【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 アメナナヨトコミキノアヤ   あめななよ とこみきあや    天七代 床酒の文
   
 コノトキハ ミコオシヒトノ  このときは みこおしひとの    この時は      皇子オシヒトの

 トツキマエ タカキカミキノ  とつきまえ たかきみきの    とつぎ前      タカギが酒の
                                           (タカキネ)

 アヤコエハ カミノヲシヱハ  あやこえは かみをしゑは    謂 乞えば      の教えは
                                          (アマテル)
   
 イニシエノ アメツチウヒノ  いにしえの あめつちうひの    いにしえの     天・地・泥の

 キハナキニ キサシワカルル  きはなきに きさしわかるる    際無きに       兆し分かるる

 アウノメヲ ヲハアメトナリ  あうめを あめなり    アウの陰陽     陽は天となり

 ヒノワナル メハクニトナリ  ひのわなる くにとなり    日輪成る       陰は地となり

 ツキトナル          つきとなる            月と成る
  
       カミソノナカニ        かみそのなか              その中に

 アレマシテ クニトコタチノ  あれまして くにとこたちの    生れまして     クニトコタチの

 トコヨクニ          とこよくに            トコヨ国
 
       ヤモヤクタリノ        やもやくたりの    <まずミナカヌシは>  八方八下りの

 ミコウミテ ミナソノクニオ  みこうみて みなそのくにお    御子生みて      皆その国を
                                            (トホカミヱヒタメの各国)

 ヲサメシム コレクニキミノ  をさめしむ これくにきみの    治めしむ      これ国君の

 ハシメナリ          はしめなり            初めなり
  
       ヨツキノカミハ        よつきかみ              代嗣のは

 クニサツチ サキリノミチオ  くにさつち さきりのみちお    クニサツチ     サキリの道を

 ウケサレハ サツチニヲサム  うけされは さつちにをさむ    受けざれば     サツチに治む

 ヤミコカミ オノオノミコオ  やみこかみ おのおのみこお    八御子      各々御子を

 ヰタリウム          たりうむ            五人生む
  
       ヤモノヨツキハ        やものよつきは              八方の代嗣は   

 トヨクンヌ アメヨリミツノ  とよくんぬ あめよりみつの    トヨクンヌ     上より三つの
                                           先君により

 ワサオワケ キミトミタミノ  わさわけ きみとみたみの    業を分け      '君・臣・民の

 ミクタリノ カミハモフソノ  みくたりの かみはもふその    三件の       は' 百二十の

 ミコアリテ アメナルミチハ  みこありて あめなるみちは    御子ありて     陽陰和る道は

 メモアラス ミツヨヲサマル  あら みつをさまる    女もあらず     三代納まる
                                 女を現すことなく   三時代は終了する
  
 
 マサカキノ ウヱツキヰモニ  まさかきの うゑつきゐもに    真榊の       植え継ぎ五百に

 ミツルコロ ヨツキノヲカミ  みつるころ よつきのをかみ    満つる頃      代嗣の男尊
                                (3000万年に相当)

 ウヒチニノ スヒチオイルル  うひちにの すひちいるる    ウビチニの     スヒヂを入るる

 サイアヒノ ソノモトオリハ  さいあひの そのもとおりは    最愛の       その基は
  

 コシクニノ ヒナルノタケノ  こしくにの ひなるのたけの    越国の       鄙るの岳の

 カンミヤニ キノミオモチテ  かんみやに きのみもちて    尊宮に       木の実を持ちて

 アレマセハ ニワニウヱオク  あれませは にわうゑおく    生れませば     庭に植えおく

 ミトセノチ ヤヨイノミカニ  とせのち やよいに    三年後       三月の三日に

 ハナモミモ モモナルユエニ  はなもみも ももなるゆえに    花も実も      百成る故に

 モモノハナ フタカミノナモ  もものはな ふたかみも    の木       二尊の名も

 モモヒナキ モモヒナミナリ  ももひなき ももひなみなり    百雛木       百雛実なり
  

 ヒナハマタ ヒトナルマエヨ  ひなまた ひとなるまえよ    雛はまだ      人成る前よ

 キミハソノ ニヨリテ  きみその きのみよりて    君はその       木の実によりて

 ヲカミハ メカミハトソ  をかみ めかみとそ    男尊は ""     女尊は "" とぞ

 ナツキマス          なつきます            名付きます
  
       ヒトナルノチニ        ひとなるのち              人成る後に

 ヤヨイミカ ミキツクリソメ  やよいみか みきつくりそめ    三月三日      酒 造り初め

 タテマツル モモトニクメル  たてまつる ももとくめる    奉る        桃下に酌める
                                               (「酌む」の連体形)

 ミキニツキ ウツリススムル  みきにつき うつりすすむる    酒に月       映り進むる
                                                 気分を高める
  

 メカミマツ ノミテススムル  めかみまつ のみすすむる    女尊まず       飲みて進むる
                                              進上する

