【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】

 スメミマコトクサヱルアヤ   すめみまことくさゑるあや     皇御孫 十種得る文

  

 フソムスス ソムヱヨソヒホ  ふそむすす そむよそひ    二十六鈴      十六枝四十一穂

 トシキヤヱ ヤヨイカスカノ  としきやゑ やよいかすかの    年キヤヱ       三月 カスガの
                                               (ヰチヂ)

 トシヲイテ マツリヤスマン  としをいて まつりやすま    年老いて       政 休まん

 コトワリニ アマテラシマス  ことわりに あまてらします    理に        和照らします
                                            和つ日月

 オシホミミ ミコハクシタマ  おしほみみ みこくしたま    オシホミミ     御子はクシタマ

 ホノアカリ イミナテルヒコ  ほのあかり いみなてるひこ    ホノアカリ     斎名テルヒコ

 クタサント チチミツカラノ  くたさと ちちみつからの    下さんと      父自らの

 ツケフミオ カクヤマシカニ  つけふみお かくやましかに    告げ文を      カグヤマ使に
                                          カグヤマを使として

 タテマツル          たてまつる            奉る
 
       フミニモフサク        ふみもふさく              文に申さく

 ミツカラカ アシハラクニオ  みつからか あしはらくにお    「自らが      葦原国を

 ヲサメント ヨソフマニタミ  をさめんと よそふたみ    治めんと      装ふ間に民

 アツマリテ ヒタトトムユエ  あつまりて ひたととむゆえ    集まりて      ひた留むゆえ

 テルヒコオ クタスヘキヤト  てるひこお くたすへきやと    テルヒコを     下すべきや」と

 ウカカヱハ イセノヲンカミ  うかかゑは いせのをんかみ    伺えば       妹背の御神

 キコシメシ ユルセハシカノ  きこしめし ゆるせはしかの    聞し召し      許せば使の

 カエコトス          かえこと            返言す
  
       ココニヲヤノ        こことをやの              「ここにト祖の

 アマツカミ クサタカラオ  あまつかみ とくさたからお    天つ尊       十種宝を

 サツケマス オキツカカミト  さつけます おきつかかみと    授けます      オキツ鏡と

 ヘツカカミ ムラクモツルキ  へつかかみ むらくもつるき    ヘツ鏡       ムラクモ剣

 ウナルタマ タマカエシタマ  うなるたま たまかえしたま    ウナル珠      霊還し珠

 チタルタマ ミチアカシタマ  ちたるたま みちあかしたま    チタル珠      ミチアカシ珠

 オロチヒレ ハハチシムヒレ  おろちひれ ははちしむひれ    オロチヒレ     ハハチシムヒレ

 コノハヒレ コノトクサナリ  このはひれ このとくさなり    コノハヒレ     この十種なり」
  

 イタムコト アラハヒフミヨ  いたむこと あらひふみよ    「傷む如      あらば一二三四

 ヰムナヤコ トマテカソエテ  ゐむなやこ まてかそえて    五六七八九     十まで数えて

 フルヱタタ ユラユラフルヱ  ふるゑたた ゆらゆらふるゑ    ふるえ ただ     ゆらゆらふるえ

 カクナセハ ステニマカルモ  かくなせは すてまかるも    かく為せば     すでに曲るも
                                              (=傷む)

 ヨミカエル フルノコトソト  よみかえる ふるのことそと    よみがえる     奮る宣言ぞ」と

 ミコトノリ          みことのり            御言宣
  
  
       ナカクニノカミ        なかくにかみ              中国

 コハマンオ フセクトモカミ  こはまんお ふせくともかみ    拒まんを      防ぐ供守
  
  

 カクヤマハ ヤマスミノフコ  かくやまは やますみ    カグヤマは     ヤマズミの二子
                                (カグヤマツミ)       (カグツミ)

 フトタマハ ミムスヒノミコ  ふとたまは みむすひこ    フトタマは     ミムスビの三子
                                            (タカギ)

 コヤネトハ カスカトノノコ  こやねとは かすかとののこ    コヤネとは     カスガ殿の子
                                            (ヰチヂ)

 クシタマハ ミムスヒノヨコ  くしたまは みむすひのこ    クシタマは     ミムスビの四子
  
  
 ミチネトハ カンミノヒマコ  みちねとは かんみひまこ    ミチネとは     カンミの曾孫
 カンタマハ ヤマスミノミコ  かんたまは やますみのこ    カンタマは     ヤマスミの三子

