【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 キツヨチノアヤ        きつよちあや          起尽四方の文
  
 ミカサヤニ アマノコヤネノ  みかさやに あまのこやねの    ミカサ社に    アマノコヤネの

 トクフミハ タテニヌキオル  とくふみは たてにぬきおる    説く文は     経に緯織る
                                  (纏の文)
 マツリコト ヨチヒトクサオ  まつりこと よちひとくさお    纏り事      四方人草を

 ヲサムナリ モシヤミチキク  をさむなり もしみちきく    治むなり     もしや道聞く

 ココロサシ アラハトアケテ  こころさし あらあけて    志        有らば門開けて

 サツクヘシ          さつくへし            授くべし
  
       コモリノイワク        こもりいわく             コモリの曰く

 トアケナハ カミノミコトヤ  とあけなは かみのみことや    「門 開けなば   和の見事や
                                   門を開けたならば 陽陰和合の巧妙さが

 アカラサマ コヤネコタエテ  あからさま こやねこたえて    明らさま」    コヤネ応えて
 ミチハワチ ハヤクオソキモ  みちわち はやくおそきも    「道は環道    早く遅きも

 ココロアリ タツネキタラハ  こころあり たつねきたらは    心あり       尋ね来たらば
                                  志ありて
 
 ワレアヒテ ソノミチノクオ  われあひて そのみちのくお    我 会ひて     その道奥を

 カタルヘシ          かたるへし            語るべし」
  
       キミノマツリモ        きみのまつりも             君の纏りも

 スミヤカニ モツレオタタス  すみやかに もつれたたす    速やかに     もつれを直す

 カミノミチ          かみのみち            和の道
                                和し調える道
  
       カタチトツトメ        かたちとつとめ             形と努め
                                             

 ミチトミト ヨツノヲシエモ  みちとみと よつをしえも    満ちと実と    四つの教えも
                                       

 タタヒトチ          たたひと            ただ一道
  
       ヲコヌノカミノ        をこぬのかみの             大地の尊の
                                                <説く>

 コノヨツオ アワトニシレル  このよつお あわとにしれる    この四つを    陽陰 人に統れる
                                                (「統る」の連体形)
                                                ホ17文

 ヒトノミノ ヨツオツツシム  ひとのみの よつおつつしむ    人の身の     四つを謹む
                                              正す

 ハタノミチ          はたのみち            機の道
                                  政の道
  
        ツカサノカミハ       つかさかみは             司の上は
                                          上位の司は

 クニヲサム ナカニハシメル  くにをさむ なかにはしめる    国治む       中 庭 締める
                                        中位の司はその脇を固める

 シモハタス          しもたす            下 端 足す
                               下位の司は末端を守る
  
       カレニイマトク        かれいまとく             故に今説く

 ヨカノハタ シタエハウイニ  よかのはた したえういに    四方の機     慕えば結に
                                             結果的に

 ミオヲサム          みおをさむ            実を治む
                                  (全体)
                                 
  
       ソラナルモノハ        そらなるものは             空なる者は

 チチキケト ミノミハシラオ  ちちきけと みのみはしらお    千々聞けど     己の実柱を

 ユキヌケテ          ゆきぬけて            往き抜けて
  
       コエオチカエノ        こえおちかえの             還復ち返えの
                                           往復の繰返しの

 タナハタノ ソラヒノオトハ  たなはたの そらひおとは    棚機の      空杼の復は
                                  機の綴りの        [音]
 ミニツカス キクトノホホト  つか きくのほほと    実に付かず    聞くと "のほほ" と
                                  実と成らず

 ノタマエハ          のたまえは            のたまえば
                                (擬人化による皮肉)
  
       コモリコキミモ        こもりこきみも             コモリ 九君も
                                           (モノヌシ) 上司
                                            大司

 モミコトモ ミチヒコモミナ  もみことも みちひこみな    百尊も      三千彦も皆
                                   中司          下司

 ウナツケハ サルタハミチノ  うなつけは さるたみちの    頷けば      サルタは道の

 ウイオトフ コヤネコタエテ  ういとふ こやねこたえて    初を問ふ     コヤネ答えて
  
  

 キツノナオ ヲシエノハツト  きつお をしえはつと    東西の名を    教えの初と
                                 [起尽]

 ナスユエハ イマワレウメル  なすゆえは いまわれうめる    なす故は     いま我生める
                                             (「生む」の連体形)

 タラチネノ サキノミヲヤモ  たらちねの さきみをやも    タラチネの    先の御祖も

 コトコトク アメノタネナリ  ことことく あめのたねなり    ことごとく    陽陰の種なり
  
  

