アスカ

→ 語義
  

  1. 翌時。明日。翌日。 
    急ぐさま。早いさま。至急。即時。 避ける・祓うこと/所。
      
    イカルカの 宮に移りて その翌時 大殿に四方を 望む折 領庭山に カラス飛ぶ  隈野と思ひ 宮遷し』20文
    カグヤマも言ふ "隈野現る 翌時移せば 好き例し すでに極まる"』20文
    三種の受けを 天に応え に納むる その飾り 八幡あり その翌日 大御宝に 拝ましむ』24文
      

      
  2. アスカの宮。アスカの政府。アスカ王朝。
    クシタマホノアカリ
    が大和に入り、初めイカルガ峰に宮居するが、その翌時、シラニハ山カラスが飛ぶのを見て隈野だと思い、クシヒコカスガの反対を押しきってアスカの宮に移る。
      
    ムラクモ の 御供に アスカに侍る タチカラヲ 親の後とて ここにあり 巡幸りの御供  乞ふ故に』24文

    『故はアスカを 落ちた時 忠を忘れず この故に 御孫に召され 忠なせば ついに鏡の 臣となる』28文
    『昔 和照る 尊御子 斎船に乗り 天下り アスカに照らす』29文
    アスカに照らす ニギハヤヒ 妹ミカシヤを とし 生む御子の名も ウマシマチ29文
    日の神ここに 道 学ぶ 故 日高みぞ 陽陰の御子 チチ姫と生む 皇子二人 兄はアスカ宮 弟はハラミ39文
    それの君 アスカを討ちて 国を盗る 上に違えり 故 和れず 今また来たり 盗らんとす これも上かや 皇君よ』
    39文
    『昔アスカの ナガスネが  盗めども アスカ君 正さぬ故に "乗り下せ ホツマ方平む 天下斎船" 世に歌ふ』39文

  

  

アスカカワ

→ 語義
  

飛鳥川。明日香川。
クシタマホノアカリはイカルガの宮から飛鳥の宮に遷り、その周地に飛鳥川を掘って禊する。 
後に今度はハセ川を掘リ、その土でアスカ川の川岸を埋めて田にした。
  

★飛鳥川は、現在は奈良県高市郡高取山に発源、明日香村に入り北流、大和川に注ぐ川。
『君により 言の繁きを 故鄉の 明日香の川に 禊しに行く』万四
  

『諸 議り ついに移して アスカ川 周に堀りて なすかな』20文
アスカ君 カグ山 写し 宮の名も ハセ川掘りて アスカ川 縁を田となす』24文
スガタ姫 君に申さく "これ悪ろし 昔クシヒコ 諌めしを 嘲る穢れ なす これを棄つれば また穢れ"』24文
アスカ川 オオヤマスミは これ写し サカムの小野に 新田成し の木植えて マウラ守 代々 "橘の君" となる』24文

  

  

アスカノミヤ

→ 語義
  

飛鳥の宮。明日香の宮
クシタマホノアカリの座す宮。またその宮の主であるクシタマホノアカリ本人のこと。 
イカルガ宮に落ち着いたその翌時 (アスカ)、シラニハ山にカラスが飛ぶのを見て隈野だと思い、一年も経ずにクシヒコカスガの反対を押しきってアスカ宮に移る。
(『飛ぶ鳥の 明日香の里を 置きて去なば 君が辺りは 見えずかもあらむ』万一)
後にカグヤマ宮と改名。
  

『孫ホノアカリ カグヤマの アスカの宮に 御座します 弟ニニキネは 新治成す』
『この日 アスカの 宮代人 フトタマをして 祝わしむ』
21文
イセより発ちて アスカ宮 これより水の 西宮 まずカンサキの 大井 掘り マナヰに到り 幣 納め』24文
ツクシより 使人 乞ふ故 カンタチを モノヌシとして ハテツミと 共に三十二を 治めしむ』27文
故にツミハを コトシロと アスカの宮に 侍らしむ』27文
『時にアスカの 宮 罷る 母チチ姫は 後の代を イセに侍れば 大御神 居を同じくす』27文
『御子オシヒトも 三十万端 治めて 御子の ホノアカリ 十種宝に 駆け恵り 空みつ大和 アスカ宮28文
日の神ここに 道 学ぶ 故 日高みぞ 陽陰の御子 チチ姫と生む 皇子二人 兄はアスカ宮 弟はハラミ
39文
それの君 アスカを討ちて 国を盗る 上に違えり 故 和れず 今また来たり 盗らんとす これも上かや 皇君よ』39文

  

  

アスカノカミ

→ 語義
  

飛鳥の神。明日香の神。
クシタマホノアカリ贈り名
  

『喪に入りて 領庭群の 陵 成す 後に十種の 譲り受け 年回る日も 喪に入りて アスカの神と 祭るなり』27文

  

  

アスカヲキミ・アスカキミ

→ 語義
  

飛鳥央君。明日香央君。 
オシホミミ
が罷る時、クシタマホノアカリをこれに任じる。同時にニニキネハラの央君に任じた。
後にはカグヤマ央君と改名。
  

齢老い ひたる故  今より兄も 名はヤマト アスカ央君と ハラ央君24文
アスカ君 カグ山 写し 宮の名も ハセ川掘りて アスカ川 縁を田となす』24文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】