 サワラノハ アカツチノマコ  さわらのは あかつちまこ    サワラノは     アカツチの孫

 ヌカトトハ カカミツコノコ  ぬかととは かかみつこ    ヌカドとは     カガミツコの子
                                             (鏡造)

 アケタマハ タマツコノコソ  あけたまは たまつこのこそ    アケタマは     タマツコの子ぞ
                                            (玉造)
  

 ムラクモハ ミチネカオトト  むらくもは みちねかおとと    ムラクモは     ミチネが弟

 ウスメヒコ ミケモチノマコ  うすめひこ みけもちのまこ    ウスメヒコ     ミケモチの孫

 カンタチハ コモリノハツコ  かんたちは こもりはつこ    カンタチは     コモリの初子

 アメミカケ タタキネノオコ  あめみかけ たたきねおこ    アメミカゲ     タタキネの御子
  

 ミヤツヒコ カナサキノミコ  みやつひこ かなさきこ    ミヤツヒコ     カナサキの三子

 ヨテヒコハ コモリノヨツコ  よてひこは こもりのよつこ    ヨテヒコは     コモリの四つ子

 アメトマミ ヌカタタノオコ  あめとまみ ぬかたたのおこ    アメトマミ     ヌカタダの御子

 アマセオハ カンミノヤサコ  あませおは かんみやさこ    アマセオは     カンミの玄孫
  

 タマクシハ セオノイトコソ  たまくしは せおいとこそ    タマクシは     セオのいとこぞ

 ユツヒコハ サワラノノオト  ゆつひこは さわらのおと    ユツヒコは     サワラノの弟

 カンタマハ タマクシノオト  かんたまは たまくしのおと    カンタマは     タマクシの弟

 ミツキヒコ カンタマノオト  みつきひこ かんたまのおと    ミツキヒコ     カンタマの弟
  

 アヒミタマ タカキノヨツコ  あひみたま たかきよつこ    アヒミタマ     タカギの四つ子

 チハヤヒハ ヨテノオトヰコ  ちはやひは よてのおとこ    チハヤヒは     ヨテの弟 五子
                                               (コモリの五子)

 ヤサカヒコ コモリノヤツコ  やさかひこ こもりやつこ    ヤサカヒコ     コモリの八つ子

 イサフタマ ツノコリノコソ  いさふたま つのこりのこそ    イサフタマ     ツノコリの子ぞ
  

 イキシニホ オモイカネノコ  いきしにほ おもいかねのこ    イキシニホ     オモヒカネの子

 イクタマハ タカキノヰツコ  いくたまは たかきのゐつこ    イクタマは     タカギの五つ子

 サノヒコネ ヒコナノコナリ  さのひこね ひこなのこなり    サノヒコネ     ヒコナの子なり

 コトユヒコ ハラキネノオコ  ことゆひこ はらきねおこ    コトユヒコ     ハラキネの御子
  

 ウワハルハ ヤツココロノコ  うわはるは やつこころのこ    ウワハルは     ヤツココロの子

 シタハルハ ウワハルノオト  したはるは うわはるのおと    シタハルは     ウワハルの弟

 アヨミタマ タカキノナナコ  あよみたま たかきななこ    アヨミタマ     タカギの七子

 スヘミソフ ミナノリムマテ  すへみそふ みなのりむまて    総三十二      皆 乗馬で

 マモリユク          まもりゆく            守り行く
  
       ミコハヤフサノ        みこやふさの              御子は八房の
                                          (テルヒコ)

 イテクルマ フソヰノハトオ  いてくるま ふそゐのはとお    斎出車       二十五の侍人を

 ヰツトモノ マモルミヤツコ  ゐつともの まもるみやつこ    五伴の       守るミヤツコ
                                (=五班)        (治む)
  

 アマツマラ カンミノヤサコ  あまつまら かんみやさこ    アマツマラ     カンミの玄孫

 アカマロハ ツクハソソノコ  あかまろは つくはそそのこ    アカマロは     ツクバソソの子

 アカウラハ シホモリノフコ  あかうらは しほもりのふこ    アカウラは     シホモリの二子

 マウラトハ ヤマスミノヰコ  まうらとは やますみのゐこ    マウラとは     ヤマスミの五子

 アカホシハ カツテノオトト  あかほしは かつておとと    アカホシは     カツテの弟

 コノヰタリ          このたり            この五人
  
       オオモノヌシハ        おおものぬしは              オオモノヌシは
                                            (クシヒコ)

