ス  su

  

【ず】打消しの助動詞。「さる(離る)」から。

『つきはおくれて みそたら まことみそひそ』ホ1
『よつきのかみは くにさつち さきりのみちお うけされは』ホ2
『うるわしや かくなささらは ちかふへお ひひにくひらん』ホ5
『かすかまろ しからすとめて たらさらは うえはほとこし うけんかや』ホ13

全部見る 

【す】「する(為る)」の終止形。 合わす。為す。

『つきのをえ なかれととまり みかののち みのきよけれは ひまちと』ホ4
『いさなみと よもつひらさか ことたちホ5
『ゆつりにくるお おひつめて ちたりとらゑて きらんとホ8
『たみのかて けししゆるせは こゑつのり みなはやかれホ9
『もやきりふせる あおはかり さけてかんとお さらんとホ10

全部見る 

【す】使役の助動詞。「しむ」「さす」の変態。

『むかつひめより このうたお みそめおまてに たたつまホ1
『きみとみのみち とのをしゑ さかりもとらは ほころはすホ3
『さほこより つはものぬしか かくみやに ききすとはせて』ホ7
『かんみむすひの しかりてそ なんちかさりて まとわすや』ホ7
『うおろちか ほのほおはきて おとろかす かなさきしはし たちかえり』ホ8

全部見る 

【す】尊敬の助動詞。「しむ」「さす」の変態。

『よよにつたはる かんむりは あまてるかみの つくらて』ホ序
『さをしかやつの をんみみに きこしめさるる あさまつり』ホ序
『たけきこころに およかは たつやみつちの ちからゑて』ホ序
『そむほゐますも ひとひとそ おほすはめくみ あつきなり』ホ4
『ゐのらみその にいなめの かんみはおれは とのけかす』ホ7

全部見る 

【為・仕】「す(為)」の名詞化。

『ひめはゆけやに かくしいれ すさはやすみの ひめすかたホ9

【直・近・添・親・素・清】(1) 近いさま。和合。親密。(2) 直ぐなさま。曲り無きさま。調和。

『すくなるぬしお みわけんと すくなしるしの すきうゆる』ホ23
すゆんちり ことほきすくに みおたもつ よよなからえの ゐわひうた』ミ10
のやまは むへもとみけり さちくさは みつはよつはの とのつくりせん』フすやま
すのはらの まつりゆたかに ことふけは はらとうるわう たみそいたけり』フすはら
にぬうは そろまなみつの たままつり めかにうすらく かたちぬうなり』フすぬう

全部見る 

【添】同上。添い。妻。

のねせは すへやますみの かみまつれ つまのみさほも ねたみねせれは』フすねせ

【住・据・】同上。 住むこと。居住。住まい。暮し。据える器。 =すえ(据え)

『いつしこかたな いつしほこ ひかかみくまの ひもろけす いてあさのたち』ホ35
のこけの とかめはあるし めのこけは をころまつりて ゐおやかえらん』
フすこけ
すのゐさは きりそめのきお なかはしら かみはかしきの ゆうにゐさめて』フすゐさ

【垂・衰・下・地・小・少・陰】負の方向に離れるさま。

『たねはたね うむすきさかめ まめすめらの そろはもはめそ』ホ1
『うひちにの すひちおいるる さいあひの そのもとおりは』ホ2
すのちりの すられのみつの ことふきに なておさまりし すちりかみなり』フすちり
おえては きりひにさむる ひえあれと なかれのふねに さおそゑにける』フすえて
すのよろは をけのとんとの かゆうらに のりゆみはしら うたうよろこひ』フすよろ

全部見る 

【酢】同上。「すゆ(饐ゆ)」の名詞化。

『たまこつむ やすきひもなく みつおこひ あるはおこひ』ホ16

【島・洲・州・筋・条】分割したものの一。区分。区画。=しま(島)・しゐ(州)

『やわしてあわお ゑなとして やまとあきつす あはちしま』ホ3
ゐすことは ゐくらにひひく ねおわけて わのあはうたお をしゆれは』ホ9
『のちにわかひめ ひたるとき やくもゐすすき かたかきお ゆつることのね』ホ9
『あかめはくちに もとちゑて たいおいけすに まつへしと』ホ25

【素・子】同上。集合して物事を成す小さい構成要素。分かれ。分子。

『そのつつす かそえてなかお つほかなめ このうたつつき かそえもの』ホ39

繁・騒・聳・優・精・早・過】正の方向に離れるさま。

にむくは きみはなやかに たみおこる のちのわさわひ すてにむくなり』フすむく

【す】語源不詳だが鳥を表す。「からす」「うぐいす」「ほととぎす」「きぎす」「もず」

『まつれはくろき とりむれて からすとなつく』ホ6

 

  

10/09/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】