【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
  マーカー部は原文に記されているオシテ。
 これらを誤写と見て、改修を施した上で解釈しています。
   
 ミケヨロツナリソメノアヤ   みけよろつなりそめあや     食よろづ生り初めの文
  
 アメツチモ ノトケキトキニ  あめつちも のとけきときに    天地も       和けき時に

 アマテラス カミノミユキノ  あまてらす かみみゆきの    和照らす      神の御幸の

 フタミカタ ミシホオアヒテ  ふたみかた みしほあひて    フタミ潟      潮を浴びて

 ミソキナス          みそきなす            なす
  
       トモノクスヒカ        ともくすひ              供のクスヒが
                                             (ヌカタダ)

 イフカサオ アメニモフサク  いふかさお あめもふさく    訝さを       陽陰に申さく
                                           (アマテル)

 チチミカト ヤフサクルマノ  ちちみかと やふさくるまの    「父帝       八房輦の

 ミユキナス カミモケカレノ  みゆきなす かみけかれの    御幸なす      も穢れの

 アルヤラン トキニアマテル  あるやらん ときあまてる    あるやらん」    時に和照る
 ミコトノリ          みことのり            御言宣
    
  
       ナンチヌカタタ        なんちぬかたた              汝ヌカタダ

 モロモキケ ワカウマレネニ  もろきけ わかうまれねに    諸も聞け      我が生れ根に
                                               性根

 アカモナク アヲウケウマレ  あかなく あをうけうまれ    垢もなく      太陽 受け生まれ
                                            陽の粋

 ネハキヨク ウクメクタミニ  きよく うくめくたみに    根は清く      蠢く民に
                                     <も>

 メモケカレ アシキウタヱニ  けかれ あしきうたゑに    目も穢れ      悪しき訴えに

 ミミケカレ          みみけかれ            耳穢れ
 
                               陽は清く 軽く回りて 天と成り 陰は中に凝り <ホ14>
                               は清くて 宗陽神 は濁りて 鄙陰神    <ミ6>
 
 
       ハナモチナラヌ        はなもちならぬ              放持ならぬ
  
 ヲシヱクサ ヲサメサトセル  をしゑくさ をさめさとせる    教え種       治め諭せる
                                             (「諭す」の連体形)

 ココロハノ ムハシソソキテ  こころはの むはしそそきて    心派の       六端濯ぎて

 ミオシラケ ヒヲネニカエル  しらけ ひをねかえる    身を精らげ     陽尾根に還る
                                             陽の本質に戻る

 カンカタチ          かんかたち            神形
                                神霊の具現=人の中子
  
       ケノシシハメハ        けのししはめは              汚の肉食めば

 シムケカレ ヨツナルシシハ  しむけかれ よつなるししは    血穢れ        四つなる獣は
                                  霊         四音の名の

 カホスキテ チチミケカレテ  かほすきて ちちみけかれて    汚火過ぎて     縮み穢れて

 ミモカルル          かるる            身も枯るる
  
       タトエハニコル        たとえにこる              例えば濁る

 ミツカワク シシモニコレハ  みつかわく ししもにこれは    水 乾く       肉も濁れば

 カワキツク          かわきつく            乾き尽く
  
                                 透明度が低い濁った水は
                                 光熱を吸収しやすく蒸発が速い
  
       キヨナオハメハ        きよなはめ              清菜を食めば

 チモキヨク ウシホノコトシ  きよく うしほことし    血も清く      潮の如し
                                  

 ヨヨタモツ          よよたもつ            万齢保つ
  
       アメノウムタミ        あめのうむたみ              陽陰の生む民
                                          アメノミヲヤの生む民を

 コノコトク ナカイキミント  のことく なかいきと    子の如く      長生き見んと
                                我が子の如く思い    その長寿が見たい故

 クイモノノ ヨシアシワクル  くいものの よしあしわくる    食物の       良し悪し分くる

 ナリソメオ モロタミキケヨ  なりそめお もろたみきけよ    生り初めを     諸民 聞けよ
                                  起源を
  
  
 アメツチノ ヒラケルトキノ  あめつちの ひらけるときの    天地の       開ける時の
                                        (「開く」の連体形)

 ヒトイキカ メヲトワカレテ  ひといきか めをわかれて    一息が       陰陽と分れて

 ヲハアメニ メハツチトナル  あめに つちなる    陽は天に      陰は地となる
                                  (空間・気)        (物質)
  
