ヱト

→ 語義
  

1.『ヱヒタメトホカミ』の『』と『
2.上下。兄弟。姉妹。
3.陽陰。天地。干支。
  

『" 休め" とて 内宮の トヨ姫 召せば 北の 退がり嘆けば ソサノヲが 湛えかねてぞ 剣 持ち』7文
大御神 許す御言は "ヱトの副え ヤナヰカクロヒ 空守  東北の一木を 居社にせよ"』21文
兄弟 確かと聴け 国民を 我がものにせな 君はその 民の君なり』
24文
兄弟の宮 キタツにありて 試みに 海鉤彦が "鉤 換えん" 山鉤彦も 頷きて』25文
『二 キアヱより 枝と穂と数え 一枝六十  十枝は六百年 百枝は六千 千枝に六万を 陽陰守の 一回りづつ  成る』28文

ツキスミの シガの尊が 兄弟の神 "" よりの宣の 故を問ふ 故にトヨケの "嘗事" ぞ』ミ7文
『一年これ "ヱ・ト" に侍る 三十の守 日々に替りて 六十日守る 六還の嘗事ミ7文
『かく "兄・弟" の "弟" 先の故は アメミヲヤ 宣して "ヱ神" 冬を守り "ト神" は夏の 繁を守る 長く人草 潤せば』ミ7文
『神に擬え "ト" の霊に 名付く "ヤマト" の 宣なれば 今更 上の 御言宣 受けて定むる』 ミ7文

  

  

ヱトカミ・ヱトノカミ

→ 語義
  

干支の神。兄弟の神。 
干支の末尾に付く「ヱ」と「ト」。 
これは「トホカミヱヒタメ」の「ヱの神」と「トの神」を表し、この兄弟の二神がが代わる代わりに世を継いだことを反映したものと思われる。
  

アスカ央君と ハラ央君 共に睦みて ヱト神の その日その民 守る如く』24文
『二 キアヱより 枝と穂と数え 一枝六十  十枝は六百年 百枝は六千 千枝に六万を 陽陰守の 一回りづつ  成る』28文
『百ハカリ後 のミコト に受け治む これよりぞ 代わる代わりに 世を継ぎて』ミ6文
ツキスミの シガの尊が 兄弟の神 "" よりの宣の 故を問ふ 故にトヨケの "嘗事" ぞ』ミ7文
『一年これ "ヱ・ト" に侍る 三十の守 日々に替りて 六十日守る 六還の嘗事ミ7文
『かく "兄・弟" の "弟" 先の故は アメミヲヤ 宣して "ヱ神" 冬を守り "ト神" は夏の 繁を守る 長く人草 潤せば』ミ7文
『神に擬え "ト" の霊に 名付く "ヤマト" の 宣なれば 今更 上の 御言宣 受けて定むる』 ミ7文

  

  

ヱトモリ・アマモリ

→ 語義
  

干支守。陽陰守。  
ヱト(陽陰・上下)に添うこと/もの。
『キツヲサネ』+『アミヤシナウ』の 11神。 竈のヱト守神とも。
ウマシアシガイヒコチ神地の十一神室十一神日夜見神年稔り神田畑神、などとも言う。

  
トコタチの 子の年稔りの タマメ神 五臟六腑を 生み上げる 陽陰より下す 日夜見神21文
『地つ纏りは 東西央南北 室十一神の 守らせき この故 日々の 竈の ヱト守神と 称えますなり』22文
『久方の 天照る神の 発つ代に 日夜見の採りの 中を告ぐる』22文
『東・西・央 適の とつぎして 年稔り神の 生れませる その十一神を ヱト守と 和み養うて 八御子生る』22文
『二 キアヱより 枝と穂と数え 一枝六十  十枝は六百年 百枝は六千 千枝に六万を 陽陰守の 一回りづつ  成る』28文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】