あし  アシ  asi

  

【(和・治)】
やわし。治め。直し。調和。中。

『ひかしはやまと ひたかみも にしはつきすみ あしはらも』ホ2
『これもまた このかすならす あしふねに なかすあはちや』ホ3
『つくねおあはす そのすゑは あしつみかわの しまつひこ』ミ10

 
あす(和す・治す)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・和す・調和する・平る」などの意。

変態:「あさ(治・朝)
派生語:「あしはら(葦原・治原)

 
 

【葦・(栄・映)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま
 ● 高地。高原。山岳。

『みかつちか とらへてなくる あしかひの おそれてにくる しなのうみ』ホ10

 ●繁茂。繁栄。雑草。 ち(茅)。あさ(麻)。

『ひかしはやまと ひたかみも にしはつきすみ あしはらも』ホ2
『これもまた このかすならす あしふねに なかすあはちや』ホ3
ちゐものあしも みなぬきて たとなしたみも にきはえは』ホ23
あしのねさ もとよりあらひ いわねこも みなふしなひけ をさむるは』ホ27
『いろくにと なつけあのみち はのみちも あしのことくに たつゆえに』ミ6

 
あす(上す・明す・栄す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:あち(阿智・阿治)」「はし(愛・栄・映)」「あさ(麻)」「あそ(阿蘇)うさ(宇佐)
派生語:「あしはら(葦原)」「あしかひ(葦萱・葦牙)

 
 

【(明・翌)】
1回転して始点に戻るさま。更新。改まるさま。新たなさま。

『こといちしるし われあした くしけにいらん わかすかた なおとろきそ』ホ34

 
あす(明す)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・還る・循環する・更新する」などの意。

変態:「あさ(朝)」「あす(翌)

 
 

【(悪・浅・褪)】【足・脚】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『しこめにおはす よしあしお しれはあしひく よもつさか』ホ5
『たかおはりへか せひひくて あしなかくもの おおちから』ホ29

 ● 果て。端。鄙。辺境。 =そし(疎)さた(佐太)

『さたのあれをさ あしなつち そをのてにつき やめうめと』ホ9
『おとあしなつか めおこゑは ななひめまては かみくらふ』ホ28

 ● 足。下。末。下部。末の部分。 ●足取り。歩き。

『いなやしこめき きたなきと あしひきかえる』ホ5
『しこめにおはす よしあしお しれはあしひく よもつさか』ホ5
『いなたひめ これもはまんと たらちねは てなてあしなて いたむとき』ホ9
『せくくまり ぬきあしなすも つちのかみ めくみによりて またつけす』ホ17
さそあしなんと はにしらん いやすりたける』ホ17

全部見る 

 
あす(褪す・悪す)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

 
 

【悪し】
負の方向に離れる如し。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」如し

はらあしことは なかるへし はらやめぬまに たえにさとせよ』ホ13
『うくめくたみに めもけかれ あしきうたゑに みみけかれ』ホ15
『こころはあしき わさなせは みやひなかこに つくあわれ』ホ17
『ときみまこ しるしささけて のちおこふ あめはたあしく ゆるされす』ホ21
『あねいわなかお めせはその かたちするとく みめあしくホ24

全部見る 

 
あす(褪す・悪す)」+「し(形容詞語尾)」の合成。

変態:「うし(憂し)
類語:
わろし(悪し)

  

10/03/01

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】