 ヲノウツホ カセウミカセモ  をのうつほ かせうみかせも    陽の空       風生み 風も

 ホトワカレ ウヲセノムネハ  とわかれ うをせのむねは    火と分かれ     背のは

 ヒノワナル イメノミナモト  ひのわなる いめのみなもと    日輪なる      妹の陰元

 ツキトナル          つきとなる            月となる
  
       ツチハハニミツ        つちはにみつ              地は埴・水

 カツハニハ ヤマサトトナル  かつはには やまさととなる    且つ埴は       山・里となる
  
  
 ハニウツホ ウケテハハイシ  はにうつほ うけいし    埴 空        受けて 穢は石
                                  埴が空を受けて、濁り成った物は石となり

 スカハタマ          すかたま            清は珠
                                 純粋に成った物は珠となる
  
       ヤマニウツホノ        やまにうつほの              山に空の

 トホリナル アラカネノアワ  とほりなる あらかねあわ    通り成る      粗金のアワ
             [ハ]                              鉱石の亜鉛

 ススナマリ スカハハキカネ  すすなまり すかはきかね    錫・鉛        清は果黄金
                                           清き埴は純金や

 シシロカネ ウヒニアカカネ  ししろかね うひあかかね    清白金       泥に赤金
                                 純銀を含む鉱石を成し  濁った埴は銅や

 ハクロカネ          はくろかね            果黒金
                                 鉄を含む鉱石を成す
  
       ソレハキハキニ        それはきに              それ榛は黄に

 キリハシロ ヒノキハキアカ  きりしろ ひのききあか    桐は白       檜は黄赤

 クリハクロ          くりくろ            栗は黒
                                  だからこうした木の生えている土には
                                  金・銀・銅・鉄も出ると言ってるのかな?
   
       テルアラカネオ        てるあらかねお              出る粗金を

 タタラナシ フイコニネレヨ  たたらなし ふいこねれよ    タタラなし      吹子に錬れよ
  
  
 ハニウクル ウツホアマミツ  はにうくる うつほあまみつ    埴受くる       空・雨水

 ナルクサキ ウツホハタスク  なるくさき うつほはたすく    成る草木       空は助く

 ミツヒヤス ハハケカレスル  みつひやす けかれする    水 冷やす      埴は穢れ直る

 ハナモミモ アメノママナリ  はなもみも あめのままなり    花も実も      陽陰の随なり

 ミツハクフ フヨハクワヌソ  みつくふ ふよはくわそ    三つは食ふ     二・四は食わぬぞ
                                 三つ名は食う     二つ・四つ名は食わぬ
  
 イシタマノ フナルハツキス  いしたまの なるつき    石・珠の       二なるは尽きず
                                            二つ名なるは無尽蔵
  

 アラカネノ ミツハホネリテ  あらかねの みつねりて    粗金の       水・埴・火 錬りて
                                         水・埴・火を加減して精錬すれば

 イロカワル          いろかわる            色変る
  
       クサキノムシノ        くさきむしの              草木の虫の
                                            草木の虫は

 ミツノコヱ カセニコヱアリ  みつこゑ かせこゑあり    三つの交      風に声あり
                                 3元素の交わり     風を持つ虫は鳴き

 ウツホハネ ハニムシモコレ  うつほはね はにむしこれ    空 跳ね       埴虫もこれ
                                空を持つ虫は跳ねる     地中の虫も同様
  

 ウツホカセ ホミツノヨツカ  うつほかせ みつよつか    空・風        火・水の四つが

 ナルトリノ ホカツハオヨク  なるとりの ほかつおよく    成る鳥の      火勝つは泳ぐ
  
  
 ハニトミツ ホカセノヨツカ  はにみつ かせよつか    埴と水       火・風の四つが

 ナルケモノ カセミツヨルオ  なるけもの かせみつよるお    成る獣       風・水 優るを

 ナモミコヱ キツネタヌキソ  こゑ きつねたぬきそ    名も三声      狐・狸ぞ
  
  
 ホトハニノ ヨルハフタコヱ  ほとはにの よるはふたこゑ    火と埴の      優るは二声

 ヰノマシソ ヨツナモコレソ  ゐのましそ よつこれそ    猪・猿ぞ       四つ名もこれぞ
  
  
 ツキノミツ クタセルツユハ  つきのみつ くたせるつゆは    月の水       下せる露は
                                        (「下す」の連体形)  <集まって>

 カハノミツ ウツホウクレハ  かはみつ うつほうくれは    川の水       空 受くれば
                                     <と成り>

