あや  アヤ  aya

  

【(陽陰・経緯)】【(和・肖・結)】【(謂・故)】【綾・紋・文】
1.陽陰。
光影・縦横・表裏・白黒など鏡像関係にある二つのもの。
2.1の交わりが現すさま。コントラスト。表現。模様。事情。いきさつ。いわれ。教え。文。織り。

『ほつまつたゑの よそあやお あみたてまつり』ホ序
『たかきかみきの あやこえは かみのをしゑは』ホ2
『いわむろに いりてとさせは あめかした かかもあやなしホ7
『ときにあまてる ををんかみ よつきのあやお をらんとす』ホ14
『すへこそむあや そなわりて そふにゑなぬき うまるなり』ホ14
つつしむあやの はなとはな うてはちるなり』ホ16

全部見る 

3.合わせ。交わり。交差点。連結部。 治め。政。

『かくひおつみて みたまいる かとはちりけの あやところホ4
『たなはたかみと たはたかみ おなしまつりの あやにしきホ23

 
「あや」は「あわ(陽陰)」の変態。
同時に「あや」は「あゆ(合ゆ・肖ゆ)」の名詞化。
「あゆ」はここでは「A: 合う/合わす・交わる/交える・現る/表す」などの意。

変態:「あわ(陽陰・合)」「やわ(和)」「あめ(陽陰・天地)」「をめ(陽陰)」「ゆえ(故)ゆひ(結)」「いゐ(謂)
類語:「はた(機)」「ふみ(文)
派生語:「あやし(怪し)

  

10/02/28

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】