はに  ハニ  hani
わに  ワニ  wani

  

【埴】
負の方向に離れるさま。 陰。下。底。最下層。

『あめのこころに みるはかみ はにとしはかみ このあちお ひとのみにしる』ホ17
『このあわや のとよりひひく はにのこえ くにおしらする たねなれは』ホ23

 ●沈殿・凝縮・凝固。 土。地。世。

『やかれてまさに おわるまに うむつちのかみ はにやすと みつみつはめそ』ホ5
はにすきまつる かみはかり ふつぬしよしと みないえは』ホ10
『あいうえお うつほかせほと みつはにの ましわりなれる みなかぬし』ホ18
『のてむすひ のかせにかわく くこはにに ひつめのあとは のらとみち』ホ18
『かくつちかみと はにやすめ ちなみてよろの おころうむ』ホ22

全部見る 

 ●凝り成った物。凝固物。 五色埴。内臓器。=五腑

『ちしるにられて ゐついろの はにもてつくる もりのかみ』ホ14
『なつきちおにて ゐいろはに これくらわたと あふみなす ここもつつしみ』ホ16

 ●霊が凝ったもの。人間。

『あやおりは はにのやしろの さなめゑに すきいのるはそ』ホ23

 
はぬ(這ぬ・蝕ぬ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。これは陽陰の精製過程で重く沈んで凝った「陰」の属性を表す。

変態:「おに(鬼)」「おな(女)」
類語:「くに(地)」「つち(土)」「は(埴・地)」「わ(地)
そこ(底)しゐ(魄)」「はこ(魄)

  

10/06/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】