わさはひ  ワサハヒ  wasahahi
わさわひ  ワサワヒ  wasawahi

  

【禍・災い】
障り。障害。

『いなむしか ひみつのなせる わさはいも はやのりなして のそくなり』ホ192
『をのゑなお ねにおさむれは よくまもり わさはひあるも しなかゑて』ホ28
『あしきいきふき みちゆくも わさはひもとむ あふれもの』ホ38
『こはそもなんの わさはひそ ゆくりもなくて あからめす』ホ40
『すにむくは きみはなやかに たみおこる のちのわさわひ すてにむくなり』フすむく

 
わさはふ(災ふ)」の名詞化。
ここでは「E:負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」などの意。

類語:「さわり(障り)つつか(恙)」「さまたげ(妨げ)」「わさ(禍・災)」「さえき(障き・佐伯)」「くま(隈)」「おゑ(汚穢)
反対語:「さいわひ(幸い)

  

10/06/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】