うましあしかひひこち  ウマシアシカヒヒコチ  umasiasikahihikoti
うましあしかいひこちかみ  
ウマシアシカイヒコチカミ  umasiasikaihikotikami

  

【(旨し葦萱引来ち神)・可美葦牙彦舅尊・宇摩志阿斯訶備比古遅神】
「衣・食・住」をもたらす神。 物質世界(この世)での生活を守る神。

『あめとこたちと わのそひも あしかひひこち とこたちの みよはみほかみ』ミ序
『すきとのに うましあしかい ひこちかみ あわせまつれは なもたかま』ミ6
『このかみは はらわたいのち みけおもる うましあしかい ひこちかみミ6

 
うまし(旨し)」+「あしかひ(葦萱)」+「ひこち(引来ち)」+「かみ(神)
「うまし」は「美味いもの」で、すなわち「食」を表す。
「あしかひ」は「葦萱」で、これは「着る物の材料」また「屋根を葺く材料」で、「衣」と「住」を表す。
「ひこち」は「引き寄せ・もたらし」などの意。

別名:「むろそひかみ(室十一神)」「わのそひかみ(地の十一神)」「そひのきみ(十一の君)」「ゐくらむわた(五臓六府)」「あめのかみ(陽陰の守)」「あまもり(陽陰守)」「ゑともりかみ(干支守神)」「みかまとのゑともりかみ(竈の干支守神)」「ひよみかみ(日夜見神)」「としのりかみ(年稔り神)」「たはたかみ(田畑神)

  

10/03/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】