イカルガノミネ

→ 語義
  

哮の峰。 
シラニハ山
九十九
から斎奇船で出発したテルヒコ一行は、浪速からカモ船に乗り換えて、大和川を遡りイカルカの峰に着く。そこから最終目的地の白庭へ。
  

奈良県生駒郡平群町三里、船山 (フナヤマ) 神社
  

■イカルガの峰=生駒山 と思う。また「イカル」と「ヘクリ(平群)」は同じではないかと思える。
  

御隈野の 宮居 拝みて 浪速より カモにて到る イカルカの 峰より到りの 領庭に』20文

  

  

イカルカノミヤ

→ 語義
  

哮宮。
クシタマホノアカリ
(テルヒコ) が、大和国に下って初めに宮とした所。 
そのアスカ(翌時)、シラニハ山カラスが飛ぶのを見て、隈野と思い込み、一年も経ずして、クシヒコカスガの反対を押し切り、アスカ宮に移る。
  

宮つ屋 成りて 十二の后 スガタ 御后に なして歌詠み カダカキの 琴を楽しむ』20文
イカルカの 宮に移りて その翌時 大殿に四方を 望む折 領庭山に カラス飛ぶ  隈野と思ひ 宮遷し』20文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】