【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 ハニマツリノアヤ       はにまつりあや         埴纏りの文
  
 ヤツクリノ ノリハアマテル  やつくりの のりあまてる    屋造りの      法はアマテル

 カミノヨニ アメノミマコノ  かみに あめのみまこの    神の代に      陽陰の御孫の

 ミコトノリ ヲコヌノカミノ  みことのり をこぬのかみの    御言宣       ヲコヌの尊の

 ウナツキテ ニハリノミヤノ  うなつきて にはりのみやの    頷きて       ニハリの宮の

 ミヤツクリ ノリオサタムル  みやつくり のりさたむる    '宮造り       法' を定むる
  
  

 ソノカミハ クニトコタチノ  そのかみは くにとこたちの    その上は      クニトコタチの
                                   (先)

 カミノヨニ ムノタミメヨリ  かみに たみめより    尊の代に      "ム" のタミメより

 ムロヤナル マツハオナラシ  むろやなる まつならし    ムロ屋成る      先ず地を平らし

 スキハシラ ムネオカツラニ  すきはしら むねかつらに    直柱        棟を上面に

 ユヒアワセ カヤフキスミテ  ゆひあわせ かやふきすみて    結ひ合わせ     萱葺き住みて

 コノミハム ヲシヱオタミニ  このみはむ をしゑたみに    木の実食む      教えを民に

 ナラハセテ クニトコタチノ  ならはて くにとこたちの    倣わせて      "地床立" の
                                          地の生活の土台を立てる

 カミトナル          かみなる            尊となる
  
       コレヨリサキハ        これよりさきは              これより先は

 アメツチノ ナリテアレマス  あめつちの なりあれます    天地の       成りて現れます

 ミナカヌシ フソヨニウメル  みなかぬし ふそようめる    ミナカヌシ     二十代に生める
                                       <その後の>    (「生むの連体形」)

 タミクサノ アナニスマエハ  たみくさの あなすまえは    民草の       穴に住まえば

 ヒトナラス          ひとなら            人ならず
  
       クニトコタチノ        くにとこたちの              クニトコタチの

 ムロヤヨリ ミヤトノツクル  むろやより みやとのつくる    ムロ屋より     宮殿造る
                                 ムロ屋の開発以来

 ハサラタミ ヰタメタタルノ  はさらたみ ゐためたたるの    ハサラ民      傷め祟るの
                                     <その宮殿が人を>

 オリアレハ コレノソカント  おりあれは これのそかと    折あれば       これ除かんと

 オホスナリ          おほすなり            思すなり     
  
       ハサラノタミヨ        はさらのたみよ              ハサラの民よ

 マサニシレ マツヒキノリハ  まさしれ まつひきのりは    正に知れ      先ず引き法は  

 ハオナラシ カシキノユウオ  ならし かしきのゆうお    地を平らし     赤白黄の木綿を

 ナカニタテ マシロノユウオ  なかたて ましろゆうお    中に立て      真白の木綿を
                                   [奉て]

 キネニタテ カシロノユウオ  きねにたて かしろのゆうお    東北に立て     赤白の木綿を

 ツサニタテ アシロノユウオ  つさにたて あしろのゆうお    西南に立て     青白の木綿を

 キサニタテ キシロノユウオ  きさにたて きしろのゆうお    東南に立て     黄白の木綿を

 ツネニタテ          つねにたて            西北に立て
  
       トシノリタマメ        としのりたまめ              年稔りタマメ

 ヤマサカミ ヲコロノカミモ  やまさかみ をころのかみも    ヤマサ守      オコロの守も

 ハニマツリ トシツキヒヒノ  まつり としつきひひの    地に纏り      年月日々の

 モリハコレ          もりこれ            守はこれ
  
       モシヤヨコマノ        もしよこまの              もしや汚曲の
                                       <それでも>

 サハイセハ アラカネノハオ  さはいは あらかねのはお    障いせば      あらかねの埴を
                                                  ホ15
 ウツロヰノ ウヲマサカミノ  うつろゐの うをまさかみの    ウツロヰの     大将神の
                                 空の統率者たる   ヤマサの筆頭神が錬る

 マサカリヤ          まさかりや            マサカリや
                                  金物の出番や
  
       コノハカマロハ        このはかまろは              この真黄磨は
                                              (黄金)

