【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 ヒコミコトチオヱルノアヤ   ひこみことゑるあや     ヒコ尊 'ち'を得るの文
                                    (鉤/幸/治)
  
 ミソフスス コモヱフソミホ  みそふすす こもふそみ    三十二鈴      九百枝二十三穂

 ウツキハツ ワケイカツチノ  うつきはつ わけいかつちの    四月初       ワケイカツチの

 アマキミハ フカキオモヒノ  あまきみは ふかきおもひの    天君は       深き思ひの

 アルニヨリ オオシマオシテ  あるより おおしまて    あるにより     オオシマをして

 アワウミノ ミツホノミヤオ  あわうみの みつほのみやお    アワ海の      ミツホの宮を

 ツクラシム ナレハヒオミテ  つくらしむ なれて    造らしむ      「成れば日を見て
 ウツラント          うつらと            移らん」と
  

       サキニタラチヲ        さきたらちを              先にタラチヲ
                                             (オシホミミ)

 ヒタルトキ ハコネノホラニ  ひたるとき はこねのほらに    ひたる時      ハコネの洞に

 イリマスオ ハハチチヒメハ  いりますお ははちちひめは    入りますを     母チチ姫は

 コトアリテ イセニイタリテ  ことありて いせいたりて    言ありて       イセに到りて
                                 (遺言)

 ヲンカミニ アサユフツカエ  をんかみに あさゆふつかえ    御神に       朝夕仕え
                                (アマテル)

 マツラシム          まつらしむ            奉らしむ
                    (尊敬)                   →ホ27
  
       ソヨロトシヘテ        そよろとして              十万年経て

 イマカレニ ハコネニモフテ  いまかれに はこねもふて    いまかれに     ハコネに詣で
                                  久しぶりに

 ヌサササケ ソレヨリイセニ  ぬさささけ それよりいせに    幣 捧げ       それよりイセに

 ミユキナル ヲンカミオヨヒ  みゆきなる をんかみおよひ    御幸なる      御神および

 チチヒメオ オカミテアワノ  ちちひめお おかみあわの    チチ姫を      拝みてアワの

 ミツホクニ ミヤウツシナル  みつほくに みやうつしなる    ミツホ国      宮移し成る
  
  
 ムメヒトハ ハラニトトマリ  むめひとは はらととまり    ムメヒトは     ハラに留まり
                                         (ハラアサマ宮)

 マツリコト コヤネアツカリ  まつりこと こやねあつかり    政事        コヤネ預り
                                         <は>

 モノヌシハ トモナスユエニ  ものぬしは ともなすゆえに    モノヌシは     供なす故に
                                  (コモリ)    <君の>

 ミソクイオ ソエモノヌシト  みそくいお そえものぬしと    ミゾクイを     副モノヌシと
                                                 <して>

 ハラノモリ          はらもり            ハラの守り
  
       ニハリニイマス        にはりいます              ニハリに居ます

 スセリミヤ ムカシノアトニ  すせりみや むかしあとに    スセリ宮      昔の跡に
                                         (ウカワ仮屋)

 イマツクル ウカワノミヤニ  いまつくる うかわのみやに    今 造る       ウカワの宮に
                                 改めて造る

 ウツリマス          うつります            移ります      →ホ24
  
       フタアレスソノ        ふたあれすその              二荒裾の
                                           (二荒山)

 ウツミヤハ オオツシノミヤ  うつみやは おおつしのみや    ウツ宮は      オオツ・シノ宮
                                 (ヒコホオテミ)

 イマツクリ コレタマワリテ  いまつくり これたまわりて    今造り        これ賜わりて

 ウツリマス トキニイミナノ  うつります ときいみなの    移ります      時に斎名の
                                            (ウツキネ)

 ユエアレハ ウカワオコエト  ゆえあれは うかわこえと    故あれば       ウカワを乞えど
                                     →24文

 ユルサレス          ゆるさ            許されず
  
       ツネニカリシテ        つねかりて              常に狩りして

 タノシメハ ヤマサチヒコト  たのしめは やまさちひこと    楽しめば      "山鉤彦" と

 マタスセリ ツリタノシメハ  またすせり つりたのしめは    またスセリ     釣り楽しめば

 サチヒコト          さちひこと            "鉤彦" と
  
       キミハミツカラ        きみみつから              君は自ら
                                          (ニニキネ)

