キ  ki

  

【き・(如・然)】「しく(如く)・しかる(然る)」からの転。連体形は「」となる。
 〜の如し。〜に然り。〜に相違ない。〜に違わず。〜なのであった。 =けりなり

『めかみこたえて わなにやし うましをとこに あひきとそ』ホ3
『あかたまの わかひるのるは あおきたま くれひのみたま ぬはたまなりホ4
『ましわりさると すかさあを やゑはゐもとむ したたみの さすらやらひきホ7
『わかひこか むねにあたりて うせにしお かえしやおそる もとおりや』ホ10
『なかめたかわす こかねさく ひさみるやまと たたゑたまゐホ11

全部見る 

【き・(如・然)】同上。=〜ければ。〜だから。理由を表す。方言に多く残る「〜じゃ・〜じゃ

『わかこさりにき われもさる いまわれさらは たれかまた』ホ10

【交・着・衣】合わせ。包み。

『みやつくりして おわします なつめのかみか うふきなす』ホ24

【切・刻・亀】(1) 離れ。分れ。切断。亀裂。(2) キサラキの短縮

『ときふそこすす ゐものひゑ みそやきさらき ついたちと』ホ24
『ねこころお あかしかえりて ふそなの みそかもふさく』ホ38

【寸】同上。 尺(=22.5cm)を十等分に切()ったもの。1丈=10尺=100寸。 =

『こたえとく すすはまさかき ほすゑのひ としにきなかの むよろほき』ホ13
『ひめはこやねの たけしるや しれりひとたけ ふたゐそ』ホ16
『たおとつたきり となつく たみはやたなり』ホ17
『ちみちのあふみ かなつくり かけはをさしの つりなわも ゐつみしかく』ホ192
『めはなより おほねえやたの つつたちは ゐたゐきのりお』ホ192

全部見る 

【処・方・垣・画・区・器・城】囲み&限り。分割したものの一。方。区分。区画。

『ちぬのやまきて ゐつせかる きのかまやまに おくらしむ』ホ29
『かたちあかるき かもとかみ』ミ9

【貝・器・城】同上。 =かき(垣)きり(限)から(殻)

『たみにとふ あれはうむきと しつかはむ なますもよし』ホ40

【来】巡り。恵り。巡幸。「来る」の名詞形。

『うらなひて つきかつらきの いとりやま』ホ4
『たまのをととむ みやのなも をとたちはなの あわきみやホ5
『たかくあかたの ふなわたし たまきなむらの つちくもの つつらおころし』
ホ38

【来・紀】巡り。恵り。巡幸。「来る」の名詞形。

きしゐのいなた ほをむしに いたむおなけき』ホ1
『うらなひて つきかつらきの いとりやま』ホ4
『たまのをととむ みやのなも をとたちはなの あわきみやホ5

『なかくすむゆゑ いもとむこ あめのみちねお くにつこと きのたちたまふ』ホ31
『たかくあかたの ふなわたし たまきなむらの つちくもの つつらおころし』
ホ38

全部見る 

【東・起・萌】起る。分かれる。起る。萌す。上がる。(日が)発す。

きつのなとほむしさるあや』ホ1
『わかひめさとく かなさきに きつさねのなの ゆゑおこふ』
ホ1
『をはきみの くにをさむれは きつをさね よもとなかなり』
ホ1
きのとこたちや そのみこは あめかかみかみ つくしたす』ホ2
『あめのと みはしらのみち たてまつる』ホ3

全部見る 

【木・起・貴】起り。先行。立つもの。高まるもの。 =はな(放)みけ(木)

『みおわけおふる きのみゆゑ きみはをめかみ』ホ1
まさかきの うゑつきゐもに みつるころ よつきのをかみ』ホ2
『うみてうみかわ やまのさち をやくくのち かやのひめ のつちもなりて』ホ3
『むかしこの くにとこたちの やくたりこ きくさおつとの ほつまくに』ホ4
『たまふよろきは なめことの ちくさよろきの なおたたす』ホ10

全部見る 

【木・起・貴】同上。先行して立つ「陽・男」の属性を表す。=きね(木根) ⇔み(見・実)

『いますへらきの あまきみは みなににきねの いつによる』ホ序
たかきかみきの あやこえは かみのをしゑは』ホ2
『ふたかみのなも ももひなき ももひなみなり』ホ2
『きみはその きのみによりて をかみは めかみはみとそ なつきます』ホ2
あわなきは ねのしらやまと ちたるまて のりもとほれは』ホ2

全部見る 

【黄・輝・貴】正の方向に離れるさま。 盛り/絶頂を象徴する色。

『すかははきかね ししろかね うひにあかかね はくろかね』ホ15
『それはきはに きりはしろ ひのきはあか くりはくろ』ホ15
『そのきみの こころあおきは あおにめて なるははなの おめてし』ホ16
『やいろのにきて みなみあお にしはくれない きたはに ひかしはしろく』ミ6
『あしろのゆうお きさにたて きしろのゆうお つねにたて』ミ8

【貴・希・稀・揮・汽・水】同上。 上澄み。精髄。純粋。水。

『たみつおまもり ふねおうむ きふねのかみは ふなたまか』ホ27

【気】見えないエネルギー。気持。関心。放射。気配。生気。元気。 =

『みなみむき あさきおうけて なかいきの』ホ1
『みつましわりて こころいき なりてみつかふ つゆあふれ』ホ16
『るはしはの かわけはもゆる るきのほそ きはきのかれて おもひなし』ホ23
『あしなかくもの おおちから いわきおふりて よせつけす』ホ29

【気・起・興・意】同上。心に持つ/湧く気。気持。関心。 =

『ふたかみの たまふさかほこ さいわひに そのおゑれは ゆつるなり』ホ23

  

10/10/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】