つかる  ツカル  tukaru

  

【連る・鎖る・綴る・(仕る・番る・支る)】
A: 合う/合わす。結ぶ。つなぐ。連ねる。閉じる。対にする。

『これそさのをの おろちおは つかりやすかた かみとなし』ホ39

 
つく(付く・着く)」と同義語「かる(交る)」の合成。
ここでは「A: 合う/合わす・結ぶ・連ねる」などの意。

変態:「つかぬ(束ぬ)」「つかふ(仕う・番う・継がふ)」「つかむ(掴む)
類語:「つなく(繋ぐ)」「つらぬ(連ぬ)
派生語:「つから(仕ら)」「つかり(連り)」

 
   

【疲る・(尽かる・費かる・潰かる)】
E: 負の方向に離れる。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『をさかおこれは たみつかる つかれてわさも からかれと』ホ21
『みなつかれふし ねふるとき たかくらしたに ゆめのつけ』ホ29
『たひおそく しかれはこたえ ゆきおもく つかれねふりて くれしらす』ホ39
『またいふよたり あひまちそ なんちはかりか なとつかるホ39
『かけはしつたひ むまゆかす くもわけあゆみ うえつかれホ39

 
つく(潰く・費く)」と同義語「かる(枯る)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「そこぬ(損ぬ)」「すかる(尽る・末枯る)」「つくむ(噤む)」「すくむ(竦む)」
派生語:「つかれ(疲れ)

  
 

【津軽】<地名>
下・隅に離れるさま。果て。辺境。辺鄙。

『うつしくにたま おほなむち つかるうもとの かみとなる』ホ10
つかるには ぬまほりあけて たみつうむ あそへのおかの ゐゆきやま』ホ24
『たけうちに ほつましるへの みことのり きたよりつかる ひたかみや』ホ38
つかるゑみしは みちひこに なそかたはつほ ささけしむ』ホ39

 
「つかる(尽かる・費かる・潰かる)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・隅にある・果てる」などの意。

類語:「ひすみ(日隅)」「あそへ(彼辺)」「あかる(散る)」「しまつ(島津)」「うもと(倦没)」「むつ(陸奥)

  

10/12/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】