソヱタノ  ふそゐすす ももみそゑたの    二十五鈴      百三十枝の

 トシサナト ハルノハツヒニ  としさなと はるのはつひに    年サナト       初日に
                                           (一月一日)

 ヨノヒツキ ミコオシヒトニ  よのひつき みこおしひとに    世の日月      御子オシヒトに

 ユツリマシ アメヨリイセニ  ゆつりまし あめよりいせに    譲りまし      よりイセに
                                       <て>      (中央) (イサワ)

 オリイマス          おりいます            下り居ます
  
       トキニツキスミ        ときつきすみ              時にツキスミ

 オオクマト ヒツメアオコマ  おおくまと ひつめあおこま    オオクマト     秀つ馬 青駒

 タテマツル          たてまつる            奉る
  
       カミオモシロク        かみおもしろく              神おもしろく
                                          (アマテル)

 オホスレハ クマトニタマフ  おほすれは くまとにたまふ    思すれば      クマトに賜ふ

 ミアエニハ ヌヱアシモチカ  みあえには ぬゑあしもちか    御饗には      ヌヱアシモチが

 カサクサモ コケウハコヘラ  かさくさも こけうはこへら    曲腐も       コゲウハコベラ

 イタヒラコ ススナススシロ  いたひらこ すすなすすしろ    イタヒラコ     スズナスズシロ

 スセリナツ コノナナクサニ  すせりなつ このななくさに    スセリナヅ    この七種に

 ノソクナリ          のそくなり            除くなり
  
       サクラハナレハ        さくらはなれは              桜場成れば

 マタノモチ コカネヒツメノ  またもち こかねひつめの    またの十五日    黄金蹄の
                                  (二月十五日)

 クロコマオ タカキカヒケハ  くろこまお たかきひけは    黒駒を       タカギが引けば

 タテマツル          たてまつる            奉る
  
       ミツホマナヰニ        みつほまなゐに              御壺マナヰに

 ノリミユキ シハシハマツリ  のりみゆき しはしはまつり    乗り御幸       しばしば政

 キコシメス コレソラクモリ  きこしめす これそらくもり    聞し召す      これ反ら曇り

 アラサリキ          あらさり            あらざりき
  
       トシヘテノチニ        としのちに              年経て後に

 ニニキネノ ミユキホツマノ  ににきねの みゆきほつまの    ニニキネの     御幸 ホツマの

 ニハリナル ノリノリメセハ  にはりなる のりのりめせは    ニハリ成る      乗り法召せば

 ヲハシリカ ワサオウケタル  をはしりか わさうけたる    ヲバシリが     技を受けたる

 タカヒコネ          たかひこね            タカヒコネ
  
       チミチハヤスク        ちみちやすく              地道は易く
 
 アレイツノ ワサハヱカタキ  あれいつの わさはかたき    荒・厳の       技は得難き

 モモチタヒ トトノヘネリテ  ももちたひ ととのへねりて    百千度       調へ練りて

 コレオウル          これうる            これを得る
  
       マツシルムマノ        まつしるむまの              先ず知る馬の

 ウマレツキ アラマシトカン  うまれつき あらましとか    生れ付き      あらまし説かん
  
  

 ヒタカミハ シシタクマシク  ひたかみは ししたくましく    ヒタカミは     肉たくましく

 ユルヤカテ ヤヤヒトトセニ  ゆるやかて ややひととせに    緩やかで      やや一年に
                              <気質は>          およそ

 ノリナルル          のりなるる            乗り熟るる
                                   (こなれる)
  
       チミチノノチハ        ちみちのちは              地道の後は

 アレノリヤ ツクシノムマハ  あれのりや つくしのむまは    荒乗りや      ツクシの馬は

 スコヤカニ ユルク      すこやかに ゆるく        健やかに      緩く
 
          ナルルモ           なるるも                 熟るるも

 トシナカハ ハセイツカケモ  としなかは はせいつかけも    年半ば       馳せ・厳駆けも
                                 (1年半)

 ナカナレヤ          なかなれや            長熟れや
  
       マタコシクニハ        またこしくには              また越国は

 タクマシク シシナカナレニ  たくましく ししなかなれに    たくましく     肉 長熟れに
                                        肉がこなれるに時間がかかるのに