 ソノカミノ アメツチヒラケ  そのかみの あめつちひらけ    その上の     天地開け
                                            (分れ)

 ナルカミノ ミナカヌシヨリ  なるかみの みなかぬしより    生る神の     ミナカヌシより

 ハカリナキ ヒトクサワカレ  はかりなき ひとくさわかれ    計り無き     人種分かれ

 タウトキモ ミコトモヒコモ  たうときも みこともひこも    貴きも      尊も彦も

 ナルミチオ ヲサメオサムル  なるみちお をさめおさむる    生る道を     治め収むる
                                 (陽陰和る道)      調え備える 
                                         (陽陰を人に統れる)

 ヒトノミハ ヒツキノフユニ  ひとのみは ひつきのふゆに    人の身は     日月の振ゆに
                                         太陽と太陰の恵みに

 ヤシナワレ          やしなわ            養われ
  
       メクミシラセン        めくみしらせ             恵み知らせん
                                        <その>

 ソノタメニ イテイルキツオ  そのために いているきつお    そのために    出で入る東西を

 ヲシユナリ          をしゆなり            教ゆなり
  
       マサニキクヘシ        まさきくへし             正に聞くべし

 フタカミノ アノアワウタニ  ふたかみの あのあわうたに    二尊の      天のアワ歌に  

 クニオウミ ワノアワウタニ  くにうみ わのあわうたに    国を生み     地のアワ歌に

 ネコエナル          ねこえなる            音声 和る
                                 言葉が調い直る
  
       ノチニヒヒメオ        のちひめお             後に一姫を

 ウムトキニ ヒルナレハナモ  うむときに ひるなれも    生む時に     昼なれば名も

 ヒルコヒメ          ひるこひめ            ヒルコ姫
  
       トシオコユレハ        としこゆれは             年を越ゆれば

 タラチネノ ヨソフミソミノ  たらちねの よそふみそみの    タラチネの    四十二・三十三の

 ヲヱクマモ          をゑくまも            汚穢隈も
    
       メハタヲハラニ        に             女は "タ"  男は"ラ" に
                                             (陽・父)  (陰・母)

 アタラシト スツオカナサキ  あたらと すつかなさき    当らじと     捨つをカナサキ
                                  障らすまいと

 オモエラク          おもえらく            思えらく
  
       コノハヤカレノ        はやかれの             子の早枯れの

 イタミオモ チオヱシナスカ  いたみおも ゑしなすか    傷みをも     乳を得し和すが
                                         乳を与えて養うことが

 ワスレクサ          わすれくさ            忘れ種
                               傷みを忘れる種となる
  
       ヒラウヒロタノ        ひらうひろたの             拾う "ヒロタ" の

 ミヤツクリ ソタテアクマテ  みやつくり そたてあくまて    宮 造り      育て上ぐまで

 カナサキノ ツネノヲシヱハ  かなさきの つねをしゑは    カナサキの    常の教えは

 ミコトノリ          みことのり            御言宣
  
                      (誰の御言宣かは不明だが、次行からはその御言宣の内容ということになる)
  
       キツノハシメノ        きつのはしめの             起尽の始めの       

 アワウワヤ テフチシホノメ  あわうわや てふちしほのめ    アワウワや    長ぢ 初の目
  
  
 ウマレヒハ カシミケソナエ  うまれひは かしみけそなえ    生れ日は     炊食供え

 タチマヒヤ ミフユカミアケ  たちまひや ふゆかみあけ    立舞や      三冬 髪上げ

 ハツヒモチ アワノウヤマヒ  はつひもち あわのうやまひ    初日 十五日    陽陰の敬ひ
                                (一月一日・十五日)    (日月)

 モモニヒナ アヤメニチマキ  ももひな あやめちまき          菖蒲茅巻
                                   (三月三日)      (五月五日)

 タナハタヤ キククリイワヒ  たなはたや きくくりいわひ    棚機や      栗祝ひ
                                 (七月七日)    (九月九日・十三日)

 ヰトシフユ ヲハハカマキル  としふゆ はかまきる    五歳冬       男は袴着る
                                  (十一月)