 ノチヲカミ ノミテマシワル  のちをかみ のみてましわる    後 男尊       飲みて交わる

 トコノミキ          とこのみき            融の酒
 
                                 注: 男=陽=上=多=空・火・風
                                     女=陰=下==水・埴(泥)
    
 
       ミアツケレハヤ        あつけれはや              身 熱ければや

 アスミアサ サムカワアヒル  あすあさ さむかわあひる    明三朝       冷む川浴びる

 ソテヒチテ ウスココロ  そてひちて うすのにこころ    袖 浸ぢて      多少の和心
                                 袖が水埴にまみれ     男女和合の心に

 マタキトテ ナモウヒト  またきとて うひちにと    全きとて      名もウビチニと
                                              (泥因)

 スヒチカミ          すひちかみ            スヒヂ尊
                                  (水土)
 
       コレモウヒニル        これうひにる              これも泥和る
                                               陰(女)と交わる

 フルコトヤ オオクナキ  ふることや おおきすくなき    振言や       多き少なき
                                  (慶言)

 ウスノナモ          うすのなも            ウスの名も
                                  [珍]
                                 (=君)
 
       コノヒナカタノ        このひなかた              この雛形の

 ヲハカムリ ウオソテハカマ  かむり うおそてはかま    男は冠       大袖

 メハコソテ ウハカツキナリ  こそて うはかつきなり    女は小袖      上被衣なり
  

 コノトキニ ミナツマイレテ  このときに みなつまいれて    この時に      皆 妻入れて

 ヤソツツキ モロタミモミナ  やそつつき もろたみもみな    八十続き       諸民も皆
                                 (臣たち)

 ツマサタム アメナルミチノ  つまさたむ あめなるみちの    妻定む        陽陰和る道の      

 ソナワリテ タクヒナルヨリ  そなわりて たくひなるより    具わりて      類成るより

 トシカソエ ヰモツキアマノ  としかそえ ゐもつきあまの    年数え        五百継ぎ天の

 マサカキヤ          まさかきや            真榊や
  
                                     別個体の男女が結合して子を生むという方法は
                                     大宇宙に「陽陰和る道」が起って霊を地に下ろす
                                     ようになってから三千万年後のことなのである
  
       ヰツヨノカミハ        ゐつかみ              五代のは

 オオトノチ オオトマエナリ  おおとのち おおとまえなり    オオトノチ     オオトマエなり
                                  (大殿内)       (大門前)

 ツノクヰハ オオトノニヰテ  つのくゐは おおとのて    ツノクヰは     大殿に居て

 イククイオ トマエニアヒミ  いくくいお とまえあひみ    イククイを     門前に会ひ見

 ツマトナス カレヲハトノソ  つまなす かれとのそ    妻となす      故 男は "殿" ぞ

 メハマエト ヤモツツキマテ  まえと やもつつきまて    女は "前" と    八百続き 全て
                                             長く続いて終了し
   
  
 ムヨノツキ オモタルノカミ  つき おもたるかみ    六代の嗣      オモタルの尊

 カシコネト ヤモオメクリテ  かしこねと やもめくりて    カシコネと     八方を恵りて

 タミオタス          たみたす            民を治す
  
       ヲウミアツミノ        をうみあつみ              ヲウミ安曇の

 ナカハシラ ヒカシハヤマト  なかはしら ひかしやまと    中柱        東はヤマト
                                              (本州)

 ヒタカミモ ニシハツキスミ  ひたかみも にしつきすみ    ヒタカミも     西はツキスミ
                                                 <の>

 アシハラモ ミナミアワソサ  あしはらも みなみあわそさ    葦原も       南 阿波・ソサ
                                    →ミ2文

 キタハネノ ヤマトホソホコ  きたの やまとほそほこ    北はの      ヤマトホソホコ

 チタルマテ オヨヘトモヨホ  ちたるまて およへもよ    チタルまで     及べど百万年

 ツキコナク ミチオトロヒテ  つきこなく みちおとろひて    嗣子なく      道 衰ひて    

 ワイタメナ          わいため            弁別 無
   
  
       トキニアメヨリ        ときあめより              時により
                                            時に先代より
 フタカミニ ツホハアシハラ  ふたかみに つほあしはら    二尊に       「ツボは葦原
                              (イサナギ・イサナミ)      (中原)

 チヰモアキ イマシモチヒテ  ちゐもあき いましもちひて    千五百秋      汝 用ひて

 シラセトテ トトホコタマフ  しらせとて ととほこたまふ    領せ」とて     経と矛 賜ふ
  

 フタカミハ ウキハシノヱニ  ふたかみは うきはしに    二尊は       うきはしの上に  

 サクリウル ホコノシツクノ  さくりうる ほこのしつくの    さくり得る      祝の滴の

 オノコロニ ミヤトノツクリ  おのころに みやとのつくり    オノコロに     宮殿造り
                                           (八紘殿)

