あそへ  アソヘ  asohe

  

【(遊べ・離辺)】
(下・隅に) 離れるさま。外れ。辺境。辺鄙。

『たまふあそへの あかるみや』ホ10
『あふゆおうくる おほなむち あかるあそへ うもとみや』ホ10
『つかるには ぬまほりあけて たみつうむ あそへのおかの ゐゆきやま』ホ24

 
あそふ(遊ぶ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・それる・外れる」などの意。
また「あす(褪す・彼す」+「へ(辺・端・方)

類語:「つかる(津軽)」「ひすみ(日隅)」「あかる(散る)」「しまつ(島津)」「うもと(倦没)」「むつ(陸奥)

  

10/06/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】