 イソクユエ ミヨツキナレテ  いそくゆえ みよつきなれて    急ぐ故       三・四月 熟れて
                               <馬は>

 イツカケモ ナレトイソクハ  いつかけも なれいそくは    厳駆けも      熟れど急ぐば
                                          こなれないのに急ぐので

 アヤシアリ          あやしあり            怪しあり
                                 紛らわしい
  
       ミナミノムマハ        みなみむまは              南の馬は

 チイサクテ トシナレハヤク  ちいさくて としなれはやく    小さくて      達し熟れ早く

 ネカウスク イサオシナラス  うすく いさおしなら    根が薄く      功 成らず
  
  

 シカシマタ ツヨキヨハキモ  しかしまた つよきよはきも    しかしまた     強き弱きも

 タネニヨリ ケイロニワカツ  たねより けいろわかつ    胤により      毛色に分かつ
                                         <また>

 ヨシアシモ ソタチニヨリテ  よしあしも そたちによりて    良し悪しも     育ちによりて
                               <胤の>

 シナカワル ヨクノリナレテ  しなかわる よくのりなれて    品替わる       良く乗り熟れて

 コレオシル          これしる            これを知る
  
       ムマモチユルハ        むまもちゆるは              馬 用ゆるは

 イナムシカ ヒミツノナセル  いなむしか ひみつなせる    厭虫か       火水のなせる
                                              (「なす」の連体形)

 ワサハヒモ ハヤノリナシテ  わさはひも はやのりなして    災ひも       早乗りなして

 ノソクナリ          のそくなり            除くなり
  
       モシノリオカス        もしのりおかす              もし法犯す

 モノアレハ テニハツルキオ  ものあれは にはつるきお    者あれば       手には剣を

 モツユエニ クツハノツナハ  もつゆえに くつはのつなは    持つ故に      轡の綱は
                                            (手綱)

 アカルタエ          あかるたえ            分る栲
 
       キヌハモチヒス        きぬもちひ              絹は用ひず

 チチミヌノ チチメルユフテ  ちちみぬの ちちめるゆふて    縮み布       縮める木綿で
                                        (「縮む」の連体形)

 ヤタフタツ ソノミツツキオ  やたふたつ そのみつつきお    八尺二つ       そのミツヅキを
                                              (馬続き)

 ハニユヒテ テツキオコシニ  ゆひて てつきこしに    に結ひて      手継を腰に

 ハサミオフ          はさみおふ            挟み帯ぶ
  
       コノフタスチオ        このふたすちお              この二条を

 ミキヒタリ コシノヒネリニ  みきひたり こしのひねりに    右左        腰のひねりに

 ツナオヒク ムマノココロニ  つなひく むまこころに    綱を率く      馬の心に

 コタエテソ          こたえてそ            応えてぞ
  
       タエナルワサオ        たえなるわさお              妙なる技を

 ナスタトエ アメツチツナク  なすたとえ あめつちつなく    なす喩え      「天地つなぐ
                                            (人と馬をつなぐ)

 ナカクシノ イキニツキヒノ  なかくしの いきつきひの    中串の       息に月日の
                                 (手綱の       往き来に)

 ナカミチカ ハルアキトナス  なかみちか はるあきなす    長・短か       春・秋となす

 ミヲヤカミ カクコシツカフ  みをやかみ かくこしつかふ    ミヲヤ神」     かく腰使ふ

 アカルタエ          あかるたえ            分る栲
  
       ワサオオモハハ        わさおもはは              技を重はば

 クラシキテ ユキツモトリツ  くらしきて ゆきもとりつ    鞍 敷きて      行きつ戻りつ

 ムソアユミ アシトリオミテ  むそあゆみ あしとりて    六十歩み       足取りを見て

 ノチニノル          のちのる            後に乗る
  
       チミチノアフミ        ちみちあふみ              地道

 カナツクリ カケハヲサシノ  かなつくり かけをさしの    金製り       駆けは尾差の

 ツリナワモ ヰツキミシカク  つりなわも ゐつみしかく    連縄も       五寸短かく
  
  

 チミチニハ ハルヒユルクテ  ちみちには はるひゆるくて    地道には      腹帯緩くて

 ヰツユヒノ トフルホトヨシ  ゐつゆひの とふるほとよし    五指の       通る程 好し
  
  