 メハカツキ          かつき            女は被衣
  
       コトハオナオス        ことはなおす             言葉を直す

 アワウタオ ツネニヲシヱテ  あわうたお つねをしゑて    アワ歌を     常に教えて
  
  
 カハナマ イキヒニミウク  あかはなま いきひにみうく   『アカハナマ    イキヒニミウク

 フヌムエケ ヘネメオコホノ  ふぬむえけ へねめおこほの    フヌムエケ    ヘネメオコホノ

 モトロソヨ ヲテレセヱツル  もとろそよ をてれせゑつる    モトロソヨ    ヲテレセヱツル

 スユンチリ シヰタラサヤ  すゆんちり しゐたらさやわ    スユンチリ    シヰタラサヤワ』
  
  
 アワノウタ カタカキウチテ  あわのうた かたかきうちて    和の歌      カダカキ打ちて

 ヒキウタフ オノツトコヱモ  ひきうたふ おのつとこゑも    引き歌ふ     自ずと声も

 アキラカニ ヰクラムワタヲ  あきらかに ゐくらむわたを    明らかに     五臟六腑 辺
                                            (内蔵)  (外殻) 

 ネコヱワケ フソヨニカヨヒ  ねこゑわけ ふそよかよひ    根隅分け      二十四に通ひ
                                 (内と外)       24声に折り返して

 ヨソヤコヱ コレミノウチノ  よそやこゑ これうちの    四十八声     これ身の内の

 メクリヨリ ヤマヒアラネハ  めくりより やまひあらは    巡り優り      病あらねば

 ナカラエリ スミヱノヲキナ  なからえ すみゑをきな    永らえり     スミヱの翁
                                           (カナサキ)
 コレオシル          これおしる            これを知る
  
       ワカヒメサトク        わかひめさとく             ワカ姫 聡く
 カナサキニ キツサネノナノ  かなさきに きつさねの    カナサキに    東西南北の名の

 ユヱオコフ          ゆゑこふ            故を請ふ
  
       ヲキナノイワク        をきなのいわく             翁の曰く

 ノイツル カシラハヒカシ  いつる かしらひかし    「日の出づる    頭は                                          最初

 タケノホル ミナミミナミ  たけのほる みなみるみなみ    猛昇る      皆見る  

 ヒノオツル ニシニシツム  ひのおつる にしにしつむ    日の落つる    西は熟沈む
  
  
 ヨネトミツ カマニカシクハ  よねみつ かまかしくは    米と水      釜に炊ぐは

 ヒカシラヤ ニヱハナミナミ  ひかしらや にゑはなみな    火頭や      煮え花 皆見

 ツム ヱカヒトタヒノ  にゑしつむ ゑかひとたひの    煮え静む     回日一度の
                                         (巡り来る日)

 ミケハコレ          みけこれ            食はこれ」
  
       フルトシフヨリ        ふるとしより             「経る年 古より
                                            (寿命)  (昔から)

 ツキミケノ ヒトハモヨロニ  つきの ひともよろに    月三食の      人は百万に

 ツキムケノ ヒトハフソヨロ  つきの ひとはふそよろ    月六食の      人は二十万

 イマノヨハ タタフヨロトシ  いまは たたふよろとし    今の代は     ただ二万年

 イキナルル ミケカサナレハ  いきなるる みけかさなれは    生き均るる    食 重なれば
 ヨハヒナシ カレニワカキミ  よわひなし かれわかきみ    齢なし       故に我が君
                                            (アマテル)

 ツキノミケ ニカキハホナヤ  つきの にかきはほなや    月の三食     苦きハホ菜や」
  
  
 ミナミムキ アサキオウケテ  みなみむき あさきうけて    「南向き      朝気を受けて

 ナカラヱリ ミヤノウシロオ  なからゑ みやうしろ    永らえり」    「宮の後ろを
                                              (奥・裏)

 キタトイフ ヨルハルユヱ  きたいふ よるねるゆゑ    と言ふ     夜は寝る故
                                          夜は後宮で寝るゆえ

 キタハソ          きたはそ            北は "ネ" ぞ」
  
       モシヒトキタ        もしひときたり             「もし人来たり
                                                         <て>

 コトワケン アワキタヨ  ことわけ あわはきたよ    応わけん     会わねば北よ
                                 それに対応するとしよう        (裏)

 アフヒテ ミナミニコトオ  あふひて みなみにことお    会ふば日手」   「南に事を
                                    (南=表)    [皆見]

 ワキマエテ オチツクハニシ  わきまえて おちつくにし    わきまえて    落ち着くは西

 カエルキタ ヨリキタテ  かえるきた よりきたりて    帰る北      より来たりて
                                          [寝]      

 ニカエル          ねにかえる            北に返る」
                                   [寝]
  
