みき  ミキ  miki

  

【酒・御酒・神酒】
1.熟成・醸成したもの。
2.(気分を)高めるもの。
3.1・2の尊称。

『たかきかみきの あやこえは かみのをしゑは』ホ2
『ふたかみの ましわるときに とこみきや とこはとほこに こおもとむ』ホ2
『すすめかもみお いるおみて みきつくりそめ すすめけり』ホ2
『やますみか ささみきすすむ かれをかみ とこみきしるや』ホ4
『ゑらみうかかふ わかひこに みきたまわりて みことのり』ホ13

全部見る 

 
みく(熟く・満く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。
また「み(御・上・敬)」+「き(酒)

変態:「みか(甕)」「みけ(甕)」「いか(厳)」「あか(明)
類語:「き(酒)」「さけ(酒)」「ささ(酒)」「ささけ

  
  

【右】
1.正の方向に離れるさま。「熟す・至る・尽きる」さま
  一方「ひたり(左)」は「立つ・上る」などの意。
  この故に「ひたり」は陽陰の精製過程で、先ず軽く上った「陽」を象徴し、
  後に重く沈んだ「陰」を象徴する「みき」に優先される。

 ●(日の)行き着く方。南を向いたとき西に当たる方。

『ことあけに めはひたりより をはみきに わかれめくりて』ホ3
『をはひたり めはみきめくり あひうたふ あめのあわうた』ホ3
『かすかはおなし ひたにます みきはひたかみ うおきみと かるきみをきな』ホ13
みきはををやま かくつみの ときしくかくの いわひうた』ホ14
『ひるはにうえに ひたのほり よるはしうえに みきくたり』ホ16

全部見る 

 ●みきのとみ(右の臣)の略。

『ひたりのとみは おもいかね みきさくらうち』ホ191
『あめみまこ ひたりかすかと みきこもり さつけてよよに これおつく』
ホ30

2.正の方向に離れるさま。 先行。過去のもの。前出のもの。

『ときにしほかみ またとはく いつれもみきの ことくかや』ホ12

 
みく(熟く・満く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「先行する・熟れる・至る」などの意。

類語:「か(右・過・故)」「にし(西)」「つ(西・尽・果)

  
 

【幹】
回帰・帰還する所。本。基。基軸。髄。

『あもにふる あかみのかさゆ しむのみき みちひはさまて あらふるおそれ』ホ9
『やまとなる おほものぬしの かみのみき いくひさつくる すきはいくひさ』ホ33
『あめのかみより ふたかみの ななよのみきも とほこのり』ミ2

 
みく(廻く)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・還る・戻る・回帰する」などの意。

  

09/12/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】