あす  アス  asu

  

【圧す・(合す・和す・治す)】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。

変態:「あつ(当つ)」「うつ(打つ)」「おす(押す)
派生語:「あさ(治・朝)」「あし(和・治)」「あすか(濯か)」「しらす(領らす)」「ゆらす(緩らす)

 
 

【(離す・放す・発す・外す・褪す)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。
そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「うす(失す)」「いす(逸す)」「いつ(出づ)
派生語:「あそふ(遊ぶ)」「あすか(濯か)」「あし(足)」「あさむく(欺く)」「あそ(明)

 
 

【(明す)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。還る/還す。改まる/改める。

『いかるかの みやにうつりて そのあすか うてなによもお のそむおり』ホ20

 
変態:「いす(濯す)」「ゆす(揺す)」「おつ(復つ・変若つ)」「ます(回す)」「みす(
廻す)」「もつ(戻つ)」「わつ(渡つ)
派生語:「あさ(朝)」「あす(翌)」「あした(明方)

 
 

【(上す・熟す・栄す・馳す)・焦す・填す】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

『なんちめかちに とふへしと うすめむねあけ もひほさけ あさわらいゆく』ホ24
『さむれはやたの からすあり おおちかうかつ あすかみち』ホ29
『このはかまろは はひきなす なまろくろまろ あすはなす』ミ8

 
変態:「はす(馳す)
派生語:「あし(葦)」「てらす(照らす)」「あさこ(麻)」「あそ(阿蘇)」「あさま(浅間)」「ぬらす(濡らす)」「あさと(朝臣)」「あさ(麻)」「あすす(上寿す)

 
  

【浅す・褪す・(彼す・失す・果す・悪す)】
E: 負の方向に離れる/離す。「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

変態:やす(痩す)」「わす(忘る)
派生語:「あさける(嘲る)」「ぬゑあしもち(萎褪没)」「からす(枯らす・烏)」「あそへ(遊べ・彼辺)」「こらす(懲らす)」「あし(悪し)」「たらす(垂らす)

 
 

【(明)】
改まり。新たなさま。次のサイクルに入るさま。翌。

『みあつけれはや あすみあさ さむかわあひる』ホ2
あすふためくり みめくりと つきにみそわの めくりまし』ホ14
『みたねゑて ははにますいき みもむその あすはなもふそ』ホ16
『ややししおもり めくりへる あすむそみたひ つきむそふ』ホ16
『むつほねもなり ととのえは そのあすみかに とよつみか』ホ25

全部見る 

 
「あす(
明す)」の名詞化。
ここでは「
C: 回る/回す・行き来する/させる・還る/還す・改まる/改める」などの意。

変態:「あさ(朝)

 
 

【明日】
翌日。明くる日。みょうにち。

『のみのすくねも よろこへは あすくらへんと みことのり』ホ35
『こたえいふ あすかもかみの みまえにて こめさためんと ともにゆく』ホ37

 
あすか(明日)」の略。

類語:あすのひ(明の日)あした(明日)

 
 

【(栄す)・明見】<地名:ハラミ八湖の一>

『たちからを やもにほらしむ うみのなも きはやまなかと きねはあすホ24

 
「あす(栄す)」の名詞化。

    

10/03/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】