あれをさ  アレヲサ  arewosa
あれおさ  アレオサ  areosa

  

【粗筬・粗長】
1.(経糸を)大まかにまとめる押え。

『へくゐにそろゑ あれをさに まきをさにいれ かさりかけ』ホ23

2.行政区画「あれ(粗)」の長。 =あれへ(粗侍)

『さたのあれをさ あしなつち そをのてにつき やめうめと』ホ9
『やよみもの あれをさへをみ つねのはそ もはやのかたは』ホ23
『やそてへひとり あれをさと なるおおとらか ちきりまく』ホ23
『そのかまて あれはあれおさ くみおよひ そうちはしかる』ホ23
『はけやまお とえはあれおさ あきといふ きのあるなにて なきいかん』ホ25
『われきくゑみし むねしのき あれおさもなく むらきみら あひおかしえる』ホ39

 
[1]
あれ(粗)」+「をさ(筬)
[2]
あれ(粗)」+「をさ(長)
「あれをさ(粗筬)」と同じで「大まかな束ね」の意。
いくつかの集落を合せた行政区画を「あれ(粗)」と言い、その統治者が「あれをさ」。

むら(村)」はその規模に関係なく、人が群がる場所を総称する語。
行政区画としては 粗(あれ)県(あかた)国(くに) となる。

  

10/02/04

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】