としのりかみ  トシノリカミ  tosinorikami

  

【(年稔り神)・歳徳神】
1.成果・収穫を結ぶ神。 押し草の呪いで稲を復活させるワカ姫への贈り名

『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9

2.暦の一年を成す神霊。 ヱト守神 (キツヲサネアミヤシナウ)。

『きつおかなねの とつきして としのりかみの あれませる』ホ22
『このときに としのりかみの まてにある おおとしかみと はにやすめ』ホ22

 
としのり(年稔り)」+「かみ(神)
「とし」は「達成・成果・収穫」、また「1年」の意。
「のり」は「のる(稔る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・成す」などの意。

別名1:「としのめくみのおおんかみ(年の恵みの大御守)」「みとしかみ(御歳神)」「わかひめ(沸姫)
別名2:「あめのかみ(陽陰の守)」「あまもり(陽陰守)」「ゑともりかみ(干支守神)みそのかみ(三十の守)みかまとのゑともりかみ(竈の干支守神)」「ひよみかみ(日夜見神)」「ゐくらむわた(五臓六府)」「わのそひかみ(地の十一神)」「むろそひかみ(室十一神)」「そひのきみ(十一の君)」「うましあしかいひこちかみ(可美葦牙彦舅神)」「たはたかみ(田畑神)

  

13/10/30

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】