 ヰツクミノ モノヘフソヰオ  ゐつくみの ものへふそゐお    五組の       モノベ二十五を

 ヒキソフテ トモヒトスヘテ  ひきそふて ともひとすへて    率き統ふて      供人すべて

 ヤモムソヨ          やもむそよ            八百六十四
  
       ヒタカミオテテ        ひたかみて              ヒタカミを出て

 カシマミヤ ソノミチタミノ  かしまみや そのみちたみの    カシマ宮      その道 民の

 イテムカヒ タカヤシカクト  いてむかひ たかやしかくと    出迎ひ       耕し欠くと

 キコシメシ イセニハンヘル  きこしめし いせはんへる    聞し召し      イセに侍る

 ミコノオト キヨヒトニカミ  みこおと きよひとかみ    御子の弟      キヨヒト
                                               (アマテル)

 ミコトノリ ナレトチカラト  みことのり なれちからと    御言宣       「汝とチカラと
                                             (タチカラヲ)

 ハヤフネニ ユキテイワフネ  はやふねに ゆきいわふね    早船に       行きて斎船

 ススムヘシ          すすむへし            奨むべし」
  
       ヨリテミマコト        よりみまこと              よりて御孫と
                                             (ニニキネ)

 タチカラヲ ワニフネニノリ  たちからを わにふねのり    タチカラヲ     ワニ船に乗り

 カンフサノ ツクモニツキテ  かんふさの つくもつきて    上総の       ツクモに着きて

 カトリミヤ カンコトノレハ  かとりみや かんことのれは    カトリ宮      神言宣れば
  
  

 ホノアカリ マウラオメシテ  ほのあかり まうらめして    ホノアカリ     マウラを召して

 ウラトエハ マウラフトマニ  うらとえは まうらふとまに    占問えば      マウラ フトマニ

 アキニトル コチニヒモトケ  あきにとる こちとけ    "アキニ" 採る    「東風に冷も融け
                                            東風に寒さも緩み 

 ツミノカル イマハルナレハ  つみのかる いまはるなれは    弊 逃る       今 春なれば
                                冬の疲弊を免れる

 ニシノソラ タミツカレナシ  にしそら たみつかれなし    西の空       民 疲れ無し

 ヨシヨシト ミコトサタマル  よしよしと みことさたまる    好し好し」と    御言定まる
  
  

 ニニキネト タチカラトユク  ににきねと たちからゆく    ニニキネと     タチカラと行く

 ヒタカミノ キミオヲカミテ  ひたかみの きみをかみて    ヒタカミの     君を拝みて
                                         (オシホミミ)

 ヨシオツケ ノチニミマコト  よしつけ のちみまこと    由を告げ      後に御孫と

 タチカラト イサワニカエリ  たちからと いさわかえり    タチカラと     イサワに帰り

 カエコトス          かえこと            返言す
  
       トキニスメミコ        ときすめみこ              時に皇御子
                                             (テルヒコ)

 イワクスノ フネオモフケテ  いわくすの ふねもふけて    斎奇の       船を設けて

 マラカオチ アマツハハラオ  まらおち あまつははらお    マラが叔父     アマツハハラを

 フナオサニ マラハカチトリ  ふなおさに まらはかちとり    船長に       マラは舵取り

 アカウラオ フナコツカサニ  あかうらお ふなこつかさに    アカウラを     船子司に

 アカマロト アカホシモノオ  あかまろと あかほしものお    アカマロと     アカホシ モノを
                                               (モノベ)

 ソエカコニ マウラハカセミ  そえかこに まうらかせみ    添え水手に      マウラは風見
  
  

 ツクモヨリ イツノミサキニ  つくもより いつのみさきに    ツクモより     逸の岬に
                                           (伊豆の岬)

 ホオアケテ オキハシルメハ  あけて おきはしるは    帆を上げて     沖走る見は

 オホソラオ ハルカニカケリ  おほそらお はるかかけ    大空を       遥かに駈けり
  
  