 ミカリナス ニシナカクニノ  みかりなす にしなかくにの    巡幸りなす     西中国の

 ヤマオモテ イセキツツミニ  やまおもて いせきつつみに    山表        堰・堤に
                                  (山陽)

 アラタナス          あらたなす            新田成す
  
       ニシニイタリテ        にしいたりて              西に到りて

 ハケヤマオ トエハアレオサ  はけやまお とえあれおさ    禿山を       問えば粗長

 アキトイフ アルナニテ  あきいふ あるにて    "アキ"と言ふ     「木の有る名にて
                                  (安芸)

 ナキイカン コレオロチアリ  なきいかん これおろちあり    無き如何」      「これオロチあり

 クニカミノ ヒメオノムユエ  くにかみの ひめのむゆえ    国守の       姫を呑む故

 ミナヤケハ ニケテヒカワニ  みなやけは にけひかわに    皆 焼けば      逃げてヒカワに
                               <木を>

 キラレケル シカレトヤマハ  きらける しかれとやまは    斬られける     然れど山は

 カフロナリ イマニキコリノ  かふろなり いまきこりの    禿なり       今にきこりの

 イトマアキ          いとまあき            暇飽き」 
 
       アマキミエミテ        あまきみえみて              天君 笑みて

 ナケクナト アカツチカミニ  なけくと あかつちかみに    「嘆くな」と    アカツチ守に

 コレヲシヱ ヒスキノタネオ  これをしゑ すきたねお    これ教え       檜・杉の種を

 ウヱサシム トトセニナリテ  うゑさしむ とせなりて    植えさしむ     十年に成りて

 ミネコモル タミツモタエス  みねこもる たみつたえ    峰 籠る       田水も絶えず
                                              →スヘヤマズミ

 クニユタカ          くにゆたか            国 豊か
  
       マタヤマカケモ        またやまかけも              また山陰も

 ミメクリテ トコロトコロニ  みめくりて ところところに    巡恵りて      所々に

 イセキナシ タカタヒラキテ  いせきなし たかたひらきて    堰 成し       高田拓きて

 カエリマス ユタカナルトシ  かえります ゆたかなるとし    帰ります      豊かなる年

 ミヨロヘル          みよろへる            三万経る
  
       トキニツクシノ        ときつくしの              時にツクシの

 ヲサマラテ ミコミクタリオ  をさまら みこみくたりお    治まらで      御子御下りを

 コフユエニ キミキコシメシ  こふゆえに きみきこしめし    乞ふ故に      君 聞こし召し

 シノミヤオ ツクシヲキミト  しのみやお つくしをきみと    シノ宮を      ツクシ央君と
                                 (ウツキネ)

 ミコトノリ          みことのり            御言宣
  
       ウツキネハラノ        うつきねはらの              ウツキネ ハラの

 ミヤニユキ イトマオコエハ  みやゆき いとまこえは    に行き      暇を乞えば
                              ハラアサマ宮

 ムメヒトモ トモニノホリテ  むめひとも とものほりて    ムメヒトも     共に上りて

 ミツホナル アマキミヲカム  みつほなる あまきみをかむ    ミツホなる     天君拝む
  

 トキニキミ ツクシハカテノ  とききみ つくしかての    時に君       「ツクシは糧の

 タラサルカ テレハユキミテ  たらさるか てれはゆきみて    足らざるか     てれば行き巡て

 タオマサン カレムメヒトオ  まさ かれむめひとお    田を増さん     故ムメヒトを

 ヲキミトス コヤネモノヌシ  をきみ こやねものぬし    央君とす      コヤネモノヌシ
                             <ミツホの>                (コモリ)

 モロトモニ ココニトトマリ  もろともに ここととまり    両共に       ここに留まり

 マツリキケ          まつりきけ            政 聞け」
  
       ウツキネスセリ        うつきねすせり              「ウツキネスセリ

 キタノツニ ユキテヲサメヨ  きたのつに ゆきをさめよ    キタノツに     行きて治めよ

 イササワケ アレハムツメヨ  いささわけ あれむつめよ    イササワケ     あれば睦めよ」
  
  
 アマキミハ ニシノミヤヨリ  あまきみは にしのみやより    天君は       西宮より

 カメニノリ ツクシウマシノ  かめのり つくしうましの    カメに乗り     尽しウマシの

 ウトニツキ ツクシアマネク  うとつき つくしあまねく    ウドに着き     筑紫あまねく
                                  (鵜戸)

