ふみ  フミ  fumi

  

【踏・文・碑】
1.合わせ。(心に)合わすもの。踏み踏まえるもの。教え。告げ。(ヲシテを)収め・留めたもの。
2.(何かを)留め保つもの。記録。後継。残し。跡。

『よにあらわせる そのふみは ほつまつたゑに まさるなし』ホ序
のこしふみさかおたつあや』ホ7
『わかうたの くもくしふみは おくらひめ さつけてなおも したてると』ホ9
『ここにこもりの みたねふみ あめつちいまた わかさるに』ホ16
『おろちとなりて こたねかむ さわりのそかん よつきふみホ16

全部見る 

 ●ふみつき(踏月・文月)の略。

『やそやふみそか みことのり われきくむかし しらきみこ』ホ37
『ふそゐほふみは たけうちに ほつましるへの みことのり』ホ38

 
ふむ(踏む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・告ぐ・収める・保つ・留める」などの意。
  

変態:「あや(文・謂)」「あみ(編み)」「よみ(読み)」「ほん(本)」「ふん(文)」
類語:「つたえ(伝え)」「そめ(染め)」「とめ(留め)」「あと(跡)」「はた(機)
みはた(御機)

  

09/11/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】