あさ  アサ  asa

  

【朝・(翌・明日)】
改まったさま。一巡して始点に還るさま。
 ● 日の改まり。翌日。日が新たになる時。朝。

『みなみむき あさきおうけて なかいきの みやのうしろお きたといふ』ホ1
『そのうゑにたつ あさひみや きみねんころに まつりして』ホ6
『このみはめして あさことに あめつちまつり たらちねに つかふみこころ』ホ16
『いせにいたりて をんかみに あさゆふつかえ まつらしむ』
としのあさ うたえそむるお とりみれは わかのうたあり』
ホ25

全部見る 

 
あす(明す)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・還る・改まる」などの意。

変態:「あす(翌・明日)
類語:「ひのて(日の出)

  
 

【朝・(治)】
合わせ。和し。治め。まつり(纏り・政)

『さをしかやつの をんみみに きこしめさるる あさまつりホ序

 
あす(和す・治す)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・まとめる・治める」の意。

※「朝廷」は「治めの場=まつりの庭」というのが本来の意。

変態:「をさ(治)」「あし(和)
派生語:「あさまつり(治政・朝政)

 
 

【麻】
1.栄えるもの。生い茂るもの。 =あし(葦)
2.1を紡いだ糸。またそれを織った機。

『ゆみはりにうむ いうとあさ をとたなはたの ほしまつり』ミ7

 
あす(上す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟成する・優れる・勝る」などの意。

変態:「あし(葦)」「あそ(阿蘇)うさ(宇佐)
類語:「ち(茅)」「あさこ(麻)」「まを(真麻)
独り言:「うさ(鬱・宇佐)=うっそう(鬱蒼)」

 
 

【浅】
負の方向に離れるさま。「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」さま

あす(浅す・褪す)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」の意で、「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」などの意。

変態:「あせ(褪せ)」「うす(薄)」「やせ(痩せ)」

  

10/01/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】