 クモトナリ チアユミノホル  くもなり ちあゆみのほる    雲と成り      ちあゆみ昇る
                                             沸き立ち

 ハニノイキ ノホルイカクリ  はにいき のほるいかくり    埴の息       昇る毬栗
                                     <その様はまるで>

 イヰノナリ ソヤトメチツヱ  いゐなり そやとめちつゑ    飯の態       十八トメチ立え
                                                立ち上り
 
  

 クモナカハ フレハメツヱニ  くもなかは ふれつゑに    雲半ば        経れば 陰 露に
                                雲はある程度     時間が経つと陰は露として

 アヒモトメ アメトフルナリ  あひもとめ あめふるなり    合ひ求め      雨と降るなり
                                  寄り集まり

 サムカセニ ユキトコホレト  さむかせに ゆきこほれと    寒風に       雪と凍れど

 ヲニトケル          とける            陽に融ける
                                   (「融く」の連体形)
  
       ヨルナミウケテ        よるなみうけて              夜潤波受けて

 ナルウシホ ヤクシホスカノ  なるうしほ やくしほすかの    成る潮        焼塩 清の

 ウツワモノ ハメハミノアカ  うつわもの はめあか    器物        食めば身の垢

 マヌカルル          まぬかるる            免かるる
  
       ミツハニフクム        みつはにふくむ              水・埴 含む

 ホナルカヰ          なるかゐ            火 成る貝
  
       ミツウクウツホ        みつうくうつほ              水 受く空

 ホナルウオ シハウロコヨシ  ほなるうお しはうろこよし    火 成る魚       清鱗よし
                                        食には単色の鱗魚が好ましい
 ホハクサシ          ほはくさし            火は臭し
                               火の元素を持つ物は臭い
  
  
       ムカシナカクニ        むかしなかくに              中国

 ウケモチノ カミカウケナオ  うけもちの かみうけなお    ウケモチの     尊が食菜を

 アニコヱハ ヒヨウルタネオ  こゑは ひようるたねお    天に乞えば     日・夜潤種を  
                                  天界

 ワニクタス          くたす            地に下す
 
  
       ヒウルニハユル        ひうるはゆる              日潤に生ゆる

 ウルノソハ ウルタノソナヱ  うるのそは うるたそなゑ    潤の繁      潤田の具え
                                               =種

 ヨルナミニ ハユルナロナハ  よるなみに はゆるなろなは    夜潤波に      生ゆる和菜は

 ハタノタネ          はたのたね            畑の種
  
       クニトコタチノ        くにとこたち              クニトコタチの

 アメマツル ミケハコノミカ  あめまつる みけこのみか    祭る       御供は木の実か
                                  (神)
  
  

 クニサツチ ウムウケモチノ  くにさつち うむうけもちの    クニサツチ     生むウケモチの

 ヤヨノマコ イマノカタナリ  まこ いまかたなり    八代の孫      今のカダなり
                                            当代の
  
  

 ウケモチカ ハツキハツヒニ  うけもちか はつきはつひに    ウケモチが     八月初日に
                                           (穂積八朔)

 ナルハツホ トヨクンヌシニ  なるはつほ とよくんぬしに    成る果穂      トヨクンヌシに
                                           (ウケモチの兄弟)

 タテマツル          たてまつる            奉る
  
       カミハカシキノ        かみかしきの              は赤白黄の
                                         (トヨクンヌシ)

 ユフニキテ アメナカヌシノ  ゆふにきて あめなかぬしの    斎和幣       天中主の
                                   <を奉り>

 カミマツル          かみまつる            祭る
 
       ソロノホツミノ        そろほつみ              ソロの果実の

 ミケモマタ ウスツキシラケ  みけまた うすつきしらけ    御供もまた     臼搗き精げ

 ハツヒニハ カヰトシルトソ  はつひには かゐしるとそ    初日には      粥と汁とぞ
 ウヒチニハ ツキコトマツル  うひちには つきことまつる    ウヒチニは     月毎祭る
  
  

 オモタルノ スエニホホソト  おもたるの すえほほそと    オモタルの     末に穂細と

 ナルユエニ ツキヨミヤリテ  なるゆえに つきよみやりて    なる故に      ツキヨミ遣りて

 ウルソタネ ヱントイタレハ  うるそたね いたれは    潤繁種       得んと到れば
                                              現地に到れば

 マルヤニテ クニニムカエハ  まるやにて くにむかえは    丸屋にて      国に迎えば
                                 粗末な屋にて   その国(山背)に迎えた上で

