【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 オキツヒコヒミツノハラヒ   おきつひこひみつのはらひ     オキツヒコ火水の祓
  

 ミカマトノ カミノヒミツノ  みかまとの かみひみつの    竈の        神の火水の
                                             (陽陰)

 ミツノネハ ニハリノミヤノ  みつは にはりのみやの    瑞の根は      ニハリの宮の

 ワタマシニ アメノミマコノ  わたましに あめのみまこの    渡座しに      陽陰の御孫の
                                           (ニニキネ)

 ミコトノリ モリオタマワル  みことのり もりたまわる    御言宣       守を賜わる

 オキツヒコ          おきつひこ            オキツヒコ
  
       カシキノユフノ        かしきのゆふの              赤白黄の木綿の

 ミテクラニ ヤモヨロカミノ  みてくらに やもよろかみの    幣に        八百万神の

 カンツトエ タカマノハラノ  かんつとえ たかまのはらの    神集え       タカマのハラの

 カンツカサ アマテラシマス  かんつかさ あまてらします    神司        和照らします
                                   <である>

 ヲヲンカミ ホキタテマツル  ををんかみ ほきたてまつる    大御神       祝ぎ奉る
                                          <を>

 ノトナカニ          のとなかに            宣中に
  
       ミカマノホキノ        みかまのほきの              竈の祝ぎの
                                            暮しの向上

 ソノカミハ アメツチヒラケ  そのかみは あめつちひらけ    その神は      天地開け

 ソムトキニ クニトコタチノ  そむときに くにとこたちの    初む時に      クニトコタチの
                                          後にクニトコタチとなる神霊の

 カンハラミ          かんはらみ            神孕み
                                  霊的懐妊
 
       オフヒノミナノ        おふひのみなの              老ふ日の御名の
                                             太陽の成熟を表す名の

 キツヲサネ ヰクラノカミノ  きつをさね ゐくらのかみの    東西央南北     五座の神の

 ナリイテテ          なりいてて            生り出でて
  
 
       ナナヨノウチノ        ななようちの              七代の内の
                                    <クニトコタチの>

 アマツコト マツルトホカミ  あまつこと まつるとほかみ    天つ事       纏るトホカミ
 ヱヒタメノ ヤモトノカミノ  ゑひための やもとのかみの    ヱヒタメの     八元の神の                             

 マモラセキ          まもら            守らせき
                   (尊敬)
 
 クニツマツリハ              くにつまつりは              地つ纏りは

 キツヲサネ ムロソヒカミノ  きつをさね むろそひかみの    東西央南北     室十一神の
                                アミヤシナウ

 マモラセキ コノユエヒヒノ  まもらせき このゆえひひの    守らせき      この故 日々の

 ミカマトノ ヱトモリカミト  みかまとの ゑともりかみと    竈の        ヱト守神と
                                             (暦神)

 タタエマスナリ        たたえますなり          称えますなり
  
  
 ヒサカタノ アマテルカミノ  ひさかたの あまてるかみの    久方の       天照る神の
                                         天に照る星となった神の

 ハツミヨニ ヒヨミノトリノ  はつみよに ひよみのとりの    発つ代に      日夜見の採りの
                                生まれた時代に     陽陰和合の解釈での

 カオツクル キツヲカナネノ  かおつくる きつをかなねの    中を告ぐる     東・西・央 適の
       原文:                          和合・半を表す     東と西と央が適宜

 トツキシテ トシノリカミノ  とつきて としのりかみの    とつぎして     年稔り神の     

 アレマセル          あれませる            生れませる
                                 (「生れます」の連体形)
       ソノソヒカミオ        そのそひかみお              その十一神を

