ワ  wa

  

【合・和・生・重】合い/合わせ。現れ。生え。結い。重ね。

『なんちかはかり わかこころ よしとはにわの たてものお のちのためしと』ホ37

【我・吾】われ。合う者。(話し手と)同じ者。自分。 =あ(吾)おの(己)

『ひさかたの あめかしたしる わかきみの よよにつたはる かんむりは』ホ序
『きしいこそ つまおみきわに ことのねの とこにわきみお まつそこいしき』ホ1
『おきつとり かもつくしまに かいねし いもはわすらし よのことことも』ホ26
『たきしみこ すすみこたえて にやおとめ たたにあはんと かさめるとめ』ホ31
わきみわきみと なかれさる いくさおさめて みなかえる』ホ34

全部見る 

【端・縁・辺・葉・方・場・部・地】(1) 沿い。端。(2) 派生。はした。はんぱ。(3)部分。区分。区画。

『いせいいの たかひおかわに すすととむ たかみやつくり しつめます』ホ36

【輪・環・還・回・重】回転。循環。往き来。繰返し。円形。=

『みすまるの あなたまはやみ たにふた たらすあちすき たかひこねそや』ホ10
『せみのおかわに みそきして ちのにたたす みなつきや』ホ10
『つきにみその めくりまし ややむそよかに めくりみつ』
ホ14
みよわのなおき いさおしに なおりものぬし かみたまふ』ホ30
『いさかわに みそきのわぬけ みやにいつ みうえのとみは かみまつる』ホ31

全部見る 

【環・還・輪】同上。 回帰・帰還・回復。回帰する所。ホーム。原点。源。=もと(元・基)・もとり(戻り)

『ももなそよろの としおへて もとのひのわに かえまして』ホ序
『をはあめとなり ひのわなる めはくにとなり つきとなる』ホ2
『をかみもゑみて もろともに おかむひのわの とひくたり』ホ4
『せみのおかわに みそきして ちのにたたす みなつきや』ホ10
なかのわもかな うつろゐか あわうみさらえ みおのわと ひとにないきて』ホ24

【地・埴・土・陰・月・夜・世・穢】負の方向に離れるさま。 =  ⇔ あ(天・陽)

『みふゆかみおき はつひもち あわのうやまひ』ホ1
『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』
ホ4
『ゐすことは ゐくらにひひく ねおわけて わのあはうたお をしゆれは』ホ9
『かのみたま こわによろこひ うはのてお とあにわけて あいうえお』ホ18『このあわや のとよりひひく はにのこえ くにおしらする たねなれは』ホ23

全部見る 

【曲・穢・劣・悪・厭】同上。 曲り。汚穢。邪霊。

『うたのかつもて わにこたふ これしきしまの わかのみちかな』ホ1

【栄・早・速・覇】正の方向に離れるさま。勢いが良いさま。 =

『のちひわひこに みことのり なんちくにゑお うつすへし』ミ5

  

11/03/06

  

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】