 ツキオケノ クチヨリヨネノ  つきおけの くちよりよねの    注ぎ桶の      口より米の
                               <肥の>

 イヰカシク          いゐかしく            飯炊ぐ
  
       ソノニムカエハ        そのにむかえは               園に迎えば
                                            田畑に招けば

 コヱカクル テコニイレキテ  こゑかくる てこいれて    肥掛くる       手篭に入れ来て
                                 肥が付着する

 ススナシル モモタクハエテ  すすなしる ももたくはえて    スズ汁      百々たくわえて

 ミアエナス          みあえなす            御饗なす
 
       ツキヨミイカリ        つきよみいかり              ツキヨミ怒り

 イヤシキノ ツハハクケカレ  いやしきの つははくけかれ    「卑しきの     唾吐く穢れ

 カワンヤト ツルキオヌキテ  かわやと つるきぬきて    交わんや」と    剣を抜きて
                                                        <七代ウケモチを>

 ウチコロシ カエコトナセハ  うちころし かえことなせは    打ち殺し      返言なせば
  

 ヲヲンカミ ナンチサカナシ  ををんかみ なんちさかなし    大御神       「汝 逆なし

 アヒミスト マツリハナレテ  あひみと まつりはなれて    合ひ見ず」と    政 離れて
                                       <ツキヨミは>

 ヨルキマス          よるきます            揺るぎます
  
       アメクマヤレハ        あめくまやれは              アメクマ遣れば

 ステニサリ カタカウルソノ  すてさり かたうるその    すでに更り     カダ潤繁の
                                 早くも世代を更新し

 タネササク クマトカエレハ  たねささく くまとかえれは    種捧ぐ        配人帰れば

 ヲサカタニ ウユルソノアキ  をさかたに うゆるそのあき    治県に       植ゆるその秋

 ヤツカホノ ナレハクニトミ  やつかほの なれくにとみ    八掴穂の      成れば国富み

 ココロヨク          こころよく            快く
  
       マタマユフクミ        またまゆふくみ              また繭ふくみ
                                               茹でて

 イトヌキテ コカヰノミチモ  いとぬきて こかゐみちも    糸抜きて       籠交いの道も

 ヲシユレハ カタノミコトハ  をしゆれは かたみことは    教ゆれば      カダの尊は
                                           =ウケモチ

 ヨヨノタミ マモリツカサソ  よよたみ まもりつかさそ    代々の民      守り司ぞ
                                     <の生活の>
  
 モロタミモ ヨクキケツネノ  もろたみも よくきけつねの    諸民も       良く聞け 常の

 クイモノハ ソロハサイワヒ  くいものは そろさいわひ    食物は       ソロは幸ひ

 ウロコイオ ツキナリトリハ  うろこいお つきなりとりは    鱗魚        次なり 鳥は
                                   <が>

 ホカカチテ ホトントマカル  かちて ほとんとまかる    火が勝ちて     ほとんど罷る
  
  

 モシヒノ カキタテアフラ  ともしひの かきたてあふら    灯し火の      掻き立て 油

 ヘルコトク ホカチイノチノ  へることく かちいのちの    減る如く      火勝ち命の

 アフラヘル          あふらへる            油減る
 
       アヤマリミテノ        あやまり              誤り三手の
                                              押手

 シシハメハ シシコリチチミ  ししはめは ししこりちちみ    獣 食めば      肉 凝り縮み

 ソラコエテ ミノアフラヘリ  そらこえて のあふらへり    空肥えて      身の油減り

 ケモカレテ ヤカテマカルソ  かれて やかてまかるそ    気も枯れて     やがて罷るぞ

 フツキナカ ススシロクエヨ  つきなか すすしろくえよ    二月半       スズシロ食えよ
  
  

 フテシシハ クエハイキテモ  ししは くえはいきても    二手獣は      食えば生きても
                                 二押手の獣は

 クサリクサ カミトナカタヱ  くさりくさ かみなかたゑ    腐り臭       上と中絶え
                                           (上心)

 イミコヤニ ミトセススシロ  いみこやに とせすすしろ    忌蹴に       三年スズシロ
                                その穢の祓いには

 シラヒケモ ハシカミハミテ  しらひけも はしかみはみて    シラヒゲも     ハジカミ食みて

 アカソソケ          あかそそけ            垢濯げ
  
       ヤヤヒトトナル        ややひととなる              やや人となる  

 スワノカミ シナノハサムク  すわのかみ しなのさむく    スワの守      「シナノは寒く
                                (タケミナカタ)