 ヱトモリト アミヤシナウテ  ゑともりと あみやしなうて    ヱト守と      和み養うて

 ヤミコナル          やみこなる            八御子生る
  
       アメフタカミノ        あめふたかみの              上二尊の

 ミコトノリ コレニタマハル  みことのり これたまはる    御言宣       これに賜わる

 ヒヱノナハ ウツロヰノカミ  ひゑは うつろゐかみ    一兄の名は     ウツロヰの神  
     

 ツキノナハ シナトヘノカミ  つきのなは しなとへのかみ    次の名は      シナトベの神

 ミツノナハ カクツチノカミ  みつのなは かくつちのかみ    三つの名は     カグツチの神

 ヨツノナハ ミツハメノカミ  よつのなは みつはめのかみ    四つの名は     ミヅハメの神

 ヰツノナハ ハニヤスノカミ  ゐつのなは はにやすのかみ    五つの名は     ハニヤスの神

 ムツノナハ ソロヲヲトシノ  むつは そろををとしの    六つの名は     繁太歳の
                           
 チカラモル ヲヲトシカミト  ちからもる ををとしかみと    力守る        ヲヲトシ神と

 タタエマス ナナナハミナノ  たたえます なななはみなの    称えます      七名は陰の
                                              (水埴)

 モトシケル スヘヤマスミノ  もとしける すへやますみの    基 領ける      スヘヤマズミの
                                 基を仕切る

 カミトナル ヤオトノカミハ  かみなる おとのかみは    神となる      八妹の神は

 ホノシツメ タツナミヲサム  ほのしつめ たつなみをさむ    火の鎮め      立浪治む

 タツタヒメ オノオノミナオ  たつたひめ おのおのみなお    タツタ姫      各々御名を

 タマハリテ コヨミオマモル  たまはりて こよみまもる    賜わりて      を守る

 ヤマサカミナリ        やまさかみなり          ヤマサ神なり
  
  
 コノカミノ ツネニメクリテ  このかみの つねめくりて    この神の      常に恵りて

 マモルユエ ヒミツノワサノ  まもるゆえ ひみつのわさの    守る故       火水の業の

 サワリナシ サワリナケレハ  さわりなし さわりなけれは    障り無し       障り無ければ

 ヲサマリテ カクツチカミト  をさまりて かくつちかみと    治まりて      カグツチ神と

 ハニヤスメ チナミテヨロノ  はにやすめ ちなみよろの    ハニヤス姫     因みて万の

 オコロウム タツナラサレハ  おころうむ たつならされは    オコロ生む       成らざれば

 ステラルオ ヲヲクヌカミノ  すてらお ををくぬかみの    棄てらるを     ヲヲクヌ尊の

 ツケニヨリ アメノミマコノ  つけより あめのみまこの    告げにより     陽陰の御孫の

 ミコトノリ          みことのり            御言宣
  
       オコロノカミヨ        おころのかみよ              オコロの守よ  

 ハルハカマ コタソコニアレ  はるかま そこあれ    春は竈       九尺底にあれ

 ナツハカト ミタソコニアレ  なつかと たそこにあれ    夏は門       三尺底にあれ

 アキハヰト ナタソコニアレ  あきゐと たそこにあれ    秋は井戸      七尺底にあれ

 フユハニワ ヒタソコニアレ  ふゆにわ たそこにあれ    冬は庭       一尺底にあれ

 ニヰミヤノ シキマスクニオ  にゐみやの しきますくにお    和宮の       敷き座す地を

 イカスリテ ヒトフルナセヨ  いかすりて ひとふるなせよ    いかすりて     一奮なせよ
  
 スミヨロシ ヱオコロモラハ  すみよろし おころもらは    住み寄ろし     兄オコロ守らば
                                   居住区を

 オトオコロ カタミニカワリ  おとおころ かたみかわり    弟オコロ      片身に代り

 ヒメモスニ ミヤノウテナノ  ひめもすに みやうてなの    ひめもすに     宮の大殿の

 クロトコロ ナカツハシラノ  くろところ なかつはしらの    暗所        中つ柱の
                                  (床下)