 メクリカリ イセキツツミニ  めくりかり いせきつつみに    恵り回り      堰・堤に

 アラタナス          あらたなす            新田成す
  
       ノリサタムレハ        のりさたむれは              法 定むれば

 スミヨシノ マコホタカミヤ  すみよしの まこほたかみや    スミヨシの     孫ホタカミや

 シカノカミ ツクシニコエハ  しかのかみ つくしこえは    シガの守      ツクシに乞えば
                                            (筑前・後)

 ソヲノハテ カコニコエトモ  そをはて かこにこえとも    ソヲハテ     カゴに乞えども
                                           (鹿児島)
  

 ヒメモスニ ツキスムマテモ  ひめもすに つきすむまても    ひめもすに     月澄む迄も

 ミオツクシ ミトセニサシヱ  みおつくし とせさしゑ    実を尽し      三年に指絵
                                 (心)

 ホホナリテ ツクリオコナイ  ほほなりて つくりおこない    ほぼ成りて     造り行い

 ヲサメシム          をさめしむ            治めしむ
  
       ノチニミツホニ        のちみつほに              後にミツホに

 カエマセハ ムメヒトヲキミ  かえませは むめひとをきみ    帰えませば     ムメヒト央君

 シワカミノ ホツマノミヤニ  しわかみの ほつまのみやに    シワカミの     ホツマの宮に

 カエリマスカナ        かえりますかな          帰りますかな

  
  
 ヱトノミヤ キタツニアリテ  ゑとみや きたつありて    兄弟の宮      キタツにありて

 ココロミニ ウミサチヒコカ  こころみに うみさちひこか    試みに       海鉤彦が

 サチカエン ヤマサチヒコモ  さちかえ やまさちひこも    「鉤 換えん」    山鉤彦も

 ウナツキテ ヱハユミヤトリ  うなつきて ゆみやとり    頷きて       兄は弓矢取り

 ヤマニカル トハウミニイリ  やまかる うみいり    山に狩る      弟は海に入り

 ツリオナス          つりなす            釣をなす
  
       トモニムナシク        ともむなしく              共に空しく

 サチアラス ヱハユミヤカエ  さちあら ゑはゆみやかえ    サチあらず      兄は弓矢返え
                                 (見返り)

 チオモトム トハチオトラレ  もとむ とはちおとら    鉤を求む      弟は鉤を取られ

 ヨシナクテ ニイチモトメハ  よしなくて にいもとめは    由なくて      新鉤求めば
                                             調達せば

 ヱハウケス          ゑはうけ            兄は受けず
  
       モトチハタレハ        もとはたれは              元鉤 徴れば

 タチオチニ ヒトミニモレト  たちに ひとみもれと    太刀を鉤に     一箕に盛れど
                                太刀を潰して鉤を造り    一杯に盛れど

 ナオイカリ サワナキモトノ  なおいかり さわなきもとの    なお怒り      多なき元の

 チオハタル          ちおはたる            鉤を徴る
  
       ハマニウナタレ        はまうなたれ              浜に頂垂れ

 ウレフトキ カリワナニオツ  うれふとき かりわなおつ    憂ふ時       雁 罠に陥つ

 コレオトク シホツツノヲチ  これとく しほつつをち    これを解く     シホツツの老翁
                               (自分の姿を写し見る)

 ユエオトフ ママニコトフル  ゆえとふ ままことふる    故を問ふ      ままに答ふる
                                          ありのままに答える

 ヲチイワク キミナウレヒソ  をちいわく きみうれひ    老翁曰く       「君な憂ひそ

 ハカラント          はからと            図らん」と
  
       メナシカタアミ        めなしかたあみ              目無し交網

 カモニイレ ウタフタツケテ  かもいれ うたふたつけて    カモに入れ     歌札付けて
                                        <交網に>

 キミモノセ ホアケトモツナ  きみものせ あけともつな    君も乗せ      帆上げ 艫綱

 トキハナツ ツクシウマシノ  ときはなつ つくしうましの    解き放つ      尽しウマシの

 ハマニツク          はまつく            に着く
                                (=鵜戸)
  
       カモアミステテ        かもあみすてて              カモ・網 棄てて
 ユキイタル ソヲハテカミノ  ゆきいたる そをはてかみの    行き到る      ソヲ ハテ守の