 トリシシニ サムサシノクト  とりししに さむさしのくと    鳥獣に       寒さ凌ぐ」と

 コフユエニ ナオアラタメテ  こふゆえに なおあらためて    乞ふ故に      なお改めて
  

 アイモノノ ウオハヨソアリ  あいものの うおよそあり    間物の      魚は四十あり

 コレモミカ ススナニケセヨ  これ すすなけせよ    これも三日     スズ菜に潔せよ

 ミツトリオ クエハフソヒカ  みつとりお くえふそひか    水鳥を       食えば二十一日

 ススナヱヨ ヨノトリケモノ  すすなよ とりけもの    スズ菜得よ      余の鳥獣

 イマシメト アマネクフレシ  いましめと あまねくふれ    戒め」と      あまねく布れし
  
 アヤマラハ タトエイノチハ  あやまらは たとえいのちは    誤らば       たとえ命は   

 オシマネト チケカレユエニ  おしまと けかれゆえに    惜しまねど     血穢れ 故に
                                           =霊

 タマノヲモ ミタレテモトニ  たまのをも みたれもとに    霊の結も      乱れて元に
                                             陽元陰元

 カエラネハ タマシヰマヨヒ  かえらは たましゐまよひ    還らねば      魂・魄 迷ひ

 クルシミテ ケモノノタネオ  くるしみて けものたねお    苦しみて      獣の種を
                                        <人のではなく>

 アイモトム          あいもとむ            合い求む
                                  寄せ合わす      (さすれば人に転生せず)
  
       トリモケモノモ        とりけもの              鳥も獣も

 ツキヒナシ ソロハツキヒノ  つきひなし そろはつきひの    月日無し       ソロは月日の
                                月日の潤を宿さず

 ウルナミソ ユエニコタフル  うるなみそ ゆえこたふる    潤波ぞ       故に堪ふる
                                           故に保存が効く
  

 ヒトハモト ナカコココロハ  ひともと なかここころは    人は元       中子心派  
                                 人は元来        霊も霊の結も

 ヒツキナリ スクニマカレハ  ひつきなり すくまかれは    日月なり      直ぐに罷れば
                               日月(陽陰)の神霊なり    曲らずに罷れば

 アヒコタエ アメノミヤヰニ  あひこたえ あめのみやゐに    合ひ応え      陽陰の宮居に
                                  中子・心派と
                                 日月が共鳴して

 カエサント ケモノニナルオ  かえさと けものなるお    還さんと      獣になるを

 トトムナリ          ととむなり            止むなり
  
       ワカツネノミケ        わかつねみけ              我が常の食

 チヨミクサ ヨノニカナヨリ  ちよみくさ にかなより    千齢見草      余の苦菜より

 モモニカシ ニカナノミケニ  ももにかし にかなのみけに    百々苦し      苦菜の食に

 ナカラエテ タミユタカニト  なからえて たみゆたかにと    永らえて      民 豊かにと

 クニヲサム          くにをさむ            国治む
  
       ワレミルススキ        われみるすすき              我見る鈴木

 チヱヨタヒ ワカミモコトシ  ちゑたひ わかみことし    千枝四度       我が身も今年
                                  (6万年×4)

 フソヨヨロ イマタサカリノ  ふそよよろ いまたさかりの    二十四万(歳)    いまだ盛りの

 カキツハタ ノチモモヨロオ  かきつはた のちももよろお    杜若        後 百万(年)を

 フルモシル          ふるしる            経るも知る
                                 永らふことも承知している
   
       クスヒヨクキケ        くすひよくきけ              クスヒよく聞け

 ココリヒメ カタレルコトハ  ここりひめ かたれることは    ココリ姫      語れる如は
                                        (「語る」の連体形)

 トコタチノ ヤモオメクリテ  とこたちの やもめくりて    トコタチの     八方を恵りて

 ニシノクニ クロソノツミテ  にしくに くろそのつみて    西の地       クロソノツミテ

 カニアタル ナモアカカタノ  あたる あかかたの    "" に当る     名も赤県の
                                   (夏)

 トヨクンヌ ヨヨヲサムレト  とよくんぬ よよをさむれと    トヨクンヌ     代々治むれど
                                         <以来>

 トシオヘテ ミチツキヌルオ  として みちつきぬるお    年を経て      道 尽きぬるを
                                           和の道の尽きたるに
  
  

 ウケステメ ネノクニニキテ  うけすてめ ねのくにて    ウケステメ     根の国に来て
                                  (西王母)

