ヒ  hi

  

【放・干】放つさま。払うさま。発するさま。放射。放出。追放。

『さすらひの かわにやるお ますひとの わかとみとなす』ホ7
『そらほおことは ひつしはえ わらもてつくる』ホ12
『あるひとへ わかみやに つくるわかこの このころのうた』ホ34

【秀・火・熱】正の方向に離れるさま。エネルギーをのほ(陽の放)

『よねとみつ かまにかしくは かしらや』ホ1
『みなそのしむお ぬきとりて わさにもゑつく おこりひの』ホ8
『むらくもたひや ほたるひの わらひあさけり』ホ8
『めにほあり ひすりひうちは つきのそ をにみつありて』ホ13
『またとわく はをにかえり みつはめに ひとはひとみに かえらんか』ホ13

全部見る 

【檜・匂】同上。 匂い。芳しいさま。 =に(匂)。

あふきの いたもてつくる あふきして』ホ1
『からすあふきは そふはなり あふきのはは みなはらふ あわのよそやそ』
ホ1
『それはきはきに きりはしろ ひのきはきあか くりはくろ』ホ15
『あかつちかみに これをしゑ すきのたねお うゑさしむ』ホ25

【霊・気・陽陰】同上。本質。源泉。精髄。 =み(霊)ち(霊)ひ(霊)る(霊)き(気)い(気)

『おとなしかわに みそきして やそまかつひの かみうみて』ホ5
『まかりなおさん かんなおひ おおなおひかみ』ホ5
『きみもきさはし ふみおりて あまさかるに むかつひめ』ホ6
いかりひの あおたまはけは すすみゑす』ホ8
くしひより すかはにきつく みやのなも くしいなたなり』ホ9

全部見る 

【陽・天】同上。 陽。うをせ(空火風)あめ(天・陽)陽霊。天気。陽気。

『ももなそよろの としおへて もとのひのわに かえまして』ホ序
『よろこひかえす きしゐくに あひのまゑみや たまつみや つくれはやすむ』ホ1
『かれにはらみお おおひやま とよけかかゑて わかひとと いみなおささく』ホ3
『つきによせ みこはあまひの くらゐのる ひのやまのなも おおやまそ』ホ6
『こころはの むはしそそきて みおしらけ ひをねにかえる かんかたち』ホ15

【日】同上。 陽の核心。太陽。

『をきなのいわく のいつる かしらはひかし たけのほる』ホ1
『もしひときたり ことわけん あわねはきたよ あふはひてホ1
『あかきはひのて あふきの いたもてつくる あふきして』ホ1
『いかんそきみお うまんとて ひのかみおうむ』ホ3
『かれにはらみお おおひやま とよけかかゑて わかひとと いみなおささく』ホ3

全部見る 

【日・明・秀】同上。 (夜に対して)ひる(昼)。Day。一日。

うまれひは かしみけそなえ たちまひや』ホ1
『みふゆかみおき はつひもち あわのうやまひ』ホ1
『またあるひ をとりよそおふ めかしりて あひましわれは』ホ3
『たかみむすひの ゐつよきみ ひことにのほる あまつみや』ホ4
『うるわしや かくなささらは ちかふへお ひひにくひらん』ホ5

全部見る 

【日・緋】日の出の赤い色。

『あかきはひのて あふきの』ホ1

【一】ひと

ひひめみをうむとののあや』ホ3
『うゑつきは ふそのすすの としすてに もふそよろなち ゐもふそに』ホ4
『ふそすす ももふそゐゑた としきしゑ はつひほのほの いつるとき』ホ4
『あまつきみ よりとまてお つくすゆゑ ひとにのります』ホ4

全部見る 

【弥・秀・開・熟・上・曾】正の方向に離れるさま。

『みこまこひこの すえまても あまてらします ををんかみ』ホ序
『あめにたなひく しらくもの かかるやみねの ふるあられ すみにこたま』
ホ4
『みちねとは かんみのひまこ かんたまは やますみのみこ』ホ20
『まとのをしえは のほるひの もとなるゆえに ひのもとや』ホ23
『むかしひををち さくらうし このはなささく ををんかみ おうちにうえて』ホ24

【杼・梭・翻】ひる(翻る)の名詞化。往き来するもの。=かひ(杼)

『はなこおとろき にやふれ かみさりますと なくこえに きみいかりまし』ホ7
『ここさわやまの はやききす ひなくるつけの たかまには かみはかりして』ホ8
『こえおちかえの たなはたの そらひのおとは みにつかす』ミ1

【卑・鄙・穢・陰・牝・低・減・退・干】負の方向に離れるさま。

『さすらひの かわにやるお ますひとの わかとみとなす』ホ7
『またはたれ すみひたかみ かくやまと ふたいわうらに つくつけの』ホ8
『しほつつか めなしかたあみ はるへらや みちひのたまは はてのかんかせ』ホ25
『たつきみいかん たつはひれ みつしるゆえに うろこきみ』ホ26
『あるひとへ わかみやに つくるわかこの このころのうた』ホ34

全部見る 

【泥・土・水】同上。陰。月。水と埴。 ひち(泥)の短縮。 =は(地・埴)

『ひはあめに つきはつちもる よめのみは よをとひとりに むかふそ』ホ13

【疲・弊・費】同上。

『まうらふとまに あきにとる こちにもとけ つみのかる』ホ20

冷・氷・卑・陰】同上。

『まうらふとまに あきにとる こちにもとけ つみのかる』ホ20
『かつめかみ みちをかえして おこえは みひきおまねき』
ミ7
ひのめちかきる さつきなか ひとめふしおき さみたるる』ミ9
『あきにとは こちにもとけ つみのかる つくみこころの はるそきにける』フあきに

【ヒ】八元神「トホカミヱヒタメ」の「ヒの尊(ヒの神・ヒ祖・ヒ元神)」

のなめは つさにいなさの はつひより ふうおやわせて』ミ7
はつさかせの ふつをかめ きたれはひらく はつひくさ』ミ9

【ひ】「き」の音便変化。

『いきおめくまて からするは いたましひかな ふるのりも』ホ37

  

10/07/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】