 ミツカキヤ ウテナカカヤク  みつかきや うてなかかやく    瑞垣や       大殿輝く
                                 鵜戸神宮?      大殿を輝かす

 ヒモクレテ ハヱハユツリハ  くれて はゑはゆつりは    日も暮れて     ハヱ葉譲葉

 シキモシテ イネモセテマツ  しきもして いねまつ    繁き茂して     寝もせで待つ
                                          寝ずに日の出を待つ
 アマノトモ          あまとも            海女の共
                                    (連中)
  

       アケテムレテル        あけむれてる              明けて群れ出る
                                          <年が>

 ワカヒメカ マリニワカミツ  わかひめか まりわかみつ    若姫が       椀に若水

 クマントス ツルヘハヌレハ  くま つるへはぬれは    汲まんとす     つるべ撥ぬれば
                                               上げれば

 カケウツル オトロキイリテ  かけうつる おとろきいりて    影 写る       驚き入りて

 タラニツク ソラツカミカハ  たらつく そらつかみかは    親に告ぐ      「空つ尊かは

 マレヒトト          まれひとと            稀人」と
  
       チチハミハモオ        ちちみはもお              父は御衣裳を

 ノソミミテ ヤヱノタタミオ  のそみて やゑたたみお    望み見て      八重の畳を
                                     →織法

 シキモウケ ヒキイレマシテ  しきもうけ ひきいれまして    敷き設け      率き入れ申して

 ユエオトフ キミアルカタチ  ゆえとふ きみあるかたち    故を問ふ      君 ある形

 ノタマエハ ハテカミシハシ  のたまえは はてかみしはし    宣給えば      ハテ守しばし

 オモフトキ ウトモリキタリ  おもふとき うともりきたり    思ふ時       ウド守来たり
                                                 <て>

 カタアミノ タカカモカアル  かたあみの かもある    「交網の      誰がカモか有る
                                          何者かのカモ船がある

 トシノアサ ウタエソムルオ  としのあさ うたえそむるお    年の朝       歌得 添むるを
                                          歌札が付いているので
 
 トリミレハ ワカノウタアリ  とりみれは わかのうたあり    取り見れば     ワカの歌あり」
  
  
 シホツツカ メナシカタアミ  しほつつか めなしかたあみ   『シホツツが     目無し交網

 ハルヘラヤ ミチヒノタマハ  はるへらや みちひのたまは    張るべらや     満干の珠は

 ハテノカンカセ        はてのかんかせ          果ての神風』
  
  
 トキニハテ モロアマメシテ  ときはて もろあまめして    時にハテ      諸海女 召して

 コレオトフ ヒキメハヒカン  これとふ ひきめひか    これを問ふ     ヒキ女は「引かん
                                                 張らん

 アラコアミ クチメカツリモ  あらこあみ くちめつりも    粗籠網」      クチ女が「釣り」も

 ヨシナシヤ アカメヒトリハ  よしなしや あかめひとりは    由なしや      アカ女一人は

 メナシアミ          めなしあみ            「目無し網
  
       ココニハテカミ        ここはてかみ              ここにハテ守

 モロアマオ アカメニソエテ  もろあまお あかめにそえて    諸海女を      アカ女に添えて

 メナシアミ ヨモヒレトレハ  めなしあみ よもひれとれは    目無し網      四方翻れ躍れば

 オオタイカ クチオカミサキ  おおたいか くちかみさき    大鯛が       クチを噛み裂き

 マエニヨル          まえよる            前に寄る
  
       アカメハクチニ        あかめはくちに              アカ女はクチに

 モトチヱテ タイオイケスニ  もとて たいおいけすに    元鉤得て       鯛を生簣に

 マツヘシト ツクレハハテハ  まつへしと つくれはては    「待つべし」と   告ぐれば ハテは

 サキニシル ユメニタイキテ  さきしる ゆめにたいて    先に知る      夢に鯛来て

 ワレウオノ ヨシナキタメニ  われうおの よしなきために    「我 魚の      由なきために

 クチササク ワレハミケニト  くちささく われはみけにと    クチ捧ぐ       我は御食に」と
  
  
 ミコトノリ タイハウオキミ  みことのり たいうおきみ    御言宣       「鯛は魚君

 ミケノモノ シルシハウロコ  みけのもの しるしうろこ    厳の物       印は鱗

 ミツニヤマ ウツシテカエス  みつやま うつしかえす    三つに山       移して換す
                                 (三鱗)       鱗を山に置き換える