 タマキネニ ヨクツカフレハ  たまきねに よくつかふれは    タマキネに     よく仕ふれば
                                  (東の君)

 ミニコタエ ココリノイモト  みにこたえ ここりのいもと    実に応え      ココリの妹と
                                  心を打たれ

 ムスハセテ ヤマノミチノク  むすはて やまのみちのく    結ばせて      和の道奥

 サツケマス          さつけます            授けます
  
       ヨロコヒカエル        よろこひかえる              喜び帰る

 ウケステメ コロヒンキミト  うけすてめ ころひんきみと    ウケステメ     コロヒン君と

 チナミアイ クロソノツモル  ちなみあい くろそのつもる    因み合い      クロソノツモル

 ミコウミテ          みこうみて            御子生みて
  
       ニシノハハカミ        にしのははかみ              西の母尊

 マタキタリ コロヤマモトハ  またきたり ころやまもとは    また来たり     「コロ山下は
                                      <て>    崑崙山の麓は
 オロカニテ シシアチタシミ  おろかにて ししあちたしみ    愚かにて      肉味嗜み

 ハヤカレシ モモヤフモモソ  はやかれ ももふももそ    早枯れし      百や二百(歳)ぞ

 タマユラニ チヨロアレトモ  たまゆらに ちよろあれとも    たまゆらに     千・万(歳)あれども

 ヒヒノシシ シナキミイテテ  ひひのしし しなきみいてて    弥々の肉      シナ君 "出でて

 チヨミクサ タツヌトナケク  ちよみくさ たつぬなけく    千齢見草      尋ぬ" と嘆く」
  
  
 ワカミミモ ケカルルアカオ  わかみみも けかるるあかお    我が耳も      '穢るる垢を

 ミソキセシ ナカラフミチオ  みそき なからふみちお    禊せし       永らふ道'を
                               祓うことに他ならぬ

 ヨロコヘハ カレオナケキテ  よろこへは かれおなけきて    喜べば       枯れを嘆きて

 ミチサツク          みちさつく            道授く
  
       オモエイノチハ        おもえいのちは              思え命は

 ミノタカラ コトワサモセナ  みのたから ことわさせな    身の宝       殊業もせな
                                        <保つには>
  

 ヨロキミモ ヒトリイノチノ  よろきみも ひとりいのちの    万君も       ひとり命の

 カワリナシ トキコヌカレハ  かわりなし ときかれは    変わりなし     時来ぬ枯れは
                                   違いなし

 クルシミテ タマノヲミタレ  くるしみて たまのをみたれ    苦しみて      霊の結 乱れ

 アニアエス          あえ            天に和えず
   [カ]              [かえ]               [還えず]
  
       ヨアヒタモチテ        よあひたもちて              齢 保ちて
 アニアカル トキハタノシミ  あにあかる ときたのしみ    天に上がる     時は楽しみ

 マカルナリ          まかるなり            罷るなり
  
       コレココナシノ        これここなし              これ菊菜の

 トキマチテ カルルニホヒモ  ときまちて かるるにほひも    時 全ちて      枯るる匂も
                                  齢を全うして           <また全し>

 ヒトノミモ スカカテハミテ  ひとも すかかてはみて    人の身も      清糧食みて

 ヨロホヱテ カルルニホイモ  よろほて かるるにほいも    万穂得て       枯るる匂も

 ココナシソ オモムロスクニ  ここなしそ おもむろすくに    菊菜ぞ       骸 直ぐに

 カンカタチ          かんかたち            神形
  
       カシシハクサク        かししくさく              汚肉は臭く

 ヲモミタレ トクハアラヒミ  みたれ とくあらひみ    も乱れ      解くは洗身
                                霊の結も乱れる  <それを>

 ウルトナモ          うるとなも            潤留菜も
  
       ココナヒツキノ        ここなひつきの              菊菜 日月の

 ミタネユエ クエハメノタマ  みたねゆえ くえたま    霊胤ゆえ      食えば目の玉
                                                見識

 アキラカニ アヒモトムナリ  あきらかに あひもとむなり    明らかに      合ひ求むなり
                                      <なる故>     合せ寄る

 アメノミチ ナスヒトカミニ  あめのみち なすひとかみに    陽陰の道      なす人 神に
                                          <それを>

 アヒモトム ユエニココナシ  あひもとむ ゆえにここなし    合ひ求む      故に菊菜
                                  合せ寄る

 メツムコレカナ        めつむこれかな          愛つむこれかな
  
  

 最終更新:2016/06/23

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】