 ネニスミテ ヤマサノカミト  すみて やまさのかみと    根に住みて     ヤマサの神と

 モロトモニ ヨヨノカマトオ  もろともに よよのかまとお    諸共に       弥々のを
                                           日々の暮らしを

 マモラシムヘシ        まもらしむへし          守らしむべし
  
  
 チカヒニハ ミハシラタテヨ  ちかひには みはしらたてよ    誓ひには      身柱立てよ
  
  
 コノトキニ アマツミコトノ  このときに あまつみことの    この時に      天つ御言の
                                           (君の御言)

 サタマレハ カシキノユフノ  さたまれは かしきのゆふの    定まれば      赤白黄の木綿の

 ミテクラニ ヒミツオムスフ  みてくらに ひみつおむすふ    幣に        火水を結ぶ
                                           (天地)

 オキツヒコ ココモタカマノ  おきつひこ ここたかまの    オキツヒコ     ここもタカマの
                                       天と地とを
                                       結んだ以上 

 ハラナレハ ヨヨニチカフル  はらなれは よよちかふる    ハラなれば     弥々に誓ふる

 ノリコチニ          のりこちに            宣言に
  
       モシモクニユリ        もしくにゆり              もしも地搖り

 ナルカミノ サワルサワリノ  なるかみの さわるさわりの    鳴神の       騒る障りの

 アラントキ キネノヒトキオ  あらとき きねのひときお    あらん時      東北の一木を
                                                (柳)

 ヰヤシロニ ヱトノムソカニ  ゐやしろに ゑとのむそかに    居社に       ヱトの六十日に

 モリアマル ヤナヰカクロヒ  もりあまる やなゐかくろひ    守り余る      ヤナヰカクロヒ

 ウツロモル ウツロヰノカミ  うつろもる うつろゐかみ    空 守る       ウツロヰの神
                                  (空白)

 アラハレハ タトヘナルカミ  あらはれは たとへなるかみ    現れば       たとえ鳴神

 クニユルモ イツワサナシテ  くにゆるも いつわさなして    地搖るも       厳業なして

 シツムヘシ          しつむへし            鎮むべし
  
       モシモムラクモ        もしもむらくも              もしも叢雲

 カオウハヒ ミチニサワリノ  うはひ みちさわりの    明を奪ひ      道に障りの

 アラントキ シナトヘノカミ  あらんとき しなとへのかみ    あらん時      シナトベの神

 アラハレハ ミチノカウハフ  あらはれは みちのうはふ    現れば       道の明奪ふ

 ヤエクモオ シナトノカセニ  やえくもお しなとかせに    八重雲を      シナトの風に

 オシハラヒ ヨモアケカタト  おしはらひ あけかたと    押し払ひ      夜も明け方と

 シラスヘシ          しらすへし            知らすべし
  
       モシモヒケカレ        もしひけかれ              もしも火穢れ

 アラントキ カクツチノカミ  あらとき かくつちのかみ    あらん時      カグツチの神

 アラハレハ タトヘオタキノ  あらはれは たとへおたきの    現れば       たとえお猛の
                                          たとえその火の勢いが

 カクヤアレ サラニヒウチノ  かくあれ さらひうちの    かくやあれ     新に火打の
                                  如何にあれ

 アラタメテ キヨキアタコト  あらためて きよきあたこと    改めて       清き愛宕と

 シキミヨリ ミカマトキヨク  しきみより みかまときよく    繁み選り      竈 清く
                                  純化させ

 マモルヘシ          まもるへし            守るべし
  
       モシモホワサノ        もしもほわさの              もしも火災の

 アラントキ タツタメノカミ  あらんとき たつためのかみ    あらん時      タツタ姫の神

 アラハレハ タトヒホノホニ  あらはれは たとひほのほに    現はれば      たとひ炎に

 ハタルトモ タツタニシツメ  はたるとも たつたしつめ    はたるとも     タツタに鎮め
                              (毒などに「当る」と同じ意)   (=竜)