 ハヒキナス ナマロクロマロ  はひきなす なまろくろまろ    地引なす      鉛磨黒磨
                                            (鉛) (鉄)

 アスハナス アカマロヰクヰ  あすはなす あかまろゐくゐ    栄地なす      赤磨打杭
                                            (銅)

 シロマロハ ヨモノツナカヰ  しろまろは よものつなかゐ    白磨は       四方の連垣
                                  (銀)             <となる>

 キカマロハ タルハオフキテ  きかまろは たるはふきて    黄赤磨は      惰る地を奮きて
                                  (黄銅)      衰えた土地に活を入れて

 カスレハ          ゐかすれは            いかすれば
                                  改善すれば
 
       スヘテフクヰノ        すへてふくゐの              すべて奮肥の
                                          いずれも練り鍛えられた

 カナマロノ ナナノキタヒノ  かなまろの ななのきたひの    金磨の       難の鍛ひの
                                 精錬金属の       厳しい鍛えが

 イクシマヤ タルシマカミト  いくしまや たるしまかみと    イクシマや     タルシマ守と
                                                 <共に>

 フキナスル カトハクシトヨ  ふきなする かとくしとよ    振き擦る      門はクシトヨ
                                恵みをめぐらす

 イワマトノ カミノユキスキ  いわまとの かみゆきすき    イワマドの     守の "活き優き"
                                                加勢も

 スキトホル          すきとほる            優き徹る
                                  行き至る
  
       ヲコヌノカミノ        をこぬのかみの              ヲコヌの尊の

 ホツマノリ シキマスキミオ  ほつまのり しきますきみお    ホツマ法      敷き座す君を
                                ニハリの宮造り法は   その地に住まう主をも

 イカスレハ タトヒキネマニ  いかすれは たとひきねまに    いかすれば     たとい東北魔に
                                 改善するので    たとえ鬼門より来る邪霊に

 サハナスモ ヘラヨリキタフ  さはなすも へらよりきたふ    障なすも      穢方より '傾ふ
                                障害を受けても    凶方位から屋の向かう
 カタタカヒ アラカネノハオ  かたたかひ あらかねのはお    方' 違ひ      あらかねの埴を
                                  方角を変え       また粗金の埴を

 トクネレハ カミノメクミニ  とくねれは かみめくみに    篤く錬れば     守の恵みに
                                良く精錬して地に戻せば    守神の恵みに
 カナフナル          かなふなる            適ふ成る
                                 適うにいたる
  
       コノヤツクリノ        このやつくりの              この屋造りの

 ホツマノリ ヰクヰツナカヰ  ほつまのり ゐくゐつなかゐ    ホツマ法      打杭連垣
                                         四隅に杭を打ち綱で囲み

 ハヒキシテ アスハフクヰノ  はひきて あすはふくゐの    地引して      栄地 奮肥の
                                 埴を直くして     土地を栄して鍛える

 ハシラタテ          はしらたて            柱立て
  
       ムロヤミヤトノ         むろやみやとの              ムロ屋・宮殿

 タミノヤモ ムネハタカマノ  たみも むねたかまの    民の屋も      棟はタカマの

 ハラマテモ チキタカシリテ  はらまても ちきたかしりて    までも      千木高知りて
                                          互い違いを交差させて
                                           (陽陰を和合して)

 サワリナシ          さわりなし            障り無し
  
       シモハチヒロノ        しもちひろの              下は千尋の

 イシスエノ ハシラハチタヒ  いしすえの はしらたひ    礎の        柱は千度

 ネツクマテ シキマスキミノ  ねつくまて しきますきみの    根継ぐまで      敷き座す君の
                                      ホ21

 ナカラエオ マモルハサラノ  なからえお まもるはさらの    永らえを      守るハサラの

 カミシツメ          かみしつめ            守鎮め
  
        コレスミヨシノ        これすみよしの              これ住み寄しの
                                              住まいの

 ヰカスリオ ヲコヌノカミノ  ゐかすりお をこぬのかみの    いかすりを     ヲコヌの尊の
                                  改善を

 トクノリト マツリノフミニ  とくのりと まつりのふみに    説く法と      祭の文に
                                     <して>

 モウシテモウス        もうしてもうす          申して申す

  

  

 最終更新:2016/07/12

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】