 イツカケハ ハルヒユルメス  いつかけは はるひゆるめ    厳駆けは      腹帯緩めず

 チトシメテ シトナメキツナ  ちとしめて しとなめきつな    ちと締めて     下嘗きつな
                                           (褥)

 ムナカヒモ シホテニソエテ  むなかひも しほてそえて    胸懸も       四方手に添えて
  
  
 クツハツナ ヒトタケムタノ  くつはつな ひとたけの    轡綱        一丈六尺の

 ナカホトオ キツナニソエテ  なかほとお きつなにそえて    中ほどを      きつなに添えて

 クツハミノ ワニユフハシオ  くつはみの はゆふはしお    轡の        派に結ふ 端を

 マテニモツ アタハシリナキ  まてもつ あたはしりなき    両手に持つ     熱走りなき

 ヒトヌキマ          ひとぬきま            一貫間
  
       マタテルタエハ        またてるたえは              また連栲は

 タケムタノ ソノミツツキオ  たけの そのみつつきお    丈六尺の      そのミツヅキを
                                 (一丈六尺)         (馬続き)

 マテノハニ ユヒテナカモツ  まてに ゆひなかもつ    左右のに     結ひて中持つ
                               <轡の>

 アカタエト ヌキマオカヌル  あかたえと ぬきまかぬる    分栲と       貫間を兼ぬる

 テルタヱヤ          てるたゑや            連栲や
  
       ムマノサタメハ        むまさためは              馬の定めは

 メハナヨリ オホネエヤタノ  めはなより おほねの    目鼻より      尾骨へ八尺の

 ツツタチハ ヰタヰキノリオ  つつたちは ゐたゐきのりお    連  立は     五尺五寸法を
                                  (幅)  (丈)

 ハツキモチ サツキヰツカノ  はつきもち さつきゐつの    八月十五日     五月五日の
                                  (芋果月)      (妹背のささ祝)

 コトホキノ ノリニカケタハ  ことほきの のりかけは    寿ぎの       典にかけたは
                                          典にかけたかどうかは

 アヤシアリ          あやしあり            怪しあり
                                  疑わしい
  
       タトエフトクト        たとえと              喩え 二と九と

 ヤツヰヰノ ワリアヒカカヱ  やつゐゐの わりあひかかゑ    八・五五の      割合考え

 タマフヘシ          たまふへし            給ふべし
  
       ココニミマコノ        ここみまこの              ここに御孫の

 チミチヨリ ノリナレネリテ  ちみちより のりなれねりて    地道より      乗り熟れ練りて

 アレノリモ ヒツミツキヘテ  あれのりも つみつきて    荒乗りも      日積み月経て

 ツヒニヱテ マタイツノリオ  つひて またいつのりお    ついに得て     また厳乗りを

 トシカサネ ワサヱタマヘハ  としかさね わさたまへは    年重ね        技 得給えば

 ミコトノリ ヰツノヲシテオ  みことのり ゐつをしてお    御言宣       "" のヲシテを

 タマヒケリ          たまひけり            賜ひけり
  
       タカヒコネニハ        たかひこねには              タカヒコネには

 フタアレノ ヲシテタマエハ  ふたあれの をしてたまえは    "再生れ" の     ヲシテ賜えば
                                   (二荒)

 コモマコモ ムマノキミナリ  まこも むまきみなり    子も孫も      馬の君なり
  
  
 クスリニハ ヒトミコマヒサ  くすりには ひとみこまひさ    薬には       人身駒瓠

 ウハナクス ツチヒトヱハハ  うはなくす つちひとゑはは    卯花       辻一重葉は

 マメハコソ          まめはこそ            マメハコぞ      
  
       イツヲハシリト        いつをはしりと              逸ヲバシリと

 タカコヒネ フタアレカミト  たかこひね ふたあれかみと    タカコヒネ     二荒神と
                                       <を>       <称えて>

 キサラシヱ マツル      きさらしゑ まつる        二月シヱ       祭る
                                     <に>    (初午祭)
            ノリユミ           のりゆみ                乗弓
                                            そして乗弓を

 ナラフコロカナ        ならふころかな          並ぶ頃かな
                                 (競う)
  
  

 最終更新:2016/09/25

   

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】