 ノソクヘシ          のそくへし            除くべし
  
       モシモヰノミツ        もしゐのみつ              もしも井の水

 クミタエテ ミケツノサワリ  くみたえて みけつさわり    汲み絶えて     食つの障り

 アラントキ ミツハメノカミ  あらとき みつはめのかみ    あらん時      ミヅハメの神

 アラハレハ ヰテノシミツオ  あらはれは ゐてしみつお    現はれば      井手の清水を

 イサキヨク アラタメカエテ  いさきよく あらためかえて    潔く        改め換えて

 ヒトフルニ ミカメモキヨク  ひとふるに みかめきよく    一奮に       水瓶も清く

 マモルヘシ          まもるへし            守るべし
  
       モシモミワサノ        もしもみわさの              もしも水災の

 アラントキ スヘヤマツミノ  あらんとき すへやまつみの    あらん時      スへヤマツミの  

 アラハレハ タトヒナカアメ  あらはれは たとひなかあめ    現はれば      たとひ長雨

 アフレテモ ヤマハシケキニ  あふれても やましけきに    溢れても      山は繁木に

 モチコタエ ナカレオフカク  もちこたえ なかれふかく    持ち堪え      流れを深く
                                       <地下水の>

 ナスコトモ ツネニヰセキオ  なすことも つねゐせきお    なすことも     常に堰を

 マモルナリ          まもるなり            守るなり
  
       ミナカンチカヒ        みなかんちかひ              皆 守誓ひ

 イチシルキカナ        いちしるきかな          著るきかな
  
 コノトキニ トシノリカミノ  このときに としのりかみの    この時に      年稔り神の

 マテニアル オオトシカミト  まてある おおとしかみと    左右にある     オオトシ神と

 ハニヤスメ オコロモトモニ  はにやすめ おころともに    ハニヤス姫     オコロも共に

 チカヒシテ イサキヨカレト  ちかひて いさきよかれと    誓ひして      潔かれと
                                           (命令形) <大御神への>

 カンホキニ ホキノリナセル  かんほきに ほきのりなせる    尊祝ぎに      祝宣りなせる
                                                (「なす」の連体形)

 カナキユヒ          かなきゆひ            鉗結ひ
  
       タキヒモキヨク        たきひきよく              焚火も清く

 ミツキヨク ミカマトキヨク  みつきよく みかまときよく    水 清く       竈 清く

 ミナキヨク ヒミツノミツノ  みなきよく ひみつのみつの    みな清く       火水の瑞の

 タカラオノ スサミナケレハ  たからおの すさみなけれは    宝斧        荒み無ければ
                                  (包丁)

 イサキヨク ニアクルミケノ  いさきよく にあくるみけの    潔く        煮上ぐる食の

 ヒモロケオ ササクルスエモ  ひもろけお ささくるすえも    ヒモロケを     捧ぐる据も
                                              (器)

 キヨラカニ ムスフヒミツノ  きよらかに むすふひみつの    清らかに      結ぶ火水の
                                           (造る)

 キヨハラヒ          きよはらひ            清祓
  
       ヨツキタカラト        よつきたからと              代継ぎ宝と
                                          代々伝え継ぐ宝として

 スサマシク シツムチカヒノ  すさましく しつむちかひの    進ましく      為集む誓ひの
                                 献上する如く     取りまとめる誓いの

 イサオシオ ユキスキハニノ  いさおしお ゆきすきはにの    功を        活・優・跳の

 ヲヲンカミ キコシメサルル  ををんかみ きこしめさるる    大御神       聞こし召さるる

 キヨハラヒ          きよはらひ            清祓
                                 
       ヒミツオカミニ        ひみつかみに              火水を神に

 ツツシミテ キヨメタマヘト  つつしみて きよめたまへと    謹みて       「清め給え」と
                                 御身を低めて

 マウシテマフス        まうしてまふす          申して申す

  

  

 最終更新:2016/12/13

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】