タマクシ

→ 語義
 

天玉櫛彦命。 
アマセオ
のいとこ。 
テルヒコ
と共にアスカへ下る。
  

大阪府東大阪市花園本町、津原 (ツハラ) 神社
香川県善通寺市大麻町上ノ村山、大麻 (オオサ) 神社
  

★『旧事』天玉櫛彦命(あめのたまくしひこのみこと)。間人連(はしひとのむらじ)等の先祖。

  

                                ┌──??──┬タマクシ
   ┌─??──────ヲハシリ────────タケミカツチ  │     ├カンタマ
   │                            │     └ミツギヒコ
   │       ┌─??───────────??──────┴──??───アマセオ
   │       ├─??───────────??──────┬アマノミチネ
トヨケ┼ヤソキネ───┼タカキネ───────┬オモイカネ   └ムラクモ
   ├カンサヒ   ├スクナヒコナ     ├フトタマ
   ├イサナミ   ├ミチコ(アマテル典侍) ├クシタマ
   └ツハモノヌシ └コタヱ(アマテル内侍) ├ヨロマロ
                       ├アヒミタマ
                       ├イクタマ
                       ├アヨミタマ
                       ├タクハタチチ姫(オシホミミ内宮)
                       └ミホツ姫(クシヒコ妻)
  
  

アメトマミ ヌカタダの御子 アマセオは カンミの玄孫 タマクシは セオのいとこぞ』20文
ユツヒコは サワラノの弟 カンタマは タマクシの弟 ミツギヒコ カンタマの弟』20文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】