さいあひ  サイアヒ  saiahi
さいわひ  
サイワヒ  saiwahi
さいわい  
サイワイ  saiwai

  

【(添合)・最愛】
合うさま。和すさま。結ぶさま。(陽陰の)和合・融合。

『うひちにの すひちおいるる さいあひの そのもとおりは』ホ2
『みこうひちには ももひなに さいあひなして まさかきお うゑてかそふる』ホ18
『みはのなも さいあいへしと いせのみは うふきにもちゆ もとおりそ』ホ27

 
「さいあふ」の名詞化。
「さいあふ」は「さふ(添ふ
)」+「あふ(合ふ)」の連結。
両語ともここでは「A: 合う・添う・結ぶ・つながる」などの意。
 

【最愛】さいあい −広辞苑より−
1.最も深く愛すること。
2.特に男女が親しみむつぶこと

 
変態:「そひあひ(添い合い)」「そみあひ(染み合い)」
 

 
 

【(繁栄)・幸い】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『むへなるや ゆきのよろしも みよつきも よよのさいわひ ひらけりと』ホ4
『このこたゑ ひとのさいわひ わかまよひ まかりくるしむ』ホ13
『もろたみも よくきけつねの くいものは そろはさいわひホ15
『ひとはらみ みつこおうめは みひかりの さいわひありと あめにつく』ホ16
さいわひひしは むかしこの うつむろかこむ たけこけて』ホ27

全部見る 

 
さいわふ(幸ふ)」の名詞化。
「さいわふ」は「さゆ(冴ゆ)」+「はふ(栄ふ)」の連結。
両語ともここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

類語:「さかはえ(栄映え)」「さきはふ(幸ふ)」「いわひ(祝)」「ちわや(幸)」「さはひ(騒ひ・五月蠅)
反対語:「わさはひ(災い)

  

11/02/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】