       キハハルワカハ        はるわかは             「木は春 若葉

 ナツアオハ アキニヱモミチ  なつあおは あきにゑもみち    夏 青葉      秋 熟もみぢ

 フユオチハ コレモオナシク  ふゆおちは これおなしく    冬 落葉      これも同じく

 キタニ サスヒカシヤ  きたに きさすひかしや    根は北に     萌す東や

 カヱ ハミニクル  さかゑ つくる    南に栄え     西は実に尽くる」
  
  
 キミノ クニサムレハ  きみの くにをさむれは    「"ヲ" は君の   国治むれば

 キツサネ ヨモトナカナリ  きつをさね よもなかなり    東西央南北    四方と中なり」

 キハヒカシ ハナハハミナミ  はひかし はなははみなみ    「起は東     華栄は南

 コノミニシ ミオワケオフル  このみにし わけおふる    熟み 西      身を分け生ふる
                                          木が身を分けて結ぶ

 キユエ キミハヲメアフ  きのみゆえ きみをめあふ    木の実ゆえ    木実は男女和ふ
                                           君は夫婦不可分の

 アルシナリケリ        あるしなりけり          主なりけり」
                                  君主であるなり
  
  
 サルタトフ ムネトミナモト  さるたとふ むねとみなもと    サルタ問ふ     「宗と鄙下

 キツタラモ コヤネコタエテ  きつたらも こやねこたえて    起尽・タラも」   コヤネ答えて
   
 ヨロハタノ ムネミナモトハ  よろはたの むねみなもとは    万機の      宗・鄙下は
                                  国の政の    要部と周辺(主と副)は

 ヨカミトチ ヨロハヌフカツ  よかみとち よろぬふかつ    四方・みとち    万は縫ふ数
                                機の四辺と身頃に同じ 万とは緯糸を貫く数

 ハタハヲル          はたをる            機は織る
                                機は織りに同じ
  
       コロモノタテハ        ころもたては             衣の経は
                                          機の経糸は

 カタチナリ ヌキアヤオフモ  かたちなり ぬきあやおふも    "形" なり     緯・紋 帯ぶも
                                (骨格・主体)  緯糸や紋様などの副体を添えるのも

 カミノムネ          かみのむね            上の宗
                              上位にある主体に対してである
  
       ウルホスタテハ        うるほすたては             潤す経は
                                            (副体が)主体を高めることこそが

 ヨヨノミチ          よよみち            弥々の "満ち"
                                常に成果・成績となる  (形=起、満ち=尽)
 
                              では国の政の主である君を「宗・みとち・形・経」に喩え
                              副である臣を「鄙下・四方・紋・緯」に喩えて説明している
  
       ホコノヲキテハ        ほこのをきては             の掟は
                                          刑罰の定めは

 ミメクミニ ヨコマホロホス  みめくみに よこまほろほす    御恵みに     横曲滅ぼす
                                 君主の恵みに    背く者を懲戒する

 ハタノヌキ          はたのぬき            端の抜き
                                異端・ハタレの排除      →ホ23
  
       ムネミナモトノ        むねみなもとの             宗・鄙下の
                                          (中と辺)

 タテヌキノ ヤスチタタシク  たてぬきの やすちたたしく    経・緯の       和す方正しく
                                 (主と副)     領分を正しく区別して

 ミオヲサム ヤタミヲサムル  みおをさむ やたみをさむる    "実" を治む    八民治むる
                                 (全体)     八方の民を治めるのは

 ヨチノワサ          よちのわさ            四方の業
                                主を囲む臣の領分ぞ
  
       ホネハタノタネ        ほねたね             骨は "タ" の胤
                                        人の骨(経)は "陽" を源とし

 シシハラニ ウマレヒツキノ  ししに うまれひつきの    肉は "ラ" に   生まれ 日月の
                                肉(緯)は "陰" を源として生まれ、太陽と太陰の

 ウルホイニ ヒトナリソナフ  うるほいに ひとなりそなふ    潤いに      人態備ふ
                                 恵みを得て     人の態が備わる
  
  
 ヨカヒチノ カタオモチイテ  よかひちの かたもちいて    四方一内の    形を用いて

 ミオヲサム メクミシラネハ  みおをさむ めくみしらは    "実" を治む    恵み知らねば
                                 (全体)     和つ日月の恵みを知らぬでは

 カタチナシ          かたちなし            "形" 無し
                                骨格(基本)も無し
  
       タラノソタツモ        たらそたつも             "タ・ラ" の育つも
                                             和つ日月の和しも

 ウルホイモ テルキツサネノ  うるほいも てるきつさねの    潤いも      照る東西南北の

 ナカニイテ キミノヲサムル  なかて きみをさむる    中にいて     キ・ミの治むる

 マツリコト          まつりこと            纏り事
  
                                    <これもまた「よろはた(万機)」と呼ぶ>
  
       ヨロハタスヘテ        よろはたすへて             万機すべて

 ヨチオソナヘリ        よちそなへ          四方を備えり
                                 四辺を備えるなり

  

  

 最終更新:2015/07/11

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】