アマセオ

→ 語義
  

天背男命。 
カンミの玄孫。タマクシのいとこ。 
テルヒコ
と共にアスカへ下る。
  

愛知県稲沢市稲島町石畑、久多 (クタ) 神社 
愛知県稲沢市国府宮、尾張大國靈 (オワリオオクニタマ) 神社
  

★『旧事』尾張中島海部値(おわりのなかじまのあまべのあたい)等の先祖。

  

                                ┌──??──┬タマクシ
   ┌─??──────ヲハシリ────────タケミカツチ  │     ├カンタマ
   │                            │     └ミツギヒコ
   │       ┌─??───────────??──────┴──??───アマセオ
   │       ├─??───────────??──────┬アマノミチネ
トヨケ┼ヤソキネ───┼タカキネ───────┬オモイカネ   └ムラクモ
   ├カンサヒ   ├スクナヒコナ     ├フトタマ
   ├イサナミ   ├ミチコ(アマテル典侍) ├クシタマ
   └ツハモノヌシ └コタヱ(アマテル内侍) ├ヨロマロ
                       ├アヒミタマ
                       ├イクタマ
                       ├アヨミタマ
                       ├タクハタチチ姫(オシホミミ内宮)
                       └ミホツ姫(クシヒコ妻)
  
  

アメトマミ ヌカタダの御子 アマセオは カンミの玄孫 タマクシは セオのいとこぞ』20文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】