むろそひかみ  ムロソヒカミ  murosohikami

  

【室十一神】
人の住まい・生活を守る11神。 キツヲサネアミヤシナウ

『くにつまつりは きつをさね むろそひかみの まもらせき』ホ22

 
むろ(室)」+「そひ(十一)」+「かみ(神)
「むろ」はここでは「住まい・生活」、転じて「人の生活(衣食住)に密着した事」などの意。

別名:「わのそひかみ(地の十一神)」「そひのきみ(十一の君)」「うましあしかいひこちかみ(可美葦牙彦舅神)」「ゐくらむわた(五臓六府)」「あめのかみ(陽陰の守)」「あまもり(陽陰守)」「ゑともりかみ(干支守神)」「みかまとのゑともりかみ(竈の干支守神)」「ひよみかみ(日夜見神)」「としのりかみ(年稔り神)」「たはたかみ(田畑神)

  

09/10/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】