 ミクマノノ ミヤヰオカミテ  みくまのの みやゐおかみて    御隈野の      宮居 拝みて

 ナミハヨリ カモニテイタル  なみはより かもにていたる    浪速より      カモにて到る
                                            (鴨船)

 イカルカノ ミネヨリトリノ  いかるかの みねよりとりの    イカルカの     峰より到りの

 シラニハニ          しらにはに            領庭
  
       アマノイワフネ        あまのいわふね              和の斎船

 オホソラオ カケリメクリテ  おほそらお かけりめくりて    大空を       駆けり恵りて

 コノサトノ ナオモソラミツ  このさとの おもそらみつ    この里の      名をも "空みつ

 ヤマトクニ          やまとくに            和国"
  
       ミヤツヤナリテ        みやつやなりて              宮つ屋 成りて
                                          (イカルカ宮)

 ソフノカミ スカタカムスメ  そふのかみ すかたむすめ    十二の后      スガタ                                     <を備え>

 ミキサキニ ナシテウタヨミ  みきさきに なしうたよみ    御后に       なして歌詠み

 カタカキノ コトオタノシム  かたかきの ことたのしむ    カダカキの     琴を楽しむ
  
  
 イカルカノ ミヤニウツリテ  いかるかの みやうつりて    イカルカの     宮に移りて

 ソノアスカ ウテナニヨモオ  そのあすか うてなよもお    その翌時      大殿に四方を

 ノソムオリ シラニハヤマニ  のそむおり しらにはやまに    望む折       領庭山に

 カラストフ クマノトオモヒ  からすとふ くまのおもひ    カラス飛ぶ       隈野と思ひ

 ミヤウツシ          みやうつし            宮遷し
  
       トキニコヤネハ        ときこやねは              時にコヤネは

 ハヤカレト オホモノヌシモ  はやかれと おほものぬしも    「早かれ」と    オホモノヌシも
                                            (クシヒコ)
 
 トトメケル          ととめける            止めける
  
       フトタマカイフ        ふとたまいふ              フトタマが言ふ

 カカナエテ キミノオホスオ  かかなえて きみおほすお    「考なえて     君の仰すを

 トトメンヤ カクヤマモイフ  ととめや かくやまもいふ    止めんや」     カグヤマも言ふ

 クマノナル アスカウツセハ  くまのなる あすかうつせは    「隈野現る      翌時移せば

 ヨキタメシ ステニキワマル  よきためし すてきわまる    好き例       すでに極まる」
  
  

 モノヌシハ イカリテイワク  ものぬしは いかりいわく    モノヌシは     怒りて曰く  

 フトタマハ キミノトノオチ  ふとたまは きみとのおち    「フトタマは    君の統の大人

 トミヲキナ キナフヨロトシ  とみをきな きなふよろとし    臣翁        昨日万歳

 キミイワヒ ケフマタカワル  きみいわひ けふまたかわる    君祝ひ        今日また変わる

 ミヤウツシ          みやうつし            宮遷し
  
       ヨロチハトオシ        よろちとおし              万千は遠し

 ヒトトセモ ヘサルオセメハ  ひととせも さるせめは    一年も       経ざるを迫めば
                               <汝が>         経ざることに同ずる以上

 ヨノハチハ ナンチノココロ  はちは なんちこころ    世の恥は      汝の心
                                              <の>

 ケカレヨリ          けかれより            穢れより
    
       キミアヤカラハ        きみあやからは              君 肖らば
                                         君もそれにまみれるなら

 ワレオラス アカネホノホニ  われおら あかねほのほに    我 居らず      茜炎に
                                我はここに居らぬ   真っ赤な炎に

 ツミストモ マロカネハメト  つみすとも まろかねはめと    潰みすとも     磨金食めど
                                 身を滅ぼすとも   錬金を喰らおうとも

 ケカレヱス カクイイカエル  けかれ かくいいかえる    穢れ得ず」      かく言い帰る
                                穢れだけは得ず
  
  
 モロハカリ ツイニウツシテ  もろはかり ついうつして    諸 議り       ついに移して

 アスカカワ クルワニホリテ  あすかかわ くるわほりて    アスカ川      周に堀りて

 ミソキナスカナ        みそきなすかな          なすかな

  

  

 最終更新:2016/12/11

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】