 ミツヤマノ タイハコレナリ  みつやまの たいはこれなり    三つ山の      鯛はこれなり

 クチハイム アカメオホメテ  くちいむ あかめほめて    クチは忌む」    アカ女を褒めて

 ヨトヒメト          よとひめと            "淀姫" と
  
       キミハチオヱテ        きみて              君は鉤を得て

 ヨロコヒニ シカノカミシテ  よろこひに しかのかみて    喜びに       シガの守して

 カエサシム ワニニノリユキ  かえさしむ わにのりゆき    返さしむ      ワニに乗り行き

 シノミヤテ ヤマクイマネキ  しのみやて やまくいまねき    シノ宮で      ヤマクイ招き

 モロトモニ ウカワニユケハ  もろともに うかわにゆけは    両共に       ウカワに行けば
                                           (ウカワ宮)
  

 ミヤアイテ トエハヤマクイ  みやあいて とえはやまくい    宮 会いて      問えばヤマクイ
                               (ホノススミ)

 コレムカシ キミカチオカリ  これむかし きみかちおかり    「これ昔      君が鉤を借り
                                          (ホオテミ)

 トラレシオ イマトリカエシ  とらお いまとりかえし    取られしを     今 取り返し

 トミヤカラ シカノカミシテ  とみやから しかのかみして    弟宮から      シガの守して

 カエサシム シカハチオモチ  かえさしむ しかもち    返さしむ」     シガは鉤を持ち

 タテマツル          たてまつる            奉る
  
       ミヤウカカヒテ        みやうかかひて              宮 うかがひて

 ワカチソト イイツツタツオ  わかちそと いいつつたつお    「我が鉤ぞ」と   言いつつ立つを

 ソテヒカエ マチチトイエハ  そてひかえ まちちといえは    袖 控え       「待ちち」と言えば
 
 ミヤイカリ ミチナクワレオ  みやいかり みちなくわれお    宮 怒り       「道なく我を
                                             道理無く

 ナセノロフ ヱニハオトカラ  なせのろふ にはおとから    なぜ呪ふ      兄には弟から

 ノホルハス          のほるはす            上るはず」
  
       コタエテイナヤ        こたえいなや              応えて「否や

 クチイトオ カエテカスハス  くちいとお かえかすはす    朽ち糸を      換えて貸すはず

 シレハサチ シラネハオトエ  しれさち しらはおとえ    知ればサチ     知らねば弟へ
                                認めれば差し引き相殺

 コマハヒニ ワヒコトアレト  こまはひに わひことあれと    駒這ひに      詫び言あれ」と

 イエハナオ イカリテフネオ  いえなお いかりふねお    言えばなお      怒りて船を

 コキイタス          こきいたす            漕ぎ出す
 
       タマオナクレハ        たまなくれは              を投ぐれば

 ウミカワク シカオヒユキテ  うみかわく しかおひゆきて    海乾く        シガ追ひ行きて
                                (アワ海)

 フネニノル ミヤトヒニクル  ふねにのる みやとひにくる    船に乗る      宮 飛び逃ぐる
                               <宮の>             船を飛び降りる

 ヤマクイモ ハセユキミヤノ  やまくいも はせゆきみやの    ヤマクイも     馳せ行き宮の

 テオヒケハ シカマタナクル  ひけは しかまたなくる    手を引けば     シガまた投ぐる

 タマノミツ          たまのみつ            の水
  
       アフレテステニ        あふれすてに              溢れてすでに

 シツムトキ ナンチタスケヨ  しつむとき なんちたすけよ    沈む時       「汝 助けよ

 ワレナカク オトノコマシテ  われなかく おとこまて    我 長く       弟の駒して

 カテウケン ココニユルシテ  かてうけ ここゆるして    糧 受けん」     ここに許して

 ムカヒフネ ミヤニカエリテ  むかひふね みやかえりて    迎ひ船       宮に帰りて
                                          (ウカワ宮)