 オオヤマト ヨロモノウミテ  おおやまと よろものうみて    央ヤマト      万物生みて

 ヒトクサノ ミケモコカヒモ  ひとくさの みけこかひも    人草の       食も衣交ひも

 ミチナシテ ワイタメサタム  みちなして わいためさたむ    道 成して      弁別定む

 イサオシヤ          いさおしや            功や
   
       アメノカミヨノ        あめのかみよの              天の尊治の
                                          中央政府の君の治めの

 ナナヨメオ ツクイトクチハ  ななよお つくいとくちは    七代目を      継ぐ糸口は
  

 トコヨカミ キノミヒカシニ  とこよかみ きのみひかしに    トコヨ尊      木の実 東に
                                           (起の種)
 ウヱテウム ハコクニノカミ  うゑうむ はこくにかみ    植えて生む     ハコクニの尊

 ヒタカミノ タカマニマツル  ひたかみの たかままつる    ヒタカミの     タカマに纏る

 ミナカヌシ          みなかぬし            ミナカヌシ   →ホ4
  
       タチハナウヱテ        たちはなうゑて              タチハナ植えて

 ウムミコノ タカミムスヒオ  うむみこの たかみむすひお    生む御子の     タカミムスビを

 モロタタユ キノトコタチヤ  もろたたゆ きのとこたちや    諸 称ゆ       東のトコタチ
  

 ソノミコハ アメカカミカミ  そのみこは あめかかみかみ    その御子は     アメカカミ尊

 ツクシタス          つくしたす            ツクシ治す
  
       ウヒチニモウク        うひちにもうく              ウヒチニ儲く
                                          ウヒチニが貰い受ける

 コノミコハ アメヨロツカミ  このみこは あめよろつかみ    この御子は     アメヨロツ尊

 ソアサタシ アワサクウメハ  そあさたし あわさくうめは    ソアサ治し      アワ・サク生めば
                                          (アワナギサクナギ)
  
  

 アワナキハ ネノシラヤマト  あわなきは しらやまと    アワナギは     白山麓

 チタルマテ ノリモトホレハ  ちたるまて のりとほれは    チタルまで     法も通れば 

 ウムミコノ イミナタカヒト  うむみこの いみなたかひと    生む御子の     斎名タカヒト

 カミロキヤ          かみろきや            カミロキ
  
       タカミムスヒノ        たかみむすひ              タカミムスビの

 ヰツヨカミ イミナタマキネ  ゐつかみ いみなたまきね    五代尊       斎名タマキネ

 トヨウケノ ヒメノイサコト  とようけの ひめいさこと    トヨウケの     姫のイサコと

 ウキハシオ ハヤタマノヲカ  うきはしお はやたまのをか    うきはしを     ハヤタマノヲが

 ワタシテモ トケヌオモムキ  わたしても とけおもむき    渡しても      融けぬ趣き

 トキムスフ コトサカノヲソ  ときむすふ ことさかのをそ    融き結ぶ      コトサカノヲ
  
  

 ケタツホノ ツサノツクハノ  けたつほの つさつくはの    ケタツボの     西南のツクバの
                                               (筑波)

 イサミヤニ ウナツキアミテ  いさみやに うなつきあみて    イサ宮に       頷き合みて

 イサナキト イサナミトナル  いさなきと いさなみなる    イサナギと     イサナミとなる
 フタカミノ マシワルトキニ  ふたかみの ましわるときに    二尊の       交わる時に

 トコミキヤ トコハトホコニ  とこみきや とことほこに    融酒や       融は経矛に
                                  [床酒]       融和は法と戒を得て   

 コオモトム          もとむ            子をもとむ
                                  繁栄を招く
  
       ササケハトコヨ        ささけとこよ              ササケトコヨ


 ヰノクチノ スクナミカミノ  ゐのくちの すくなみかみの    ヰノクチの     スクナミ守の
                               (三笠文:イノクチ山陰)    

 タケカフニ ススメカモミオ  たけかふに すすめもみお    竹株に       雀が籾を

 イルオミテ ミキツクリソメ  いるて みきつくりそめ    入るを見て     酒造り初め

 ススメケリ          すすめけり            進めけり
                                 (捧げ)
       モモヒナキヨリ        ももひなきより              百雛木より

 ササナミト ナオタマフヨリ  ささなみと たまふより    ササナミと     名を賜ふより

 ナモササケ ソノカミイマニ  なもささけ そのかみいまに    名もササケ     その尊 今に
                                   (笹笥・捧げ)

 ササケヤマ          ささけやま            ササケ山
                                      <に纏る>
  
       ココノクミトハ        ここのくみと              九の酌度は

 ヤヨイミカ サカツキウメル  やよい さかつきうめる    三月三日      さかつき生める
                                  (3×3)            (「生む」の連体形)

 カミノナモ ヒナカタケトソ  かみのなも ひなかたけとそ    尊の名も      雛が岳とぞ
                                 (称え名)

 タタユナリケル        たたゆなりける          称ゆなりける

  

  

 最終更新:2016/06/17

   

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】