のり  ノリ  nori

  

【(和り・稔り・平り)・乗・祈】【糊】【法・則・典・範・矩】
合わせ。付き・添い。結び。和し。現れ。表し。匹敵。擬え。構成。

『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9
『はしらにまつる ゐくらのゐ としのりたまめ むわたのな』ホ21
かみのりかゐは くろまめと うむきとすめと ななのよね かゐにかしきて』ホ38
『しむのもちほき ゐきめたま おくるはすゐゐ ゑなかのりミ9
『あわうたは やつのかたちに むつのりの つねのさとしお くりかえしてよ』ミ10

全部見る 

  ●和平。調和。秩序。

『ほこなきゆえは すなほにて のりおまもれは ほこいらす』ホ23
『おれかれの をとくまつりお はしつかに なせはかかやく のりのいちホ34

  ●則るもの。法。教え。模範。目標。立て(経)。道筋。方法。制度。システム。

『あわなきは ねのしらやまと ちたるまて のりもとほれは』ホ2
『いもをせは やもよろうちの わかちなく みなあめつちの のりそなふ』ホ13
『いんしあまかみ ほしとなる これはのりなす』ホ13
『かすかとの たまかえしなす おくのりも こやねにさつく』ホ16
『つねにおもえよ あまのりお ゑてみおをさめ たかやして』ホ17

全部見る 

  ●乗ること。乗物。 特に馬。また乗り法 (乗馬に関する法)。

『しまつはこまお のりはなち ことほきをゑて にしひかし』ホ11
『よめいりの そのさきのりの あまかつそこれ』
ホ12
のりのりひとぬきまのあや』ホ191
『とよけのかみの をしゑには のりはちみちお つねとなす』ホ191
『あほおあめ うひおくにたま うつろのり しなとのたつな のりめくり』ホ191

全部見る 

  ●祈り。心を合わすこと。同調すること。

かみのり とほりてそ あめのみをやの まなこより もるるひつきと』ホ4

  ●斎名の「のり(和り)」。 名に合わすもの・添えるもの。

『ゐみなには たらによつきに なとのりと あわせよつなり』ホ4
『きねとひこ うしものりなり』ホ4
『めのなみつ をのなのりよつ たたゑなは いくらもつけよ』ホ4
『ひかりかかやく わかひとの をしてはみこの ゐむなのりミ逸

 
のる(和る)」の名詞化。

 
 

【(退り)・宣り】
B: 離れる/離すさま。放つもの。発すもの。
  ●宣告。触れ。

『わかひめの うたもみやひお かえさしと もふせはきみの みことのりホ1
『これとこたちの ことのりと ほらおとさして かくれます』ホ6
『もろゆるさねは かたのかみ ななたひちかふ のりこちに』ホ8
『ときにあめより にいとりの ひとはおつれは あまつのりホ16
『いさきよかれと かんほきに ほきのりなせる かなきゆひ』ホ22

全部見る 

 
のる(退る・宣る)」の名詞化。

類語:「ことのり(言宣)

 
 

【祝・乗り・(熟り・成り・実り・伸・延)】
D: 正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9

  ●延び。 長さ・距離(の単位)。

『やなきあやなる はなかたは ゑかきまのりに あてうつし』ホ23
『くにひろく よもみものりの つちこえて たみゆたかなり』ホ34
『そのみちのりは つくしより きたえふちのり うみへたて しらきのつさそ』ホ34『つきはおもくて そみのりお おくれひにあふ ついたちそ』ミ6

 
のる(熟る・伸る)」の名詞化。

 
 

【箆入・(和り・乗り)】
収容。

ちのりゐものり ひちにつけ ゆはすおふりて つるきもち』ホ7

 
のる(和る・乗る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・入る・収まる・留まる」などの意。

 
 

【海苔】
平らしたもの。
(海苔は乾かして塩を採取するのが主目的で、食品としての用途は副次的なものだったらしい)

『かたしおとりて さかなのり おなしみちして みやにいる』ホ11

 
のる(平る)」の名詞化。
ここでは「平る/平らす」の意。

類語:「のし(伸し)」

 

10/06/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】