 ムツミテソサル        むつみてそさる          睦みてぞ去る
  
  
 ハテツミハ キミニモフサク  はてつみは きみもふさく    ハテツミは     君に申さく

 ワカコトテ トヨツミヒコト  わかことて とよつみひこと    「我が子」とて   トヨツミヒコと

 トヨタマメ タケツミヒコト  とよたまめ たけつみひこと    トヨタマ姫     タケツミヒコと

 オトタマメ ツレイテキミオ  おとたまめ つれいてきみお    オトタマ姫     連れ率て君を

 オカマシム          おかましむ            拝ましむ
  
       キミハツクシノ        きみはつくしの              君はツクシの
                                             (三十二県の)

 カミアツメ ワレツマイレン  かみあつめ われつまいれ    守集め        「我 妻入れん

 モロイカン トキニホタカミ  もろいかん ときほたかみ    諸 如何ん」     時にホタカミ

 モフサクハ サキニコフトキ  もふさくは さきこふとき    申さくは      「先に乞ふ時
                                        <御子下りを>

 キミノナモ ツクシノヲキミ  きみも つくしのをきみ    君の名も      ツクシの央君

 コレココノ アマツカミナリ  これここの あまつかみなり    これここの      和つ尊なり

 オマカセニ          おまかせに            お任せに
  
       ムカシハハキミ        むかしははきみ              昔 母君
                                           アシツ姫

 アマキミニ ヒトヨチキリテ  あまきみに ひとちきりて    天君に       一夜契りて
                                 (ニニキネ)

 ノチニメス キミマツハカル  のちめす きみまつはかる    後に召す      君まず諮る

 ナオヨシト カコシマミヤニ  なおよしと かこしまみやに    尚 好し」と     カゴシマ宮に

 ウツリマス          うつります            移ります
  
       トヨタマヒメオ        とよたまひめお              トヨタマ姫を

 ミキサキニ スケウチシモメ  みきさきに すけうちしもめ    御后に       典侍下侍

 フタリツツ ムツホネモナリ  たりつつ つほねなり    二人ずつ      六局も成り

 トトノエハ ソノアスミカニ  ととのえは そのあすに    調えば       その翌三日に

 トヨツミカ タマカサソロエ  とよつみか たまかさそろえ    トヨツミが     玉笠揃え

 タママリモ ムタリニモタセ  たままりも たりもた    玉椀        六人に持たせ

 ミツササク コエオソロエテ  みつささく こえおそろえて    水捧ぐ        声を揃えて
  
  
 モモヒナキ マクハイノチノ  ももひなき まくはいのちの   『モモヒナキ     交ぐ合ひ後の

 ミカノヒノ カワミツアヒテ  の かわみつあひて    三日の日の     川水浴びて

 ウヒチニノ カミカラシモヱ  うひちにの かみからしもゑ    ウヒチニの     上から下へ

 ハナムコニミツ        はなむこにみつ          花婿に水

 マイラセフ マイラセフ    まいらせふ まいらせふ      参らせふ      参らせふ』
                                                 水祝
  
 コノトキニ ミソフアカタノ  このときに みそふあかたの    この時に      三十二県の

 カミウタイ ヨロトタノシム  かみうたい よろたのしむ     歌い       万と楽しむ
                                            うんと
  
 シカルノチ サキノミユキノ  しかるのち さきみゆきの    然る後       先の御幸の
                                      <ニニキネの>

 イセキミナ ミココロソエテ  いせきみな みこころそえて    堰みな        実心添えて

 ニイタナス ツクシミソフノ  にいたなす つくしみそふの    新田成す       ツクシ三十二の

 ミメクリテ カコシマニマス  みめくりて かこしまます    巡恵りて      カゴシマに坐す

 トシトシニ ミノリモフエテ  としとしに みのりふえて    年々に       実りも増えて

 クニユタカ          くにゆたか            国 豊か
  
       コトシウエツケ        ことしうえつけ              今年植付け
                                          この年の田植えは

 テレトヨシ ウサノアカタニ  てれよし うさあかたに    照れど良し     ウサの県に
                                 少雨なれど良好

 ハヤラセテ サツキノモチノ  はやらて さつきもちの    流行らせて     五月の十五日の
                                            (梅雨の季節)

 ハルイワヒ          はるいわひ            春祝
                                (御田植祭)
  
       モチヰハヱシキ        もちゐはゑしき              餅飯・ハヱ 飾き

 ウケカミニ イハフホナカト  うけかみに いはふほなかと    ウケ神に      祝ふ 穂長と

 ユツリハノ ホツマアソヒノ  ゆつりはの ほつまあそひの    譲栄の       ほつま遊びの
                                             (田遊)

