くに  クニ  kuni

  

【(陰)・地・国】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま

1.陽に対して「陰」。日に対して「月」。

『あめゆつるひは あのさきり くにゆつるつき はのさきり』ミ6
『おとめにと ななねにあたる くにいつね とめはみつねの あいぬなり』ミ10
『しゐたらさやわ めはくにの つきとみやひお あみやわせ ゐみちあらはす』ミ10

2.「天」に対して「地」。人の住む物質世界。世。地球。大地。土地。風土。

『いまににきねの さきみたま くにとこたちの わさみたま あらはるいつと』ホ序
『つふていかつち くにゆすり たみおゆすりて せめよする』ホ8
うつしくに やめるおいやし とりけもの ほおむしはらひ ふゆおなす』ホ9
『きみはあまてる つきひなり くにかみはその くにのてり たみもつきひそ』ホ13
『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきて』ホ14

全部見る 

 ●(中央に対して) 地方。 地元。ホームランド。故郷。自国。母国。

『あひみやお くにかけとなす』ホ1
『あわうたに をさむはらみの みやにゐて すてにやしまの くにうみて』ホ3
『もろともに くにくにめくり たみおたし』ホ4
『ちものものまも そのくにの しむにあつけて もろかえりけり』ホ8
『いさおしならは くにつかみ これそさのをの みことなり』ホ8

全部見る 

 ●行政区画としての国。 1国=80

『ををんたからの ゐもやすく やすくにみやと たたゑます』ホ序
『よろこひかえす きしゐくに あひのまゑみや たまつみや つくれはやすむ』
ホ1
『かれたるいねの わかかえる わかのうたより わかのくにホ1
こしくにの ひなるのたけの かんみやに きのみおもちて あれませは』ホ2
そさくににうむ そさのをは つねにおたけひ なきいさち くにたみくしく』ホ3

全部見る 

 ●国家。連邦。地の連合。中央集権を敷く連合。またその政治。

『やもやくたりの みこうみて みなそのくにお をさめしむ』ホ2
『これくにきみの はしめなり』ホ2
くにさつち さきりのみちお うけされは さつちにをさむ やみこかみ』ホ2
『ふたかみの うきはしにたち このしたに くになからんと』ホ18
『かくそみこころ つくしもて たみもゐやすく なすくに おのころしまとホ18

全部見る 

3.凝り固まったもの。埴。内臓器。 =五色埴五腑(五臓)

『たまきねの をしゑのおひは みみのはに しなわきまえて くにをさむ』ホ16

 
くぬ(朽ぬ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」などの意。陽陰の精製過程で重く沈んで凝った「陰・地」を表す。すなわち「天・陽」に対して「地・陰」、また「都 (中央)」に対して「国 (地方)」を表す。

変態:「くぬ(地)」「くん(地)こぬ(地)」「この(地)
類語:「はに(埴)」「つち(土)」「 (陰・地)」
こ(地)そこ(底)
派生語:「くにとことち(国常立)」「くにきみ(地君)」「くにさつち(国狭槌)」「くにたみ(国民)」「くにゑ(地絵)」「くにかけ(国懸)」「くにつかみ(地つ守)」「くにかみ(国守)

  

10/06/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】