ア  a

  

【吾・我】合うさま。話し手と同じ人。おの(己)わ(我)。ひとし。

『これもまた このかすならす あしふねに なかすあはちや』ホ3
『あなにゑや うましおとめに あいぬとき』ホ3
『めかみこたえて わなにやし うましをとこに あひきとそ』ホ3
『しほれてもよや かつまあわ かつまあわや』ホ7
『やすかわに ゆきてちかひの をのこうむ かつといえは』ホ9

全部見る 

【上・兄・敬・大・熟・老・天・陽】正方向に離れるさま。

『みふゆかみおき はつひもち あわのうやまひ』ホ1
『みたるきくみち ゐつなみち なるかみもとむ あゑのみち
ホ8
『ひますのものま あゐぬかけ ほのほものかれ』ホ8
『やめるかをやに かなわぬは おとにつかせて あことなせ』ホ13
『そのわさに うめるたからお たたこひて くらふいぬこそ あのつみよ』ホ13

全部見る 

【天・上】同上。天界(陽陰・日月・神)。天空。天運。天気。気象。 ⇔ わ(地)

『たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
あもとかみ みそふのかみの まもるゆえ こたねなること おほゑます』ホ4
『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』
ホ4
あかたまの わかひるのるは あおきたま くれひのみたま ぬはたまなりき』ホ4
『をはちちにゑて はおいたけ めはははにゑて とゐねよ』ホ7

全部見る 

【陽・天・日】同上。 ⇔ わ(陰)

あもとにまねく あらみたま つきのにこたま たらのほと』ホ16
『あわうたの はあめとちち わはははそ やはわかみなり』ホ23
『このあわや のとよりひひく はにのこえ くにおしらする たねなれは』ホ23
『をにふにまつる かものかみ あひらつやまは みをやかみ』ホ27
『あめゆつるひは あのさきり くにゆつるつき はのさきり』ミ6

全部見る 

【天・上・央・王・皇・太】同上。 上位。源。中心。 中央政府。御上。公。官。

『ましわりさると すかさあを やゑはゐもとむ したたみの さすらやらひき』ホ7
あもにふる あかみのかさゆ しむのみき みちひはさまて あらふるおそれ』ホ9
『たまふあそへの あかるみや あふゆおうくる おほなむち』ホ10
『さかおみあたひ つうちへて たたちにつくる あのめつけ これあたひらそ』ホ23
あのはらは かみのあつまる ひとのはら しつくにわさの みとそうみける』フあはら

全部見る 

【空】アの母音。ウツホ(空)を表す。

いうえお うつほかせほと みつはにの ましわりなれる みなかぬし』ホ18
『をかみのうたの そいのかす うのひひきの あまれるお』ミ10
はうつほ いはかせうはほ えのみつと おのはにゐつね ましわりて』ミ10
にちりの はなもわかみの うつろゐか しのひのこえも なりひひくやは』
フあちり

【阿・亜・悪】負の方向に離れるさま。 =くま(曲・隈)あお(穢汚)

『つはものぬしか たまかえし きよきまことの はなふりて みちにあもなしホ8
『しきあかた あなしうをかみ をしてそえ すゑてうつしひ かんをちそ』ホ8
あいゑることは のちのまめ いさおしなせは はれやらん』ホ9

【青】=あお

あしろのゆうお きさにたて きしろのゆうお つねにたて』ミ8

【回・恵・運】巡り。運。恵み。

おゑては おもはぬふゆの うらやみも つとめあえては やはりうるなり』フあえて

  

11/01/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】