ひと  ヒト  hito

  

【一・(直・等)】
1.他にはないさま。すべて。他に逸れないさま。一途なさま。
2.始め。発。起り。

『たれおまことと なしかたし かれにひとつお あけしるす』ホ序
『かかんなす はるのひとしく めくりきて』ホ序
ひとりはんへる ふりまろは むよやそきねの よつきこそ』ホ4
『われおたすけて ひとみちに ますひとうたは まめなりと』ホ9
『あめつちひとも わかさるに ういのひといき うこくとき』ホ14

全部見る 


ひつ(漬つ・付つ/放つ・発つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・まとまる・収まる」、また「B: 離れる/離す・放つ・発す」などの意。

変態:「ひた(直)ふた(直)
派生語:「ひとみち(一途)」「ひとし(等し)

 
 

【人・仁・(秀・至)】
D:正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『かつらきの ひとことぬしか すゑつみか やすたまとうむ かつきまろ』ホ10
『おつのひとまつ これむかし ほつまくたりの みあえとき』
ホ40

  ●(他の生き物に対して) 優れるもの。人間。霊長。陽と陰の結合体。無欠。

『おそれみなから つほめおく これみんひとは』ホ序
『なもはなきねの ひとなりは いさちおたけひ しきまきや』ホ5
『めをおむすひて ひとこころ よにかえるとき すくなれは』ホ13
『またとわく ひはをにかえり みつはめに ひとひとみに かえらんか』ホ13
あめつちひとも わかさるに ういのひといき うこくとき』ホ14

全部見る 

  ●(青人種 [雛] の民に対して) 優れたる者。一人前。 君。主。臣。

『もとのひのわに かえまして あおひとくさお てらします』ホ序
『ひなはまた ひとなるまえよ』
ホ2
ひとくさの みけもこかひも みちなして わいためさたむ いさおしや』ホ2
『つかはすひとは あまくにの あめわかひこと きわまりて』ホ10
ひとにおけらは かきりなし なかくつちかふ をしゑなすへき』ホ17

全部見る 

  ●優れ至る者である皇位継承予定者の斎名の「和り」。

『うむみこの いみなたかひと かみろきや』ホ2
『かれにはらみお おおひやま とよけかかゑて わかひとと いみなおささく』ホ3
『あまつきみ ひよりとまてお つくすゆゑ ひとにのります』ホ4
おしひとと いみなおふれて かみありの もちゐたまえは たみうたふ』ホ6
『さきにもちこか うむみこは ほひのみことの たなひとそ』ホ6

全部見る 

 
ひつ(秀づ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「いた(至・甚)」「いつ(至)」「ひた(直)また(全)」「ふつ(悉)」「ふと(太)
派生語:「ひとなる(人成る)」「ひとみけ(人身供)

 
 

【人・(他人)】
異なるさま。別であるさま。

ひとのとわしの こたゑにも とよけのかみの をしゑあり』ホ4
『ときにかるきみ すすみいふ なんそとかむや わかたから ひとたたゆるそ』ホ13
『このこたゑ ひとのさいわひ わかまよひ まかりくるしむ』ホ13
ひとおまとわす わかほしも ひとはうたねと たまのをに』ホ13
ひとおねためは ひにみたひ ほのほくらひて みもやする』ホ16

全部見る 

 
ひつ(離つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・別れる・異なる」の意。

類語:「よそ(他所)」「ほか(他)

  

09/11/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】