としのり  トシノリ  tosinori

  

【(年稔り)・歳徳】
1.成果・収穫を結ぶこと。 押し草の呪いで稲を復活させるワカ姫

『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9

2.暦の1年を成すこと/もの。 ヱト守 (キツヲサネアミヤシナウ)。

『はしらにまつる ゐくらのゐ としのりたまめ むわたのな』ホ21
『とこたちの このとしのりの たまめかみ ゐくらむわたお うみあける』ホ21
『うつろゐの をまさきみとそ としのりに やしろたまわる』ホ21
『きつおかなねの とつきして としのりかみの あれませる』ホ22
『としこえは うむきとすめと よねむます としのりやまさ おにやらゐ』ホ38

 
とし(年)」+「のり(稔り)
「とし」は「達成・成果・収穫」、また「1年」の意。
「のり」は「のる(稔る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・成す」などの意。

類語1:「わかひめ(沸姫)」「したてるひめ(下照姫)
類語2:「ゑともりかみ(干支守神)」「ゑとかみ(干支神)」「むろそひかみ(室十一神)」「わのそひかみ(地の十一神)」「うましあしかいひこち神」「ひよみかみ(日夜見神)」「あまもり(陽陰守)

   

10/07/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】