 ミツホウタ タノシニキハフ  みつほうた たのしにきはふ    瑞穂歌       楽し賑わふ

 トヨノクニ ミソフノアカタ  とよのくに みそふのあかた    トヨの国      三十二の県
                                  (豊の国)

 ミナハヤル          みなはやる            みな流行る
  
       カトマツハヱハ        かとまつはゑは              門松ハヱ葉

 ユツリハモ ハルシキカサル  ゆつりはも はるしきかさる    譲葉も       春 飾きかざる
                                            新春

 モトオリヤ          もとおりや            基や       
  
       トヨニキハヒテ        とよにきはひて              トヨ賑ひて

 ムヨロトシ ヘテモアソクニ  むよろとし てもあそくに    六万年       経てもアソ国
                                              (阿蘇)

 マタコエス カレミヤツクリ  またこえ かれみやつくり    まだ肥えず     故 宮造り
                                            (アソ宮

 ウツリマス ハオカンカエテ  うつります かんかえて    移ります      埴を考えて

 カソミネノ カソウオイレテ  かそみねの かそうおいれて    数峰の       数魚入れて

 タオコヤシ          こやし            田を肥やし
  
       カケロフノヒノ        かけろふのひの              陽炎の火の

 コエクニノ タケイワタツハ  こえくにの たけいわたつは    コエ国の      タケイワタツは
                                  (肥国)

 クツオアケ アソヒメユナニ  くつおあけ あそひめゆなに    沓を上げ      アソ姫 斎餞に

 タテマツル キミメシアケテ  たてまつる きみめしあけて    奉る        君 召し上げて

 ウチキサキ ココニモムヨロ  うちきさき ここにもむよろ    内后        ここにも六万

 トシオヘテ          として            年を経て
  
       シカノカミタハ        しかのかみたは              シガの守方は
                                            シガの守の県

 マタミテス ツクシノミヤニ  またみて つくしのみやに    まだ満てず     ツクシの宮に

 ウツリマス ハオカンカエテ  うつります かんかえて    移ります      埴を考えて

 アフラカス イレテカスヤノ  あふらかす いれかすやの    油粕         入れてカスヤの
                                               (粕屋)

 ハニミツル ソノホカミソノ  はにみつる そのほかみその    埴 満つる       そのほか三十の
                                   (「満つ」の連体形)   その他の三十県も
                                   (他下二)

 マネクユエ メクリカンカエ  まねくゆえ めくりかんかえ    招く故       巡幸り考え

 ツクシミヤ          つくしみや            尽し宮
 
       ユタカニコエテ        ゆたかこえて              豊かに肥えて

 タミヤスク ココニモムユロ  たみやすく ここにもむよろ    民安ぐ        ここにも六万

 トシオヘテ ミススノアイタ  として すすあいた    年を経て      三鈴の間

 シハラクモ ヤスマテタミオ  しはらくも やすまたみお    しばらくも     休まで民を

 タスユエニ キサキツホネモ  たすゆえに きさきつほねも    治す故に      后・局も
                                           (内宮)

 ミコウマス          みこうま            御子生まず
  
       カレコレオホシ        かれこれおほし              故 これ思し

 ミヤステテ ウトニイタレハ  みやすてて うといたれは    宮 棄てて      ウドに到れば
                             <ツクシの>

 ハテカミノ マネクカコシマ  はてかみの まねくかこしま    ハテ守の      招くカゴシマ

 ユキマサス キサキハチチニ  ゆきまさ きさきはちちに    行きまさず     后は父に
                                        (トヨタマ姫)

 コレオツク          これつく            これを告ぐ
  
       ハテカミウトニ        はてかみうとに              ハテ守 ウドに

 モフサクハ キミタノサスヤ  もふさくは きみたのさや    申さくは      「君 楽さずや

 シカラスソ ツホネハアレト  しからすそ つほねあれと    然らずぞ      局はあれど

 コオウマス カレニステオキ  うま かれすておき    子を生まず     故に棄て置き

 タタヒトリ ツレテシハラク  たたひとり つれしはらく    ただ一人      連れてしばらく
                                (トヨタマのみ)

 ココニアリ ツクシノタミオ  ここあり つくしたみお    ここにあり     ツクシの民を

 オモフハカリソ        おもふはかりそ          思ふ計りぞ」

  

  

 最終更新:2016/06/30

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】